ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



ガンホー新作『ECO』ヘッドロック、ブロッコリーと共同企画開発

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

 

 2005年4月21日、ブロッコリー、ガンホー、ヘッドロックは、3社が提携し企画・開発・運営を行うPC向け新作オンラインRPG『エミル・クロニクル・オンライン(以下、『ECO』)』を発表。都内にて発表会を開催した。

 

 3社はこの『ECO』における提携を“トリオ・ECO(エコ)”と命名。海外市場(アジア、欧米、欧州)も視野に入れたビジネス展開を行っていく。役割分担としては、ガンホーが運営・マーケティング、ヘッドロックが開発、ブロッコリーがイベント、関連グッズ販売を主に担当する。ガンホーにとっては同社が運営する国産第1号のオンラインRPG。

 

 βテストは、2005年夏を予定。プレイ料金、動作環境等については現在調整中とのことで明らかになっていない。公式サイトは、2005年4月21日よりオープンしている。

 

 


 『ECO』は、天使と悪魔、機械と魔法が混在する王道ファンタジー世界を舞台にしたオンラインRPG。“女性も参加しやすいオンラインRPG”、“いままでになかった新しいコミュニティ”をコンセプトに開発されている。トゥーンレンダリングによるやさしいグラフィック、遊びやすいインターフェイス、絵本のようなかわいらしい世界観、数百種類にも及ぶ豊富な着せ替え要素などがゲームの主軸となる。キャラクターイラストを手掛けるのは新進気鋭のイラストレーター・羽々キロ(はねはねきろ)氏。

 

 詳細は明らかにされていないが、『ECO』には一般的なパーティープレイはもちろん、かつてのオンラインRPGにはなかった斬新なシステムによるコミュニティ機能が盛り込まれる予定。キャラクター同士の能力格差が生む弊害(モラルの低下、不正行為、モチベーションの低下)を軽減し、誰でも気軽にプレイすることができ、次回のログインも楽しみになるようなシステムになるという。

 

 

 また、同作は純国産のタイトルということで、ユーザーの声がよりダイレクトに反映される運営を行っていく。例えばゲーム内のNPC、アイテム、モンスターなどのアイデアをユーザーから募集したり、参加者の動向によって事象が発生したりなど、様々な仕掛けを検討している。

 

 『デ・ジ・キャラット』『ギャラクシーエンジェル』等のキャラクターコンテンツや全国展開しているキャラクターショップ“ゲーマーズ”を運営するブロッコリー。『ディプスファンタジア』等、確かな技術力を持ってオンラインゲーム開発を手掛けてきたヘッドロック。そして『ラグナロクオンライン』をはじめとしたオンラインゲーム運営の実績を持つガンホーが組んだ一大プロジェクト。2005年の注目タイトルに見逃せないラインアップが加わった。

 

 

【関連リンク】

 

 

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

PC関連最新ニュース

ファミ通.com PCトップページへ