この記事はPR TIMESからの提供を受けています。記事内容についてはPR TIMESへ、記事で紹介している商品・サービスに関する詳細は発売・配信元のメーカーへお問い合わせください。
海と日本プロジェクト広報事務局
2023年12月1日(金)【場所】小樽市役所

「海と灯台プロジェクト」を推進する一般社団法人海洋文化創造フォーラム(東京都港区、代表理事:山本 徹)は、灯台擬人化プロジェクト『燈の守り人(あかりのもりびと)』を推進する『燈の守り人製作委員会』(東京都港区、プロデューサー:波房克典)との連携により、擬人化したキャラクターを用いて、地域の灯台を歴史・文化遺産として活用していく取り組みを推進しています。 この度、北海道小樽市「日和山灯台」を擬人化したシンボルキャラクターを製作し、その記念として、プロデューサーが2023年12月1日(金)小樽市役所を訪問し、キャラクター贈呈式を実施しました。 本取り組みは、灯台に新たな歴史・文化価値を創出する活動として、次世代へ豊かで美しい海を引き継ぐために、海を介して人と人とがつながる“日本財団「海と日本プロジェクト」”の一環です。


燈の守り人「日和山灯台」キャラクターポスター




実施概要


「燈の守り人」キャラクター贈呈式




燈の守り人製作委員会 阪口あき子プロデューサー コメント


日和山灯台は、外観が日本では珍しい紅白のボーダー模様のため、衣装に反映させました。また、小樽の海について語る上で欠かせない「ニシン漁」を、キャラクターデザインや物語にふんだんに取り入れました。このように、「燈の守り人」は灯台固有の歴史にもとづいたエンターテインメントで、灯台が明治以降の日本の近代化に大きな貢献をしたという史実や、人知れず多くの命を救ってきたことを後世に伝える物語です。今後、ボイスドラマ、グッズ展開などを通じて、日和山灯台が活躍しますので、ぜひご注目ください。

上石明 小樽市副市長 コメント 


日和山灯台は、小樽市を代表する景観の一つです。今回のキャラクター化は、灯台という資源に新たな価値を与え、その魅力を世代を超えてアピールするきっかけとなるでしょう。日和山灯台周辺は観光客がよく訪れるエリアなので、灯台が再注目され、多くの方に小樽市へ足を運んでいただけたら嬉しいです。聖地巡りや、声優さんとのコラボレーションなど多様な展開につなげていくことで、若い世代の集客など、様々な可能性が見えてくると思います。市としても今後、「燈の守り人」キャラクターや物語の活用方法を検討し、取り組んでまいります。

<団体概要>
名称:一般社団法人海洋文化創造フォーラム
URL:https://toudai.uminohi.jp/
名称:燈の守り人製作委員会
URL:https://akarinomoribito.com/

<事業概要>

灯台擬人化プロジェクト:燈の守り人(あかりのもりびと)
「燈の守り人(あかりのもりびと)」は、日本全国の灯台を擬人化したオリジナル・エンターテインメントです。「海と灯台プロジェクト」および燈の守り人製作委員会は、“日本財団「海と日本プロジェクト」”の一環として、「燈の守り人」を通じて幅広い層に灯台や周辺の海の魅力や情報を発信し、灯台に足を運ぶ人を増やし、地域の海洋資源として、灯台に光を当てることを目指しています。
https://akarinomoribito.com/

<燈の守り人 2023年度の活動>
1.キャラクター制作・・・2023年度は10灯台をキャラクター化
2.音声ドラマ・・・有名声優が登場する、オリジナル脚本による音声ドラマ 
3.音声ガイド・・・有名声優による各灯台の概要説明をする音声ガイド 
4.コミック・・・LINEマンガ、他にて縦読み漫画「燈の守り人 正伝」を掲載。また、Twitterにて4コマ漫画「あつまれ守り人くん」を連載。 

海と日本プロジェクト(うみとにっぽんぷろじぇくと)
さまざまなかたちで日本人の暮らしを支え、時に心の安らぎやワクワク、ひらめきを与えてくれる海。そんな海で進行している環境の悪化などの現状を、子どもたちをはじめ全国の人が「自分ごと」としてとらえ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくため、オールジャパンで推進するプロジェクトです。
https://uminohi.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ