この記事はPR TIMESからの提供を受けています。記事内容についてはPR TIMESへ、記事で紹介している商品・サービスに関する詳細は発売・配信元のメーカーへお問い合わせください。
株式会社GOYOH
ワクワクする体験 × 不動産でサステナビリティを生み出す仕掛け人に

世界的人気ゲーム「Fortnite」(フォートナイト)の元コミュニティマネージャーとして知られる今井翔太氏が、2023年12月より株式会社GOYOH(本社:東京都新宿区、代表取締役:伊藤 幸彦、以下「GOYOH」)のアドバイザーに就任しました。


GOYOHの事業戦略アドバイザーに就任した今井氏は、EPIC GAMES JAPANのコミュニティマネージャーを経て、3DCGアニメーション、メタバース、eスポーツ、インフルエンサーマーケティング、コミュニティマネジメントに精通した専門家として、世界的な活動を展開しています。今後、GOYOHが展開するSaaS型不動産ESGプラットフォーム「EaSyGo」における、不動産利用者に向けた体験価値向上やサービスの進化をサポートしていきます。

■ 背景
「EaSyGo」は、ESGパフォーマンスの向上を通じて不動産の社会的・経済的な価値を向上させ、サステナブルな社会を生み出すサービスです。不動産利用者やテナントと連携し、環境・社会インパクトの創出に向けた取り組みの実施、定量化、解析、最適化を行います。

2023年12月1日現在、世界的な機関投資家が保有する日本全国の260物件を超える住宅やビルに導入され、住む、働く、訪れる数多くの人々にサステナブルなアクションの機会を提供しています。



GOYOHはこの働きかけにおいて、行動科学に基づいた行動変容プログラムの提供といった科学的なアプローチに加え、人々の行動を喚起する「ワクワクする体験や仕組み」が核心的な重要要素だと考えます。テクノロジーの活用により、人々の生活空間でそれ(ワクワクする体験や仕組み)と化するアニメーション、ゲーム、VR、メタバースといった次世代型コンテンツを不動産の舞台に組み込むという長年の目標を、卓越した能力と知見を備える今井氏の参画により、実現できることとなりました。


■ 今後の展開
今後、EaSyGoでは今井氏の稀有な見識、経験、影響力を活かし、不動産利用者が「ワクワクする体験」とともに「サステナブルな取組みに参加できる」機会や機能を提供し、不動産利用者に向けたBtoCサービス領域の拡大に向け、新たな一歩を踏み出します。
また、都市・リゾート開発の分野でも、ユーザー視点でのワクワクする体験とそれを可能にするテクノロジー、さらにサステナブルなコミュニティ開発を融合させた仕掛けづくりを進めてまいります。今後のEaSyGoの展開にご注目ください。


<プロフィール>

今井 翔太
株式会社GOYOH アドバイザー
米国ニューヨーク市のスクール・オブ・ビジュアルアーツ(SVA)を卒業後、CGIVFXのテクニカルアーティストや講師を経て、EPIC GAMES JAPANに入社。コミュニティマネージャーとして世界的な人気ゲーム「Fortnite」(
フォートナイト)や「Fall Guys」(フォールガイズ)のコミュニティ拡大に大きく貢献する。
現在は、3DCGビジュアライゼーション、メタバース、eスポーツ、インフルエンサーマーケティング、コミュニティマネジメントの専門家として、世界的な活動を展開中。




GOYOHは、不動産に次世代の付加価値「ソフト価値」を与える不動産テックスタートアップです。最先端のテクノロジーを活用し、ESGに特化したアセットマネージャー向けサービス(EaSyGo)や、グローバル機関投資家向けの各種サービスを提供しています。
ウェブサイト:https://www.goyoh.jp/easygo/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ