『ロボティクス・ノーツ』遊びの幅を広げる新システム【4日連続第3弾】

志倉千代丸氏による企画・原作、5pb.とニトロプラスのコラボレーションによってリリースされている、科学アドベンチャーシリーズ。その第3弾『ロボティクス・ノーツ』についての情報を、ファミ通.comでは4日間連続でお届けしていく。【第3回】

●現実に情報が付加される新システム“ポケコントリガー”

 主人公は“ポケコン”と呼ばれる7インチのタッチパッドデバイスを持ち歩いている。プレイヤーは、このデバイスをいつでも呼び出すことが可能。ゲーム中のシステムメニューなどもポケコンに集約されているので、プレイヤーもつねにポケコンを扱うことになるのだ。

robo09

▲ポケコンをかざすとカメラを通して人物や建物などの情報が得られる。

robo11
robo12

▲ポケコンを扱っている画面写真のひとつ。ポケコンの画面に映し出されているのは、“ツイぽ”という短文投稿サイトだ。ゲーム中で、キャラクターと交流できるのだろうか?

▲取り出したポケコンは、プレイヤーが上下左右自由に動かすことができるぞ。いろいろ動かしているうちに、思わぬ場所で何かの情報が見つかるかも?

robo13

▲ポケコンを見ながら何かをつぶやく。こちらはイベントCGのようだが、イベントシーンもあるのか?

【配信スケジュール】
【2011年8月12日(金)更新】志倉千代丸氏インタビュー完全版!