ローリング内沢のぶらりゲーム漫遊紀
〜韓国ブース紀行〜

今回のゲームショウ一押しのゲームを発見!?
韓国ブース

浣腸自慢 実際に試遊
▲「フランスには浣腸ってないんだって」と知人にきいた話を披露 ▲嬉々としてゲームをプレイ。この手のゲームはホント、好きだよね

マスコットキャラと戯れ 熱唱するローリング
▲なんともストレートなモチーフのマスコットたちに自ら浣腸を受ける ▲ただいま熱唱中。もうちょっと振り付けしなきゃダメじゃん!

 早朝レポートによる、ゲームを愛する少年たちとの心のふれあいに、この後のレポートを“見知らぬ人とのコミュニケーション”というテーマに決め、ローリング内沢にとってなじみのないブースを訪れることに。

 まず目を引いたのが、韓国のゲーム関連メーカーが数社集まって構成されているこのブースだ。その一角でお客に尻を向けている失礼な筐体を発見! メーカーのかたとコミュニケーションを取り始める。「このゲーム、なんですか?」、「浣腸するゲームだよ」。『Boong Ga Boong Ga(ブンガブンガ)』というこのゲーム、人差し指をつきだしたハンド器具を使って筐体の尻に浣腸、すると画面のスロットが回わり、うまく突けば目がそろって景品がもらえるという。えらく気に入った様子のローリング。しばし、浣腸文化について語り合う。

 浣腸ゲームのつぎに気になったのが、セルフミュージックビデオが作れるというコーナー。ゲームとはちょっと違うが、飛び込んでみることに。ブースのおねーさんに「早く曲を選んでよ、お兄ちゃん」とせかされ、『およげ!たいやきくん』を選択。通りすがりの人がいぶかしげに振り返るほどの歌声を披露。その模様を収録したミュージックビデオをもらった。

 ローリング内沢の浣腸文化対談とミュージックビデオ作成シーンの模様は、ムービーにて観られます!!(準備中)



FAMITSU.com ©KADOKAWA CORPORATION 2015
ファミ通.comに使用されている画像は全て著作権管理ソフトで保護されています。
無断で転載、加工などを行った場合、処罰の対象となることもございます。