この記事はPR TIMESからの提供を受けています。記事内容についてはPR TIMESへ、記事で紹介している商品・サービスに関する詳細は発売・配信元のメーカーへお問い合わせください。
ブックリスタ
原作は人気シリーズのアニメ化が決定するなど話題の作家が担当

株式会社ブックリスタ(本社:東京都港区、代表取締役社長:村田茂、以下「ブックリスタ」)は、2023年12月7日(木)から、booklistaSTUDIOによる新作webtoon『せっかく令嬢に憑依したのにすでにやらかした後でした!』の連載配信を、電子コミックサービス「LINEマンガ」(https://manga.line.me/product/periodic?id=S137720)にて開始いたします。



『せっかく令嬢に憑依したのにすでにやらかした後でした!』は、すでに色々“やらかしたあと”の悪女・クリスティナに憑依してしまった主人公と、監視役の公爵令息との異世界ロマンスファンタジーです。

原作は、「妃教育から逃げたい私」(主婦と生活社)シリーズが累計120万部突破し、アニメ化も決定するなど話題の作家・沢野いずみが担当。ネーム構成には「モブなのに過保護な公爵に溺愛されています」「真実の愛を手とり足とり教えなさい」(いずれもbooklistaSTUDIO)でLINEマンガのランキング1位を達成するなど実績のあるBAON(ばおん)、キャラクターデザインには「悪役令嬢ですが、元下僕の獣人にフラグ回収されてます!?︎」(秋田書店)を月刊プリンセスで連載中の夜田あかりを起用しています。
 
『せっかく令嬢に憑依したのにすでにやらかした後でした!』LINEマンガ作品URL
WEB https://manga.line.me/product/periodic?id=S137720
アプリ https://app-manga.line.me/app/periodic/S137720?_appstore=0

『せっかく令嬢に憑依したのにすでにやらかした後でした!』作品概要


原作:沢野いずみ ネーム構成:BAON
キャラクターデザイン:夜田あかり
作品概要:
社畜のように日々働いていた主人公は、ある日、目が覚めると異世界の令嬢クリスティナに憑依していた。望んでいたような人生のやり直し、ではない。記憶によればこの身体の持ち主はとんでもない悪女で、すでに色々『やらかしたあと』だった!王太子からは「次はない」と脅され、抑制の手段という理由で監視役の公爵令息からは「一緒に住む」と言われ...!?本気で抹殺の理由を得ようとしていると震えるクリスティナは、好感度を下げないために労働することを思いつく。
一方、公爵令息は監視の他にも思惑があるようで......。やらかし終えた元悪女と、監視役公爵令息との無自覚ロマンスファンタジー!

booklistaSTUDIOについて


booklistaSTUDIOは、電子書籍ストア「Reader Store」と「auブックパス」の運営をサポートしている当社によるコンテンツ制作スタジオです。国内外のパートナーやクリエイターとともに、通称webtoonともいわれる「タテ読みコミック」などのオリジナルコンテンツを制作・プロデュースしています。

マンガ家や小説家、イラストレーターなどのクリエイター、およびクリエイターを目指す方々にとって、webtoonが才能を発揮できる新たな機会となるよう、webtoon制作会社としては国内初となるwebマンガ誌「booklistaSTUDIOweb」の創刊や、pixivでのマンガ賞の開催、出張マンガ編集部への参加など、さまざまな取り組みをおこなっております。

booklistaSTUDIOweb
https://studio.booklista.co.jp/
booklistaSTUDIOについてのお問い合わせ
https://studio.booklista.co.jp/partner

※「booklistaSTUDIO」は、株式会社ブックリスタの商標登録です。

ブックリスタについて


ブックリスタは、「エンタメ×テック(知的好奇心×感動体験)」のビジョンのもと、電子書籍に関する各種事業を展開し、電子書籍ストアの総合的な運営をトータルにサポートしています。同時に、CRM強化による利益拡大と利益率改善を推進しています。また、デジタルマーケティング、各種分析、自社開発ソリューションのライセンス提供拡大、新規事業の本格的なマネタイズ、オリジナルコンテンツ(IP)の創造に着手しています。あらゆるエンタテインメントに対象を広げ、デジタルテクノロジーを駆使しながら、新しい価値の創出を実現していきます。
https://www.booklista.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ