『ロボティクス・ノーツ』のキャラクター&世界設定を公開【4日連続第1弾】

志倉千代丸氏による企画・原作、5pb.とニトロプラスのコラボレーションによってリリースされている、科学アドベンチャーシリーズ。その第3弾『ロボティクス・ノーツ』についての情報を、ファミ通.comでは4日間連続でお届けしていく。【第1回】

●『ロボティクス・ノーツ』の情報を4日連続で公開

 志倉千代丸氏による企画・原作、5pb.とニトロプラスのコラボレーションによってリリースされている、科学アドベンチャーシリーズ。『カオスヘッド』、『シュタインズ・ゲート』と、リリースするたびに口コミで人気を集め、さまざまなメディア展開が行われている注目のシリーズだ。その待望の第3弾『ロボティクス・ノーツ』についての情報を、ファミ通.comでは4日間連続でお届けしていく。

●近未来の種子島で描かれる少年たちの“夢”

robot16

 物語の舞台となるのは、“拡張現実”が身近になった、2019年の種子島。高校のロボ部に所属する少年少女や、その周辺の人物たちが、それぞれの“夢”を追いかけながら巨大ロボットの製作に携わるのだ。そんな本作の主要キャラクターを紹介する。

■STORY

 2019年。世界線変動率“1.048596%”。フォンドロイドOSを実装する、通称“ポケコン”の普及で拡張現実が身近な存在となった近未来。中央種子島高校“ロボット研究部”は、廃部の危機に直面していた。2名しかいない部員のひとり、八汐海翔は、こんな状況でも“ロボ部”に興味を示さず、ひたすらロボット格闘ゲームに夢中。猪突猛進のダメ部長、瀬乃宮あき穂は、“巨大ロボット完成”を目標に、廃部を避けるべく奮闘していた。そんなある日、海翔は“君島レポート”なる、A.R.アノテーション(※)を発見する。そこには、君島コウという人物による世界を巻き込む陰謀の告発が記されていた。

※ポケコンに表示される注釈文。

robo02
robo03
robo06

■八汐海翔(やしお かいと)
(声:木村良平)
中央種子島高校3年生でロボット研究部に所属する主人公。言動が軽く、無気力そうでいつもヘラヘラしているため、まわりからは頼りなさそうに見られている。ロボット格闘ゲーム『機動バトラーガンヴァレル キルバラッドONLINE』、通称『キルバラ』ばかりプレイしている、重度の“格ゲーオタ”だ。現在、全国ランキング5位。“ロボ部”所属であり『キルバラ』をプレイしているが、ロボットに関することに興味はない。

■瀬乃宮あき穂(せのみや あきほ)
(声:南條愛乃)
ロボット研究部部長で海翔とは幼なじみ。明るく元気でポジティブな猪突猛進タイプだが、お調子者なのが玉にキズ。実の姉でロボット研究部を創設した卒業生、瀬乃宮みさ希が掲げた“巨大ロボット完成”を目標に、奮闘中だ。

■神代フラウ(こうじろ ふらう)
(声:名塚佳織)
根暗で口も性格も悪い、ヒキコモリのオタク。死語となったネットスラングを、ネット上だけではなく現実でも多用。2000万人以上のユーザーがいる『キルバラ』のプログラムを作ったプログラマーのひとり。

robo04
robo08
robo10

■日高 昴(ひだか すばる)
(声:細谷佳正)
クールで強気な中央種子島高校2年生。ロボット工学に詳しく、自信過剰なため、年上の人間にも上から目線。女子のファンも多いが、ストイックな性格が災いして、女子とのスキンシップには、なれていない様子。

■大徳純名(だいとく じゅんな)
(声:徳井青空)
中央種子島高校3年生。小動物系空手少女。気弱ですぐに涙目になるものの、家族の世話を一手に引き受けるしっかり者。努力家だが、性格的な問題で空手の腕はからきし。

■愛理(あいり)
(声:釘宮理恵)
清楚で儚げで、おしとやかな少女。ふだんは敬語で礼儀正しく、無邪気で控えめだが、突然性格が変わったように無表情になる。君島レポートに、深く関わりがあるらしい。

【配信スケジュール】
【2011年8月10日(水)更新】キャラクターが3DCGでぬるぬる動く!
【2011年8月11日(木)更新】遊びの幅を広げる新システム
【2011年8月12日(金)更新】志倉千代丸氏インタビュー完全版!