携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> PC・ブラウザゲーム> 記事

『ゲットアンプド』ロシア・CIS地域でのライセンス契約締結を発表

2008/9/26

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●日本も含めて世界27カ国地域での展開へ

 

 サイバーステップは2008年9月26日、東京都大手町で記者発表会を行ない、同社が開発したオンラインアクション『ゲットアンプド』について、ロシアおよびCIS地域のサービスに関してアケラと契約を締結したことを発表した。

 

 アケラは、ロシアでオンラインゲームやコンシューマーゲームなど、ローカライズを行なうパブリッシャー。150都市で400以上の流通拠点を持っており、新興国で決済手段として有効な、プリペイドカードの流通が容易であるのが強みだ。

 『ゲットアンプド』はすでに11カ国地域でサービスが提供されており、今回の契約締結により全部で国外の26カ国地域でライセンス契約が締結されることになる。各国で公表されているだけでも、全部で2600万人ものID登録を持っており、登録ID数だけで利用状況を正確に判断することはできなくとも、ID取得に住民登録番号が必要な韓国でも実際に全人口の4分の1強にあたる登録があるなど、相当数の人にプレイされているのは間違いないだろう。

 

 では、国内では自社運営を行なうサイバーステップにとっての日本市場の位置づけはどのようになっているのだろうか? 記者発表会の席上で同社社長の佐藤類氏に確認したところ、「必ずしも日本国内に限定したデータは基準として考えていない」としつつ、海外からの大きなパブリッシャー収入を元手に国内で新規タイトルを運営したり、国内運営で培ったノウハウなどを活かして世界大会を開くといった、相乗効果を大きなメリットとして挙げていた。

 今後もドバイでのゲームショーに出展予定があるなど、国内のオンラインゲームメーカーとしては異色の海外進出を続けるサイバーステップ。今後同社が目指すのは、200カ国地域、10億人へ娯楽を提供し、売上高1兆円企業になること。「50年ぐらいかかるのでは?」という発言に対し「2年かもしれませんよ」と佐藤氏が不敵に笑ったのが印象的だった。

 

▲会場からノートパソコンとイーモバイルで『ゲットアンプド』をプレイする佐藤氏。それほどPCのスペックを必要としないのも本作の特徴だ。

 

※『ゲットアンプド』の公式サイトはこちら

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

PC・ブラウザゲーム関連ニュース

ムービーもあります! 『MHF』シーズン8.0情報第3弾を公開

『モンスターハンター フロンティア オンライン』のシーズン8.0“氷撃、デュラガウア”の新情報第3弾が公開された。新ムービーとともに追加要素をチェックしよう。

RTSでオンラインRPG? アエリアの新作『バトルコロジー』がクローズドβテスターを募集開始

アエリアが4月1日に発表した新作『Soul Master』を『バトルコロジー』と改題し、クローズドβテスターの募集を開始した。

『MHF』期間限定クエストは剛種ラオシャンロン撃退

カプコンのオンライン専用ハンティングアクション『モンスターハンター フロンティア オンライン』において、2010年4月7日〜14日のあいだに行われる期間限定クエストが発表された。

立ち見が出る満員! 『AVA』大会リポート

ゲームオンのオンラインアクションシューティング『Alliance of Valiant Arms』のオフラインイベント“AVAれ祭り2010 ヒルズの陣”の模様をお届けする。

『MHF』シーズン8.0情報第2弾を公開、新モンスター“デュラガウア”の攻撃を警戒せよ!

『モンスターハンター フロンティア オンライン』の時期大型アップデート“氷撃、デュラガウア”新情報第2弾が公開された。怒り状態のデュラガウアの攻撃は要注意!

アエリア、新作はアニメ風のキャラクターデザインがかわいい『Soul Master』

アエリアが新作『Soul Master』の日本での独占配信権を獲得したことを発表した。日本での先行サービスが予定されている。

ゲームオン、『Luvinia Online』の日本運営権獲得を発表

ゲームオンが『Luvinia Online』の日本での独占ライセンス契約を締結したことを発表した。

『MHF』で新サービスとして“MHF リアンキット”が発売

カプコンの『モンスターハンター フロンティア オンライン』で、新サービスとして“MHF リアンキット”が発売されている。