ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



ビジュアルアーツ、BBサーブが提携する“キネティックノベル”

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

 2004年10月19日、都内にてビジュアルアーツとBBサーブの提携業務“キネティックノベル”の発表会が開催。同サービスの内容とともに、第一弾タイトル『Planetarian(プラネタリアン)〜小さな星の夢〜』が発表された。(第一報はこちら!

 

 発表会には、ビジュアルアーツ代表取締役・馬場隆博氏、BBサーブ代表取締役・孫泰蔵氏が出席。それぞれ今後の事業展開と、同サービスの魅力についてコメントした。

 

 

 発表会は、ビジュアルアーツ馬場隆博氏による“キネティックノベル”のコンセプト解説からスタート。馬場氏によると、“キネティックノベル”は一般的な単語になるくらいひとつのジャンルとして確立させるというコンセプトの元に生まれたという。

 

 同氏は、小説の読みづらさ、コミックの細部表現の難しさ、映画の受動的性質、といった各メディアの限界を指摘し、ゲームが敬遠される要素として、ソフトの価格、プレイ時間の長さ、ストーリーに付随するゲーム部分を挙げた。

 

 また、過去のビジュアルアーツ作品の多くが、ゲームでありながらもゲームの本質でない部分(グラフィック・音楽・ストーリー)で高い評価を得てきたことを挙げ、“キネティックノベル”はこれらを補足する新規軸のエンターテイメントジャンルであることを強調した。

 

 

 続いて、BBサーブ孫泰蔵氏が同サービスの概要と販売方法を説明。“キネティックノベル”は、KEYが開発を手掛ける『プラネタリアン』を皮切りに1ヶ月に1タイトル程度のペースで新作を投入し、シリーズとして展開されていく。一本のゲーム内容はおよそ3〜5時間。クライアントはBBサーブ運営がする公式サイトでのダウンロード、もしくはCD-ROMとして配布する形になる。

 

 『プラネタリアン』の販売価格は1050円[税込]と発表されたが、事実上これは同作の“認証キー”の価格となる。“キネティックノベル”にはソフトウェアの使用権を管理する“DRMシステム”が導入されており、ここから発行される認証がなければ本編を楽しむことができない。同システムでは、1台のPCに対してひとつの認証キーが対応する。認証キー購入後に、何らかのトラブルでデータが破損した場合は個別の対応措置を考えているという。

 

 また、このシステムを利用して多くのタイトルに体験版が用意される。一定のストーリーまでは体験版として無料で楽しむことができ、その後もプレイしたければ認証キーを購入する仕組みだ。今後は年齢認証を必要とするタイトルも投入される可能性があるとのこと。

 

 

 気になる支払い方法は、現時点ではクレジットカードのみ。今後はプリペイドカードの使用、Yahoo!BB利用料との同時決済、また携帯電話からの決済方法も検討されている。

 

 BBサーブ孫泰蔵氏は一連の解説のあと、「“キネティックノベル”は国内におけるブロードバンドの浸透によって生まれ、実現できるサービス。今後も積極的に支援していきたい。」と力強くコメント。その後、両者による固い握手が交わされた。

 

 

【関連リンク】

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

PC関連最新ニュース

ファミ通.com PCトップページへ