ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



MMORPG『ラグナロクオンライン2』、BGM制作に菅野よう子氏を起用

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

 2005年9月13日、韓国グラヴィティは、現在開発中のWindows用MMORPG『ラグナロクオンライン2』のBGM制作に、作曲家・菅野よう子氏を起用することを発表した。

 

 1987年に作曲家としてデビューした菅野よう子氏は、『信長の野望』『大航海時代』といったゲームタイトルのほか、アニメ『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』『COWBOY BEBOP』、映画『下妻物語:Kamikaze Girls, 2004』といった幅広いジャンルの作品へ楽曲を提供。また、自身のソロアルバムもリリースするなど、実に数多くの作品を送り出してきた日本音楽界の巨匠。

 

 

 今回の起用にあたり、グラヴィティの尹雄鎭代表は、リリース中で「日本のみならず世界の音楽界の巨匠ともいえる菅野よう子氏と共に『ラグナロクオンライン2』を開発できることを大変嬉しく思っています。菅野よう子氏の音楽を通じて『ラグナロクオンライン2』の完成度が一層高まることを期待しています。」と発表。

 

 一方、菅野よう子氏は「ラグナロクの魅力的なキャラクターと今回のプロジェクトに参加しているスタッフ、制作者の誠意を感じることができたので、今回のBGM制作を受けることを決めました。『ラグナロクオンライン2』のスタッフと共に作品を作ることができて嬉しく思っています。『ラグナロクオンライン』は、とても人気のあるゲームですがゲーム音楽の制作に最善を尽くして、より多くの方に楽しんでいただけることを期待しています。」とコメントしている。

 

 菅野よう子氏は、全90曲に及ぶ『ラグナロクオンライン2』のBGMを作曲する予定。また、2005年9月16日〜18日まで開催される“東京ゲームショウ2005”にも出席し、グラヴィティブースと『ラグナロクオンライン2』制作発表会にて公式発表、およびファンとの交流の時間が用意される。

 

 また、グラヴィティは同社の戦略の一環として、韓国の新人女性歌手 ハン・ソユさんを同社のイメージキャラクターとして起用することも発表。“東京ゲームショウ2005”の同社ブースでは彼女が生の歌声を披露するほか、今後はグラヴィティのCFモデル、各種イベントへの参加など、活動の幅を広げていく。

 

【関連リンク】

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

PC関連最新ニュース

ファミ通.com PCトップページへ