『デッド オア アライブ 5』闘いはさらなる飛躍を遂げる

『4』の衝撃から6年。待望のナンバリングタイトル最新作が、ついにそのベールを脱いだ。
平成28年熊本地震で被災された皆様、心よりお見舞い申し上げます。

●前作から6年――『5』、始動

 3D格闘ゲーム『デッド オア アライブ』シリーズ。打撃・投げ・つかみの“3すくみ”や、ステージそのものからダメージを受ける“デンジャー”など、数々の意欲的なシステムを導入してきた本シリーズの、約6年ぶりとなるナンバリングタイトル最新作が日本発売決定。果たして『5』は、どのように進化しているのか? その内容に迫る。


doa5_henkan/01.jpg doa5_henkan/02.jpg

●“デンジャー”から“ダイナミックアトラクション”へ

 ステージの特定の場所に落下したり、激突するとダメージを受ける“デンジャー”システム。『5』では、このシステムが“ダイナミックアトラクション”へと進化。暴走して動くクレーンや、倒れてくるコンクリートの柱など、大胆な仕掛けがバトル中に襲いかかってくる。


doa5_henkan/05.jpg doa5_henkan/06.jpg

●ビルから落下しても闘いは続く

 建設中のビルが崩壊すると、闘いの舞台は地上のスクランブル交差点へと移行する。ビルの残骸に潰されたクルマが炎上する中での闘いでは、暴走するクルマが飛び込んでくることもある。


doa5_henkan/07.jpg doa5_henkan/10.jpg doa5_henkan/11.jpg

●登場キャラクター紹介

doa5_henkan/12.jpg

■ハヤテ
霧幻天神流18代目頭首を務める、若き忍者。リーチ、パワー、スピードを兼ね備えた万能タイプのキャラクター。

doa5_henkan/13.jpg

■リュウ・ハヤブサ
古来より続く隼流忍術を現代に受け継ぐ超忍。忍術を織り交ぜた体術を使い、“飯綱落とし”は一撃必殺の威力だ。

●新システム“パワーブロー”

 狙った方向に相手を吹き飛ばせる“パワーブロー”を導入。ダイナミックアトラクションが発生する場所に向けて相手を吹き飛ばすなど、これまでのシリーズにはなかった戦略性が加わった。


doa5_henkan/14.jpg doa5_henkan/15.jpg



※詳しくは週刊ファミ通2011年12月22日号(2011年12月8日発売)をチェック!



デッド オア アライブ 5
メーカー コーエーテクモゲームス
対応機種 プレイステーション3 / Xbox 360
発売日 2012年発売予定
価格 価格未定
ジャンル アクション / 格闘
備考 プレイステーション3版はPlayStation Network対応、Xbox 360版はXbox LIVE対応 開発:Team NINJA、プロデューサー:早矢仕洋介

(C)コーエーテクモゲームス Team NINJA All rights reserved. ※画面は開発中のものです。