この記事はPR TIMESからの提供を受けています。記事内容についてはPR TIMESへ、記事で紹介している商品・サービスに関する詳細は発売・配信元のメーカーへお問い合わせください。
株式会社Killinzy
Unity杯の卒業生らによる大会、Unityニュージェネレーションズフェス2023の決勝が行われ、グランプリと各審査員賞が決定しました。

Unityニュージェネレーションズフェス2023の決勝大会が12月3日にN/S高等学校で開催され、グランプリ1作品と審査員賞4作品が決定しました。当日の会場には一般来場者も訪れ、各クリエイターの発表を聴講するだけでなく、応募されたゲームで遊んだり、クリエイターと交流したりといった風景も見られました、 Unityニュージェネレーションズフェス2023は、Unityユースクリエイターカップ2023(Unity杯)の開催中止を受け、大会卒業生たちにより立ち上げられた新世代のゲームクリエイターの発掘と交流を目的としたゲーム開発の全国大会です。 この度、2023年12月3日(日) N高/S高 代々木キャンパスにて開催予定の決勝大会に進出する7作品が決定したことをお知らせいたします。


【Unityニュージェネレーションズフェスとは】


Unityニュージェネレーションズフェスは、新世代のゲームクリエイターの発掘と交流を目的としたゲーム開発の全国大会です。
この大会は、過去のUnityユースクリエイターカップの卒業生たちによって運営され「ゲーム作りは青春だ」というコンセプトの元、大会を通じて多くの人々に「ゲームクリエイターってカッコいい」と感じて頂きたいと考えています。
公式サイト:https://ungf.killinzy.com/

https://www.youtube.com/watch?v=hpqSUcox0rQ
当日行われたYouTube配信アーカイブは上記のリンクよりご確認いただけます。ぜひご覧ください。

また、公式サイトから出場者のゲームをダウンロードしてプレイすることができます。
ぜひ、この機会にプレイしてみてください。
【Unityニュージェネレーションズフェス2023 受賞者】


賞については、各審査員が「好きなゲーム」に送る、各審査員賞に加え、審査員の中で最も評価が高かったゲームに送られる「グランプリ」を用意しております。

グランプリ「Fluid・Escape」


クリエイター: コウ


南治一徳 審査員賞「The One-Man Army」


クリエイター: kome_dawara



伊藤周 審査員賞「Hunt Ghost」


クリエイター: sousou



えふぇこ 審査員賞「石ころ脱出大作戦」


クリエイター: haru



寺本大輝 審査員賞「BlockWorld Ai」


クリエイター: 三浦 大幹


決勝進出賞「Spacecraft」


クリエイター:ゆっち

決勝進出賞「Fill it! オンライン」


クリエイター:だいと

【決勝各審査員のコメント】


株式会社ビサイド 南治一徳

予想以上にしっかりと発表していてびっくりしました。 ゲームのプレゼンテーションは通常ゲームの内容が中心になりがちですが、それだけでなくどういった技術をつかっているかまでしっかり解説していて、「本当に自分でしっかり作っているんだな」ということが伝わってきました。 今回のようなイベントに出すことは非常に良い経験になりますし、ゲームはフィードバックが必ず返ってきますから何かしら完成させて世の中に出すというのは大事だと思います。





おなかソフト 伊藤周

公式のUnity杯がなくなってしまったあとに開催されたこの大会を振り返って「本当にこういった機会があってよかった…!」と思いました。 様々な大会がありますが、中高生に向けて同じ条件で競い合う成果発表の場があるということは改めて良かったなと感じました。 ゲームを作りきるというのは大変難しいことですが、このような発表の場を目標としてつくりきるということをこれから頑張ってもらいたいと思います。







明治大学総合数理学部 えふぇこ

「皆さんプレゼンがうますぎる…!」というのが率直な感想です。 プレゼンや懇親会を通して、ゲーム制作の裏側であったり、ゲーム開発の原動力について聞けたことも嬉しく思っています。 ちょっとしたところでプレイヤーの心を掴んでくれるゲームが特に刺さりましたね。 ゲームは自分の強みで戦えるメディアだと思っているので、自分の「好き」を握りしめてゲームを作り続けてほしいと思っています。







ハックフォープレイ株式会社 寺本大輝

ゲームのクオリティが高いのは最初からわかっていたのですが、プレゼンテーションのレベルも高くて、シンプルに「スゴイな…」と思いました。 「こういうふうに作ってるんだ」と勉強になったし、作っている熱意の根源も含めて発表されているのが「いいな」と感じています。 こういったイベントに参加すると、通常学校では出会えないような友達にも出会えますし、その付き合いは一生物になります。 この出会いを是非大切にしてほしいです。 そして、今回のイベントはこれまでこういったイベントの恩恵を受けてきた側の人達が「こういうイベントをやりたいんだ!」という熱意のもと立ち上げたということにも意義があると思っています。これからもこういったイベントが継続し、そして更に次の世代がこういった機会を受け継いでいってくれることを願っています。

【2024年夏も新イベントを開催予定!】



イベント名:ゲームクリエイターヒーローズ
中高生ゲームクリエイターに「仲間ができる」イベントを企画しております。
続報をお待ち下さい!

公式X(Twitter)アカウント;https://twitter.com/gchs_jp













【お問い合わせ先】


本記事に関するお問い合わせは、下記メールアドレス宛にご連絡ください。
ungf@killinzy.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ