『魔界戦記ディスガイア3 Return(リターン)』がPS Vitaで登場

ゲーム ニュース PS Vita
日本一ソフトウェアから発売予定のPlayStation Vita(プレイステーション・ヴィータ)用ソフト『魔界戦記ディスガイア3 Return(リターン)』の最新情報をお届け。

●オリジナル要素が多数追加

 日本一ソフトウェアから発売予定のPlayStation Vita(プレイステーション・ヴィータ)用ソフト『魔界戦記ディスガイア3 Return(リターン)』(発売日未定)の最新情報をお届けしよう。

dis01

 

 『魔界戦記ディスガイア3 Return(リターン)』は、2008年に発売したプレイステーション3用ソフト『魔界戦記ディスガイア3』と、その後にPlayStation Storeにて配信されたダウンロードコンテンツを1本にまとめた作品。プレイステーション3版『3』をプレイした人も、PlayStation Vitaで初めて『3』を触れる人も楽しめるように、オリジナル要素が多数用意されている。

■善悪逆転の世界で、好き勝手に遊べ

 ゲームの舞台となるのが、魔界と化している“魔立邪悪学園”。ここでは人間界の常識は通用せず、力こそ正義、混沌こそがルールとなっている。

<ストーリー>
魔王城の一室。ホルマリンや剥製などが並べられた研究室のような自室で、マオは一心不乱にマンガを読みふけっていた。超勇者が極悪魔王を打倒するストーリーを読み終え、マオは一大決心をする。「我は今日から勇者になるぞ!」仮にも魔立邪悪学園の理事長(魔王)のひとり息子が“勇者”になろうとは一大事。しかし、『オヤジを倒す』ことを目標としているマオは、“魔王を倒すのは勇者と相場は決まっている”という論理で、勇者の力を手に入れようと考えたのだ。まずは、勇者を捕獲して、その力の謎を解き明かそうと行動を開始する。

マオが勇者を探して動き出したころ、そのことを知ったラズベリルは“マオが勇者になる=マオが不良デビューする”のではと焦っていた。そんなことをされては、彼女の学園一の不良としての立場がない! 大急ぎで、勇者になることをやめるようにマオを説得しなければ! もちろん、不良らしく、この問題も“話し合い”での解決を目指す。暴力反対! 勇者の居場所を突き止めたマオは、現場に急行する。その途中、ラズベリルが現れ、マオに優等生の道を踏み外さないように忠告を始める。幼馴染にして、親どうしが決めた宿命のライバルのふたり。お互いに譲らず押し問答になる。その様子を見かけた勇者・アルマースは“少年少女が悪魔に襲われている”と盛大に勘違い。悪魔と戦う力はろくに持ち合わせていないが、勇者たるもの見過ごすことはできない! 現場に駆けつけマオとラズベリルを助け出そうとする。

目の前に飛び込んできた獲物(勇者)に、マオは大興奮。ハァハァいいながらアルマースを捕獲し、“勇者”の称号を強奪してしまう。果たしてマオは勇者になって魔王を倒せるのか? それともラズベリルの説得が実を結ぶのか? 称号を奪われたアルマースの運命は?
波乱に満ちた魔界学園ストーリーがいま始まる――

w詛
w詛�鴟-鐺
X
X
X

■個性的なキャラクター

dis08
dis09

マオ(CV:平田宏美)
本編主人公。1578歳。魔立邪悪学園の理事長のひとり息子。学園きっての優等生。邪悪指数180万の頭脳を駆使し、邪悪な研究にいそしむ日々を送っている。他人の迷惑をかえりみず、どんどん強引に悪の覇道をゆくジャイアニズムの持ち主。魔王である父親打倒を目標に掲げており、倒すためには手段を選ばず、一見馬鹿なことも、気の進まないこともあえてやる。研究対象を見つけるとハァハァと興奮する変態気質。

ラズベリル(CV:斎藤千和)
追加シナリオ“ラズベリル編”の主人公。1578歳。通称ベリル。本タイトルのヒロイン兼マオのライバル。幼馴染でもある。無遅刻無欠席で、宿題を忘れたことがない邪悪学園ナンバーワンの札付きの不良(ワル)。毎日サボりまくりの優等生マオとは真逆の行動を取り、魔界一の不良を自負している。良識や美談で悪魔たちを脅し、生屠たちには煙たがられる存在。ほかの悪魔たちとは違う、オンリーワンの付加価値を追い求め、不良街道をひた走っている。

L矜硅
L矜硅
   
dis04
dis05
dis07

アルマース・フォン・アルマディン・アダマント(CV:下野紘)
18歳。自称勇者の勇者オタク青年。憧れの姫様のため、魔王を倒しに魔界へ来たが、実力は伴っていない。不幸にもマオに勇者の称号を奪われ、無理やりコブンにさせられる。しかも、称号を奪われた影響で、悪魔化の憂き目に会う。貧弱でヘタレ。強い敵にはついつい逃げ腰。ただし、姫様のためなら根性を発揮する……ときもある。本タイトルではいちばんの常識人で、ツッコミ役。

じいや(CV:窪田吾朗)
年齢不詳。マオに仕えている悪魔の老紳士。「こんなこともあろうかと……」が口癖。予知能力者かと思うほど用意周到。ただし、結構いい加減で失敗も多く、笑ってごまかす。マオが一人前の悪魔になるためには努力を惜しまない。周囲がマオの教育に悪い行為(人間界での善行)をするとキレる一面も。

プリニー(CV:間島淳司)
年齢はそれぞれ異なる。魔界にたくさんいる下っ端悪魔。ペンギンのような見た目を持ち、その身体には生前罪を犯した人間の魂が宿っている。非常荷低賃金で過酷な労働を行うことで、生前の罪を償っている。雇い主に無茶振りされたり、衝撃に弱く“投げると爆発する”という、たいへなそうな設定はともかく、本人たちの性格はいたってテキトー。愚痴りながらダラダラ働いている。

X
L矜硅
L矜硅
     

■学園を舞台に展開するドラマと戦い

 本作では、イベントデモ、学園(拠点)パート、戦闘パートをこなして物語を進めていくことになる。

<イベントデモ>
おバカなノリあり、シリアスありのイベントが発生。キャラクターたちの会話によってストーリーが進展していく。ストーリーが進むと新たに仲間が加わったり、使用可能なシステムが増えることも。

X
+藪
+藪
     

<学園(拠点)パート>
学園内にある、購買部や保嫌室、凶室などの施設を利用して、戦闘に向けた準備が行える。受けたダメージの回復や、アイテムの補給、新しい味方キャラクターの作成、特殊技の習得・強化など、できることは非常に豊富。なお、各施設の利用時には、この世界の通貨“ヘル”や、技の習得や強化に必要となるポイント“マナ”が必要な場面もある。

_-
_-
_-
_-
     
_-鑵彫
_
_
_
     
_
_
_
_
     
_
_
_
_
     

<戦闘パート>
立ちふさがる敵を撃破していく戦闘パートは、シミュレーションRPG形式の戦闘が展開する。基本的には、登場する敵をすべて撃破できればクリアー。味方キャラクターの力を合わせ、ひらめきを駆使して戦おう。戦闘の報酬として、キャラクター個々への経験値のほか、ヘルやマナなどが手に入る。

C磅
C磅
C磅
C磅
     
C磅
C磅
C磅
C磅
     
C磅
C磅
     

■愉快痛快なんでもありの戦闘システム

 『魔界戦記ディスガイア』シリーズの戦闘は、ターン制のシミュレーションRPG。マス目上に仕切られた戦闘マップの上に、敵味方キャラクターが攻防をくり広げる。基本的に敵勢力を全滅させれば勝利となる。

<タコ殴り推奨! 連携、コンボは悪魔のたしなみ>
攻撃を行う際、隣り合った仲間が攻撃に加勢してくれることがある。加勢してくれる味方は行動のコストを消費せずにダメージを与えられるので、ノーリスクでダメージ量を増やせる。また、同じターゲットに対して連続で攻撃を行うと、その攻撃の回数に合わせて、10%ずつ命中率とダメージ量にボーナスが加算される。

A
O
O
O
     
R碪
R碪
R碪
R碪
     

<縦横無尽の移動手段! 味方を踏み台に!?>
コマンド“持ち上げる”、“投げる”、このふたつを活用できるようになると、マップ移動の選択肢が一気に広がる。人間型のキャラクターは、オブジェクトやキャラクターを持ち上げて投げることが可能。例えば、味方に投げてもらうことで、簡単に移動距離を伸ばすことができ、離れ小島のような地形でも、投げてもらうことで簡単に到達できる。逆に邪魔臭い敵を投げれば時間稼ぎや、戦線からの排除も可能。

+賭薤蠣
+賭薤蠣
+賭薤蠣
+賭薤蠣
     
+賭薤蠣
+賭薤蠣
l菷
^眦
     
^眦
^眦
^眦
^眦
     
^眦
^眦
X
X
     

<百花繚乱な特殊技>
“特殊技”は、見た目の派手さはもちろんのこと、使い勝手がよく、ダメージを稼げる攻撃手段として戦闘で重要な位置を占める。

e
A硼
x礦硼
Z-耨銜跫
     
Z-耨銜跫
Z-耨銜跫
Z-耨銜跫
Z-耨銜跫
     
Z-耨銜跫
|
Z-
-壷
     

<モンスターは頼もしい武器になる>
モンスターには、“武器に変身する”という特殊な能力“魔チェンジ”が備わっている。武器を装備させたいキャラクターを選んで魔チェンジすれば、一時的にそのキャラクターのみが使用可能な武器に変化。どんな武器になるかは、モンズターの種族ごとに決まっており、ドラゴンなら槍に、ラスベリルなら剣に、ゴーストなら杖になる。通常の武器と異なる特徴は以下の点。

・威力は元となるモンスターの強さで決まる。→モンスターを育てれば強力な武器が手に入る!
・魔チェンジ武器でのみ使用可能な特殊技『魔チェンジ技』が登場→戦闘での選択肢が増える!
・敵を倒すと、攻撃したキャラクターと武器となっているモンスター双方に経験値が入る→当社比200パーセントの経験値をゲット!
・モンスターが持つ種族の特徴(魔ビリティー)が武器使用者に発揮される。例えば、ゴーストが魔チェンジすることで、武器使用者は毎ターンSP(特殊技や魔法を使用するときに消費するステータス)が回復する効果が得られる。→人間キャラクターの弱点を補い、長所を伸ばすことができる! 

`
`
`
`
     
`
`
`
`
     
`
`
`
`
     

■やり込めばここまでできる

k
k
k
|

▲桁違いの成長要素と億を越えるダメージ数で、ほかのゲームでは絶対お目にかかれない、突き抜けた強さが体験できる。育てる楽しさは折り紙つき!

▲パズルのように張り巡らされた戦闘マップの状況を解き明かせ。マップに展開したパネルの色がつぎつぎに変わる!? 頭を使えば、ちょっとの力で戦況が逆転!

■豊富に展開してきたコンテンツ!

 プレイステーション3版のパッケージ発売後に登場した新要素についても余すことなく収録される。

<収録されるコンテンツ>
・追加キャラクター:固有キャラクター22人、汎用キャラクター3種
・追加シナリオ:ラズベリル編全4話(新技や武器追加、追加キャラクターなどを含む)
・追加システム:アイテム界コマンドアタック、学級会コマンドアタック、アイテム界サバイバルアタック(各システムともに好成績でのクリアユーザーには限定武器などをプレゼント)
・BGM:49曲(うちボーカル曲3曲)
・セーブデータアイコン:29個

-
-
-
Y
   
Y
Y
Y
Y
   

■新要素を紹介

<携帯機でどこでも遊べる! サクサクやり込める>
レベル上げやアイテム収集など、短い時間でも思い立ったときにプレイが可能。操作性もPlayStation Vitaに合わせて徹底改良。タッチスクリーンや背面タッチパッドなどの新要素も取り入れ、より快適なプレイが可能。

サクサクプレイイメージ-レベルアップ

<演出強化で、さらなる笑いと感動を>
プレイステーション3版『魔界戦記ディスガイア4』で好評だった“バストアップアニメーション”を、イベント演出に採用。会話シーンではキャラクターのイラストがアニメーションし、喜怒哀楽を生き生きと伝える。

A硼
A硼
A硼
A硼
   
A硼
x礦硼
x礦硼
x礦硼
   
x礦硼
x礦硼
x礦硼
x礦硼
   

<新シナリオを4本追加>
オムニバス形式の追加シナリオが4本追加される。これらは、本編シナリオクリアー後に起きたエピソードという位置付けで、シナリオごとに主人公が異なり、コレまで脇役だったキャラクターたちにもスポットが当たる。どのシナリオも“学園モノならでは”、“ディスガイア3ならでは”のストーリーとなっている。今回は、追加シナリオのうちのひとつ“死立魔神学園編”を紹介しよう。

<ストーリー>
“転校生がやってくる。その転校生は、ラズベリルを上回るほどの“不良”らしい”。転入に際して、いち早く学費と給食費を支払ったというその人物の噂に、学園関係者の大半は、驚き、あきれ、戦慄し、ごくごく一部のものはその不良ぶりに感心のため息をついた。(生徒の大半はどちらも踏み倒している。支払うのは変わり者……超ド級の不良である)

どんな強敵が現れるのかと身構える学園一の優等生マオ。しかし、おずおずと自己紹介をする転校生の話を聞いて一同は2度驚くことになる。転校生“ルチル”は、人間界からやってきた人間とネコマタのハーフだという。人間界の常識は魔界の非常識――ルチル自身は良かれと思ってしたことで、悪目立ちしてしまったのだ。

そんな折、魔立邪悪学園の権利書が何者かによって盗まれる事態が発生する。盗難事件の裏にちらつく、ライバル校“死立魔神学園”の存在。マオたちは、権利書を取り返すため、学園を脅かす脅威に立ち向かうことになるのだが――。

死立魔神学園編01
死立魔神学園編02
   

<ふたりの新キャラクターが登場>
シナリオの追加に伴い、新キャラクターの“ルチル”と“ステラ”が登場。なお、本タイトルの公式サイトでは、新キャラクターのボイスを担当する声優が誰を予想するクイズが開催される。クイズの回答の受付期間は2011年8月31日までで、正解者の中から抽選で、豪華賞品がプレゼントされる。なお、担当声優の発表は、2011年9月15日に公開される予定だ。

dis03
dis06

ルチル(CV:????)
15歳。ネコマタと人間の両親を持つハーフ。人間界で育てられたため、魔界のことはほとんど知らない。優しく素直な性格で、他人のことを疑わず頭から信じてしまうほど。華奢な外見とは裏腹に、ものすごい怪力の持ち主で、それが悩みの種になっている。魔立邪悪学園に転校生としてやってくる。

ステラ・グロッシュラー(CV:????)
1657歳。魔立邪悪学園のライバル校、死立魔神学園の生屠会長であり、理事長の一人娘。ツンとしたお嬢様だが、イタズラ好きな子どもっぽい一面も持つ。自分のやることはすべて“エレガント”だと思い込んでいる。独特の美的感覚をもっている。ペットとしてモンスターを飼っているが、とくにスライムとゾンビがお気に入り。魔神である父親をとても尊敬している。

新キャラクター-ルチル
新キャラクター-ステラ
   

<最凶魔法の追加>
『3』には、魔法が属性ごとに4段階あったが、今作では新たに各属性に最高位となる5段階目の魔法 “テラ魔法”が追加される。各テラ魔法の演出には日本一ソフトウェアのキャラクターが登場。使用するイラストはすべて、新魔法のための描き下ろし。どのキャラクターが登場するか、またそのキャラクターを誰が描くのか、続報に注目してほしい。

dis10
e硅
e硅
e硅
e硅
   

<ほかにも新要素は盛りだくさん>

01
02
03
   

(C)2008-2011 Nippon Ichi Software, Inc.※画面は開発中のものです。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『シアトリズム ファイナルファンタジー カーテンコール』が発売! 2曲無料ダウンロードキャンペーンが期間限定で実施中

スクウェア・エニックスは、本日2014年4月24日ニンテンドー3DS用ソフト『シアトリズム ファイナルファンタジー カーテンコール』を発売した。

遊ばなければ究極的に損をする!? 『シアトリズム ファイナルファンタジー カーテンコール』4人の編集者による4つのプレイインプレッション

2014年4月24日に発売を迎えた、ニンテンドー3DS用ソフト『シアトリズム ファイナルファンタジー カーテンコール』。本作は、『ファイナルファンタジー』(以下、『FF』)シリーズの名曲を楽しむリズムアクションゲームだ。今回、『FF』ファンの編集者たちによるプレイインプレッションをお届けする。

“M.S.S Project(MSSP)”と始める『スリブレ』ニコ生番組がいつでも視聴可能に

2014年4月21日午後9時からニコニコ生放送で放送された番組“MSSPとはじめる『スリングショットブレイブズ』~略してスリブレ~”を、ニコニコのプレミアム会員に登録してなくてもいつでも視聴できるニコニコチャンネルがオープン。

nasne(ナスネ)とPS Vita TVで実現するテレビライフをテーマにした“えのきのこ”さんのマンガが全3回で連載開始

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア(SCEJA)は、2014年4月24日(木)より、nasne(ナスネ)とプレイステーション Vita TVで実現するテレビライフをテーマにしたマンガコンテンツ、『ナス子とティビ男のエンタメ「リア充」大作戦』を全3回で連載する。

【にゃんこ大戦争4コマ】盛り盛りにゃんこ

『にゃんこ大戦争』をテーマにした4コママンガをゆる〜く連載。『にゃんこ大戦争4コマ&攻略アプリ にゃんコマ』をダウンロードすれば、スマホで快適にマンガを楽しめるよ。

魔法少女大戦キャラクターズ第12回! 鹿児島・岐阜・三重のご当地魔法少女を紹介!

47人のカッコ可愛い魔法少女たちをファミ通Appが週替わりで紹介する『魔法少女大戦キャラクターズ』。4第12回となる今回は、郷土愛と正義感に溢れる「鹿児島」「岐阜」「三重」の3人だ!

【ファミキャリ!会社探訪(12)】サバイバルホラーの野心作、『サイコブレイク』を開発するTango Gameworksを訪問!

ファミ通ドットコム内にある、ゲーム業界専門の求人サイト“ファミキャリ!”。その“ファミキャリ!”が、ゲーム業界の最前線で活躍している、各ゲームメーカーの経営陣やクリエイターの方々からお話をうかがうこのコーナーの第12回は、Tango Gameworks。

FF14 新生エオルゼア冒険記 by はせがわみやび 第29回 「斧だ! でっかいぞ!」を公開しました!

FF14 新生エオルゼア冒険記 by はせがわみやび 第29回 「斧だ! でっかいぞ!」を公開しました!

ユービーアイソフトの話題作『ウォッチドッグス』 予測不能なドラマを盛り上げる新キャラクターが判明!

ユービーアイソフトから2014年6月26日に発売予定(※Wii U版とXbox One版は発売日未定)のWii U、プレイステーション4、プレイステーション3、Xbox One、Xbox 360、PC用ソフト『ウォッチドッグス』。その最新情報をお届けしよう。

『アーシャのアトリエ Plus』や『大乱走 ダッシュ or 奪取!!』のDLCが手に入るNTTドコモのプレゼント企画を紹介

PS VitaとNTTドコモがタイアップして、4月から約1年にわたって実施する“楽しもう3G”プレゼント企画。期間内に、PS Vita本体や店頭でPS Vitaの3G通信プランの申し込みや更新を行うと、人気ゲームのオリジナルゲーム内アイテムなどがもらえるという豪華な企画となっている。

特集記事

週間 販売ランキング

  • 2位
  • PS4ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア
  • 販売 34279

ファミ通協力店の皆様よりご提供頂いた販売ランキングです。

詳しいランキングはこちら

もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS

スポンサードリンク