東京ゲームショウ2011、整理券配布はどんな状況だったのか【TGS2011】

東京ゲームショウ2011の一般公開がスタート。開場直後の整理券配布エリアの様子をリポートする。

●イベントでは“ぶるらじ”、タイトルでは『MH3G』が人気

TN2_4462

 千葉県・幕張メッセにて日本最大のゲームイベント、東京ゲームショウ2011の一般公開日が、本日2011年9月17日よりスタート。別の記事でお届けしている通り、開場前から数多くのゲームファンが詰めかけたわけだが、開場直後最初に注目すべきは入り口すぐそばにある整理券配布所だろう。

[関連記事]東京ゲームショウ2011、一般日がいよいよ開幕! 幕張メッセには早朝から入場を待つ人の波が!

 混雑が予想される一部のイベントおよびタイトルの体験台について、事前に整理券を配布して混乱をなくそうというこの試み。今年は“ぶるらじW TGS2011 公開録音すぺしゃる”、“THE IDOLM@STER TGS SPECIAL EVENT 02 アニメもゲームもグラビアも! 全部まとめてアイドルマスター!!”という会場メインステージで行われるふたつのイベントと、カプコンブースの『モンスターハンター3(トライ)G』(シングルプレイとマルチプレイの2種類)、ソニー・コンピュータエンタテインメントブースの『ファイナルファンタジーXIII-2』、『ニノ国 白き聖灰の女王』に関して整理券の配布が行われた。

TN2_4606

 午前9時30分の開場とともに整理券配布エリアにはドドドっと人が流れ込む。いちばん人気は“ぶるらじW TGS2011 公開録音すぺしゃる”だ。ゲームタイトルではやはり『モンスターハンター3(トライ)G』が人気だ。とは言え、会場入口の段階で整理券希望者とそれ以外の人をわけているため、大きな混乱は発生せずどこもスムーズに配布が行われていた。そんな中、最初に整理券の配布が終了したのは『ファイナルファンタジーXIII-2』。開場から約15分後の出来事だった。

 人の流れとしては“ぶるらじ”と『モンスターハンター3(トライ)G』がとくに活発だったのだが、どちらもかなり余裕を持って整理券を用意したのだろう。予想していたよりも長い時間配布が続けられた。しかし、開場から30分経った時点で『モンスターハンター3(トライ)G』のシングルプレイの整理券配布が終了し、その10分後にはマルチプレイの配布も終了に。その後、キャンセル待ち整理券に多くの人が最後の希望と言わんばかりに駆け寄ったが……それすらも10時15分ごろにはなくってしまった。

TN2_4518
TN2_4619
TN2_4608

▲ぶるらじも『MH3G』とほぼ同じタイミングで配布が終了。

 ちなみに、一般公開日のカプコンブースステージ1発目は『モンスターハンター3(トライ)G』。タイトルへの注目度高さを示すように、通路へはみ出さんばかりの賑わいとなっていた。

TN2_4644
TN2_4571
TN2_4582

 そのほか、SCEブースのPlayStation Vitaは開場直後からほとんどのタイトルで入場規制を実施。ただし、こちらは入場終了ではなくあくまで規制なので、混雑が解消され次第段階的に入場を解放しているようだ。どうしても遊びたいという人は、定期的に足を運んでみるのがいいかもしれない。

DSC_0286
DSC_0288
DSC_0293
DSC_0304