『墨鬼』新機軸の墨汁タッチアクション【映像配信】

ゲーム ニュース PS Vita
墨彩画のような和のテイスト溢れるビジュアルが印象的な『墨鬼 SUMIONI』。本作は、敵と戦いながら、ステージを左右にスクロールさせて進むタイプのアクションゲームだ。

●最新PVを公開

 墨彩画のような和のテイスト溢れるビジュアルが印象的な『墨鬼 SUMIONI』。本作は、敵と戦いながら、ステージを左右にスクロールさせて進むタイプのアクションゲームだ。移動や攻撃などの基本的なアクション以外に、“筆”を使ったタッチアクションで、ステージ内にさまざまな変化を与えられるのが大きな特徴。今回は、複数の筆の効果に加えて、主人公の仲間を召喚できる“召喚筆”の使いかたを詳しく紹介する。さらに、最新のPVをファミ通.com先行でお届け!!


sumioni14.jpg sumioni20.jpg

■召喚筆を使い墨神を呼ぶ!!

 召喚筆は、主人公の仲間の墨神を召喚するときに使う筆だ。召喚した墨神は、自由に動き回り、強力な技を出して敵を攻撃してくれる。ここでは、墨神を召喚する方法を解説する。なお、今回紹介しているのは、鳳凰という飛行タイプの墨神だが、鳳凰とは異なるタイプの墨神も存在する。筆と同様に、墨神も状況に応じた使い分けが重要になりそうだ。


sumioni15.jpg

■手本通りに画面をなぞる

 召喚筆を使用すると、いったん画面が停止し、光の動きでひと筆書きの手本が表示される。この後、手本の通りに画面をなぞると墨神を召喚できる。手本と違っても、ひと筆書きにさえなっていれば墨神は召喚可能だが、出現した墨神が若干弱くなるため、手本と同じ形を書いて召喚するのがベストだ。


sumioni16.jpg sumioni17.jpg

▲画面中央に表示される手本をなぞって、タッチスクリーン上でひと筆書きに挑戦。書いたものがひと筆書きと判定されれば、墨神が現れて主人公の手助けをしてくれる。

sumioni18.jpg sumioni19.jpg

▲ひと筆書きの結果次第で、墨神が助けてくれる時間の長さや墨神の攻撃方法に違いが出るらしい。

※詳しくは週刊ファミ通12月15日増刊号(2011年12月1日発売)をチェック!!



墨鬼 SUMIONI
メーカー アクワイア
発売日 2012年2月9日発売予定
価格 5229円[税込]
ジャンル アクション / 水墨画
備考 PS Store ダウンロード版は価格未定

(C)2011 ACQUIRE Corp. All Rights Reserved. ※画面は開発中のものです。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

【第118回配信】原由実の○○ラジオ:『トリニティセブン』コラボで内田彩さんがゲスト!

人気声優・原由実さんのWebラジオ『はらまる』。第118回の配信をお届けします。

『ファントム オブ キル』30万DL突破記念で"姫石"のプレゼントキャンペーンを実施

『ファントム オブ キル』が30万ダウンロードを突破した。

『チェインクロニクルV』“魔神アエル・グルン襲来”が開催!

2014年11月25日から12月4日に渡って開催されている“魔神アエル・グルン襲来”のプロローグクエスト。専用のクエストをクリアーし、期間限定の武器“リードラン”を手に入れよう。

『モンスターハンター』プレイまんが“モンでき。” 『MH4G』第9回

『モンスターハンター4G』プレイまんが第9回。チャージアックス!

『コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア』期間限定でマルチプレイヤーの経験値が2倍に! 装備品もプレゼント【ファミ通EE】

『コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア』のマルチプレイヤーモードでは、本日(2014年11月29日)から、経験値が2倍になる“ダブルXP”が実施されている。今回のダブルXP期間は12月2日(火)深夜2時まで! 

ミンゴスこと、今井麻美さんの5pb.公式Webサイトが大幅リニューアル--さらに使いやすく!

声優、歌手として活躍する今井麻美さんの5pb.公式Webサイトが大幅なリニューアルを敢行。より見やすく、より使いやすく、正確な情報がまとまるサイトへと変化した。

『パズドラ』12/1から始まる“聖闘士星矢コラボ”の新要素まとめ

劇場版『聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY』ブルーレイ&DVDの発売を記念して、『パズドラ』で2014年12月1日(月)より2014年12月7日(日)までコラボ企画第2弾が開催される。

【話題】犬軍団

本日(2014年11月28日)公開された記事の中で、特に話題の記事をコメントとともにまとめてご紹介します。

川越隆幸×浜村弘一 コアすぎる『プロレスラーをつくろう!』トークバトル(完全版)

サミーネットワークスの『プロレスラーをつくろう! THE GOLDEN HOUR』を、週刊ファミ通12月11日・18日合併号(2014年11月27日発売)で、4ページにわたって紹介。記事内で、『つくろう』シリーズの生みの親であるサミーネットワークスの川越隆幸氏と、週刊ファミ通の編集主幹の浜村弘一による対談も掲載。誌面に収まりきれなかった話題も含め、ファミ通Appにて同対談の完全版をお届け!

特集記事

週間 販売ランキング

ファミ通協力店の皆様よりご提供頂いた販売ランキングです。

詳しいランキングはこちら

もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS

スポンサードリンク