この記事はPR TIMESからの提供を受けています。記事内容についてはPR TIMESへ、記事で紹介している商品・サービスに関する詳細は発売・配信元のメーカーへお問い合わせください。
株式会社KADOKAWA

 株式会社KADOKAWA(以下:KADOKAWA)と、邪神ちゃんドロップキック (アニメ「邪神ちゃんドロップキック 」「邪神ちゃんドロップキック’」「邪神ちゃんドロップキックX」「#邪神ちゃんドロップキック【世紀末編】」含む。以下「邪神ちゃん」)は、KADOKAWAが提供する二次創作の管理・収益分配サービス『クリエイターサポートプログラム(以下略称:CSP 呼称:シーエスピー)』にて、アニメ『邪神ちゃんドロップキック』『邪神ちゃんドロップキック'』及び、『邪神ちゃんドロップキック【世紀末編】』の二次創作の管理を開始したことをお知らせします。


■邪神ちゃんシリーズ全作二次創作OK・世紀末編は全編使用OKに
 TVアニメ『邪神ちゃんドロップキック』は、これまで3期『邪神ちゃんドロップキックX』のみ、二次創作ガイドラインを発表していましたが、この度1期、2期と12月26日(火)に公開となる最新作「世紀末編」のシリーズ全作が「二次創作ガイドライン」の対象になります。
 なお、1期~3期の映像の利用可能範囲は、YouTubeで公開するコンテンツ1件あたり1話10分までですが、『邪神ちゃんドロップキック【世紀末編】』については時間の制限なく利用が可能となります。
ガイドラインに沿って利用すれば、YouTube・ニコニコ等での映像を映しながらの同時視聴や、切り抜き動画、解説・考察動画等の公開、収益化が可能になります。詳しいルールは、以下のガイドラインをご確認ください。

「邪神ちゃんドロップキック」二次創作ガイドライン:http://jashinchan.com/special


■前代未聞・新作をTV放送前にデータ販売開始
 邪神ちゃんは『邪神ちゃんドロップキック【世紀末編】』のアニメ映像データをアマゾンにて12月26日(火)より販売。データを購入することで12月26日の放送開始以降、二次創作作品を公開可能となります。
https://www.amazon.co.jp/

■『邪神ちゃんドロップキック』作品紹介
『邪神ちゃんドロップキック』は、漫画家・ユキヲが2012年より「COMICメテオ」で連載している人気コミック(累計100万部超)を原作とする日本のアニメーション。2018年、2020年、2022年に3期までアニメ化された。YouTube・ツイッターの登録者数は合計30万人。「違法より早い」本編切り抜き映像が話題となりYouTube総再生回数は1億回超。中国でのシリーズ累計視聴数は1億回超(2023年7月時点)。過去4回のクラウドファンディング企画を成功させ、調達金額累計は1.8億円超。北海道千歳市と共に全国初のふるさと納税を用いたアニメ製作に挑戦。NHK情報番組で紹介され、帯広市・釧路市・富良野市・南島原市・高森町の5自治体とも同様の取り組みを行っている。ハイパーカジュアルゲーム「救え!邪神ちゃんドロップキック」はApp Store / Google Play共に初登場でパズル無料ジャンル1位を獲得。ChatGPTと音声合成を組み合わせたバーチャルキャラクター「邪神ちゃんロイド」の開発を行うなど、既存のアニメビジネスの枠内にとらわれないコラボを積極的に行う異色のIPとして注目されている。

・公式X(Twitter):https://x.com/jashinchan_PJ
・アニメ公式サイト:http://jashinchan.com/


■CSP(クリエイターサポートプログラム)とは
 「CSP」とは、KADOKAWAがMCN(*)事業者として提供されたシステムを活用、独自の二次利用の管理・収益分配システムを構築し、クリエイターがYouTube等のコンテンツに他社のゲーム・アニメ・コミック・音楽等の著作物を利用したり、自身が創作した著作物(IP)の二次利用(切り抜き含む)を許諾・促進したりすることで、「クリエイター」としてだけでなく「権利者(著作権者)」としても、収益やPRの機会を得られるサービスです(2022年3月提供開始)。

 すでにKADOKAWAのYouTubeアニメやクリエイターのコンテンツ等、一部の著作物(IP)から導入を開始しており、これにより著作物の管理に厳格な各種SNSであっても「創作の連鎖」を生むことが期待できます。また、二次利用の管理・収益分配だけでなくYouTubeMCNとして、YouTubeの最新アップデート情報の提供、KADOKAWAグループの他事業との連携や、企業タイアップ案件の企画等、クリエイターの創作活動に役立つさまざまなサポート機能を提供しています。
 「CSP」にご興味のあるクリエイター様・法人様は、お気軽にお問い合わせください。

(*)MCNとは、複数のYouTubeチャンネルと提携し、視聴者の開拓、コンテンツのプログラミング、クリエイターのコラボレーション、デジタル著作権管理、収益化、営業などを含むサービスを提供するサードパーティサービスプロバイダです。
引用:YouTubeヘルプ(https://support.google.com/youtube/answer/2737059?hl=ja


以上
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【サービス利用等のお問い合わせ先】
株式会社KADOKAWA「CSP(クリエイターサポートプログラム)」担当
E-mail:csp-info@ml.kadokawa.jp
X(Twitter):https://x.com/CreatorSupportP
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ