この記事はPR TIMESからの提供を受けています。記事内容についてはPR TIMESへ、記事で紹介している商品・サービスに関する詳細は発売・配信元のメーカーへお問い合わせください。
株式会社春陽堂書店
 株式会社春陽堂書店は、12月11日(月)に春陽堂コミックス・RAMPOシリーズを刊行いたします。明治11年創業の春陽堂書店と江戸川乱歩は関わりが深く、1925年「一人二役」、翌26年には「モノグラム」を春陽堂より発刊していた雑誌・新小説で発表しています。現在も「江戸川乱歩文庫 リニューアル版」として江戸川乱歩の選りすぐりの作品を文庫として刊行しています。その中から第一弾として、『目羅博士の不思議な犯罪』『偉大なる夢』(1)『陰獣』の3作品を書籍として刊行するほか、電子版も併せて配信いたします。


『目羅博士の不思議な犯罪』(原案/江戸川乱歩 原作/上野顕太郎 漫画/山田一喜)と『偉大なる夢』(1)(原案/江戸川乱歩 漫画/熊谷杯人)の2作は、江戸川乱歩の作品にインスパイアされたオリジナルストーリー、オールカラーコミックです。主に縦スクロールで電子配信します。

 江戸川乱歩の孫である平井憲太郎氏からは、
「これまで乱歩作品を、本当に長い期間にわたって出版し続けてきた春陽堂書店から、今回のようなコミックスが発表されることは、このような経緯から見れば,まったく自然なことと言えます。この路線から祖父の作品が新しい読者を得て、また想像も付かない二次使用が生まれてくることを期待したいと思います」
と、言葉を寄せていただいています。

 日本の伝統である本歌取り作品となっており、オールカラーで制作。また、電子版では縦スクロールを基本としています。昨今、WEBTOONをはじめとした、縦スクロール・オールカラーの漫画が多くみられるようになってきました。春陽堂コミックスはこの流れを意識しつつ、日本の漫画の良さであるコマ割り展開や、濃密なストーリーを取り入れながら、現代の読者スタイルに合わせた作品作りを目指しました。

 江戸川乱歩の名作『陰獣』を漫画界の名絵師・吉田光彦とベテラン原作者・竹内一郎が漫画化! 
『陰獣』(原作/江戸川乱歩 脚本/竹内一郎 漫画/吉田光彦)は旧来のスタイルのモノクロの作品ですが、『哲也-雀聖と呼ばれた男』で2000年度(平成12年)第24回講談社漫画賞少年部門を受賞した、さいふうめいこと竹内一郎が脚本を担当し、大英博物館に作品が所蔵されている吉田光彦が漫画化しています。ベテランのコンビにより耽美的な雰囲気を醸し出したとても良い作品に仕上がりました。




■「目羅博士の不思議な犯罪」
原案江戸川乱歩 原作上野顕太郎 漫画山田一喜
ISBN:978-4-394-66004-0
定価:1,430円(税込み)
判型:B6
電子版:配信
https://www.shunyodo.co.jp/shopdetail/000000000881/




■「偉大なる夢」(1)
原案江戸川乱歩 漫画熊谷杯人
ISBN:978-4-394-66005-7
定価:1,430円(税込み)
判型:B6
電子版:配信
https://www.shunyodo.co.jp/shopdetail/000000000882/




■「陰獣」
原作江戸川乱歩 脚本竹内一郎 漫画吉田光彦
ISBN:979-4-394-66003-3
定価:1,100円(税込み)
判型:B6
電子版:配信
https://www.shunyodo.co.jp/shopdetail/000000000880/



 次回配本は2024年3月『パノラマ島奇談』(1)(原案/江戸川乱歩 原作/筧昌也 漫画/稜之大介)オールカラー、電子配信は縦スクロールを予定しています。

■「パノラマ島奇談」(1)
原案江戸川乱歩 原作筧昌也 漫画稜之大介
ISBN:978-4-394-66006-4
定価:1,430円(税込み)
判型:B6
電子版:配信
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ