『ガンダムVS.』シリーズ最新作がプレイステーション3で出撃!!『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス』

週刊ファミ通本誌の"ビデオゲームTOP10"のランキングで長らく1位を獲得し続けている『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス』。アーケードで絶大な人気を誇る本作が、プレイステーション3で登場! 登場機体を中心にゲーム内容を紹介しよう。

●極限進化を遂げた新世代『ガンダムVS.』

 週刊ファミ通本誌の"ビデオゲームTOP10"のランキングで長らく1位を獲得し続けている『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス』。アーケードで絶大な人気を誇る本作が、プレイステーション3で登場! 登場機体を中心にゲーム内容を紹介しよう。

EXtremeVS_LOGO_5000x2000

●2on2で戦うチームバトルアクション

『ガンダムVS.』シリーズの最大の特徴と言えるのは、2on2のチーム戦ということ。初代から続く伝統は、本作でも踏襲している。1対1では純粋にプレイヤーの技量のみが問われるが、2対2ゆえにプレイヤーどうしの連携も勝敗に大きな影響を及ぼす。なお、両チームともに6000の戦力ゲージがあり、相手の戦力ゲージを先にゼロにしたチームが勝利となる。各機体には1000、2000、2500、3000のコストが設定されており、撃墜されるとコストに応じて戦力ゲージが減っていく。コストが高いほど性能も高い。

01
02

両チームには戦力ゲージがあり、各機体にはコストが設定されている。敵機を撃破するとその機体に応じたコストが減少し、敵の戦力ゲージを先にゼロにすれば勝利となる。この基本的なルールも、シリーズ第1作から続いている伝統なのだ。


●戦略性を高めるEXシステム

 本作では、機体の移動を除けば射撃、格闘、ロック切り換え、ブーストの4ボタンというシンプルな操作で遊べる。そのほか、攻防の要となるエクストリームアクション、一発逆転の可能性を秘めたエクストリームバーストといった要素がゲームにさらなる深みを与えている。これらのシステムを使いこなさなければ勝利はない!

05
06

エクストリームアクションは、高速で移動できるブーストダッシュ、短い距離を素早く移動するステップがある。両者ともに攻撃を回避するときに役立つ。また、自分の攻撃後にくり出すと攻撃動作のキャンセルが可能で、素早くつぎの行動に移れるという特徴もある。


08
07

攻撃を当てる、攻撃を食らう、自機や僚機が撃墜されるなどで、EXゲージが溜まっていく。ゲージが半分以上あれば、一定時間機体がパワーアップするエクストリームバーストが発動可能。「ここぞ!」いう場面で発動しよう。


●戦場に集うMS(モビルスーツ)たち

 本作には、『機動戦士ガンダム』から『機動戦士ガンダムUC』まで、さなざまなシリーズのMSが参戦。2011年9月末開催予定の機体解禁イベント戦の候補である、クロスボーン・ガンダムX1 フルクロスやラファエルガンダムも登場!

N碎
04

<クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス>
クロスボーン・ガンダムX1改・改(スカルハート)を、残存する予備パーツによって修復し、追加装甲を施した"最後のクロスボーン・ガンダム"。ピーコックスマッシャーやムラマサブラスターなど、強力な武器を搭載しているのだ。ゲーム中での性能やいかに?


t
18

<ラファエルガンダム>
ティエリア・アーデが搭乗した、イノベイド系の流れを汲むソレスタルビーイングのガンダム。劇中では上部に装備されたセラヴィーガンダムIIが分離したが、ゲーム中でも可能なようだ。どのように再現され、使い勝手はどうなるのかが気になるところ。


_
08

<ダブルオークアンタ>
射撃も格闘もどちらもこなせる万能機。最大の特徴は、耐久力を一定量回復しつつクアンタムシステムに換装するクアンタムバースト。


j
04

<ユニコーンガンダム>
ビーム・マグナムの射撃が強力なユニコーンモード、格闘攻撃が圧倒的に強くなるデストロイモードの、ふたつのモードで戦える。


X
26

<ストライクフリーダムガンダム>
全機体の中でも、トップクラスの機動性と射撃能力を兼ね備えた高性能機。射撃戦では無類の強さを誇るが、耐久力が低いのが難点。


^
32

<∀ガンダム>
メイン射撃がガンダム・ハンマーという特殊な機体。近距離で戦うことで、性能を発揮する。広範囲かつ高威力の、核ミサイルも健在だ。


V
14

<シナンジュ>
バズーカを持った射撃向け装備と、機動性が高い格闘寄りの武装を任意に切り換えられることが特徴。戦況に応じて武装を使い分けろ!


t硼
09

<ZZガンダム>
この機体の代名詞と言えるハイ・メガ・キャノンを始め、強力な射撃武器を持つ。一発逆転の可能性を秘めた、破壊力満点の機体だ。


C碪
22

<インフィニットジャスティスガンダム>
ビームライフル、リフターの射出、ブーメランなど多彩な射撃のほか、ビームサーベルや蹴りなど、格闘攻撃もこなせる機体なのだ。


L矗
21

<キュベレイ>
遠隔誘導兵器ファンネルによる攻撃を得意
とする機体。耐久力が一定値以下になると、
ハンマ・ハンマとRジャジャが援護に現れる。


Z
23

<Zガンダム>
3連射まで可能なビーム・ライフル、バツグンの威力と誘導性能を誇るハイパー・メガ・ランチャーなどを持つ、射撃戦に優れた機体。


f硼
13

<デルタプラス>
ウェイブライダーへと変形できる可変機体。変形による高い機動性と豊富な射撃武器を活かして、味方機を射撃支援する役割が向いている。


K碪
01

<ガンダム>
言わずと知れた初代『機動戦士ガンダム』の主役機。射撃も格闘もそつなくこなす、バランスのいい機体。初心者にも扱いやすいだろう。


S
16

<ゴールドスモー>
攻撃時に滞空する射撃武器やバリア付きの格闘攻撃など、トリッキーな武装が多い機体。独特の動きで、相手を翻弄しながら戦おう。


V矜
17

<シャア専用ゲルググ>
射撃と格闘のどちらもこなせる万能機。なかでも、ヒットすると相手の動きを一時的に止められる格闘チャージ攻撃は非常に強力だ。


d
10

<ヅダ>
一時的に機動力をアップするブースト解放、自爆して相手に大ダメージを与える特攻など、ほかの機体とは一線を画した武装を持つ。


q硼
13

<ヒルドルブ>
戦車のようなタンク形態、戦車+MSのモビル形態に変形可能。機体性能は低めだが、多彩な射撃武器で戦場をかき回せる。


●アーケードで、第2回リリース決定戦が開催決定!

 アーケード版で、ユーザー参加型の"全国VS.イベント戦"が2011年9月末より開催されるぞ。これは、『ガンダムVS.モバイル』に会員登録しているユーザーが参加できるイベント。全国のプレイヤーがふたつの勢力に分かれて、各勢力の獲得GP(戦闘後にもらえるポイント)の総額を競うというもの。今回はラファエルガンダムとクロスボーン・ガンダムX1 フルクロスの、どちらが先にリリースされるかを競う"リリース決定戦"が行われる。どちらの機体を先に使いたい!?

0002
0001

自分が使いたいほうの機体の勢力につき、アーケードでプレイしよう。


機動戦士ガンダム エクストリームバーサス
メーカー:バンダイナムコゲームス
対応機種: プレイステーション3
発売日2011年12月1日発売予定
価格:8380円 [税込]
ジャンル:アクション / アニメ・ロボット
備考:PlayStation Network対応

※詳しくは週刊ファミ通2011年9月8日号(2011年8月25日発売)をチェック!
 開発スタッフへのインタビューも掲載!!

(C)創通・サンライズ (C)創通・サンライズ・毎日放送