この記事はPR TIMESからの提供を受けています。記事内容についてはPR TIMESへ、記事で紹介している商品・サービスに関する詳細は発売・配信元のメーカーへお問い合わせください。
アル株式会社
アル株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:古川健介、以下アル)は、2023年11月30日、漫画ファンコミュニティサービス「musubi」を、株式会社集英社「少年ジャンプ+」編集部と共同でリリースいたしました。また第1弾として、「少年ジャンプ+」で連載中の『シバタリアン』(著・イワムロカツヤ)公式コミュニティをオープンしたことをお知らせいたします。


musubiとは


連載中の漫画作品を応援するプロジェクトを企画・開催し、ファンの方々と一緒に盛り上げていくコミュニティサービスです。

これまでファンが作品を応援する手段として、各種SNSや漫画サイトで感想を投稿したり、作者のSNSをフォローするなど、個々のアクションが中心となっていました。musubiでは、作品のファン同士がコミュニティに集まり、応援プロジェクトに参加して作品の盛り上げに貢献することができます。

今後は、第1弾『シバタリアン』コミュニティで得た知見を元に、musubiのコンセプトに合った漫画作品のコミュニティを展開していく予定です。

『シバタリアン』とは


株式会社集英社が運営する漫画誌アプリ「少年ジャンプ+」にて2023年4月6日より隔週連載を開始し、11月2日には最新コミックス2巻が発売されました。

あらすじ
中学3年生の春。主人公・佐藤は、桜の下に埋まっている柴田を見つけた。一緒に映画を鑑賞し、柴田と友情を深めていく。そんな中、文化祭の展示作品として映画を撮ることになったのだが…。しかし、柴田を知る人は、校内に誰もいなかった…。誰も知らない柴田を知って、世界の全てが柴田になる――。柴田の、柴田による、柴田のための物語、上映開始。

プロジェクト展開



『シバタリアン』をファンと一緒に盛り上げるプロジェクトを順次展開していきます。プロジェクト参加には会員登録(無料)が必要です。登録順に入会証(デジタル会員証)が発行されます。

シバタリアン公式コミュニティ URL
https://www.musubi.club/

1.『シバタリアン』イラストコンテスト
新しいシバタキャラのアイデアをイラストで描いて応募すると、審査に通った10作品の制作者にイワムロカツヤ氏のサイン入り色紙をプレゼント。さらにその中からユーザー投票で選ばれた1作品は、イワムロ氏が原案イラストを元にキャラクターを描き『シバタリアン』本編に登場します。

2.シバタリアンRADIO
『シバタリアン』に関する質問を、イワムロ氏と担当編集が音声で回答します。ラジオでは制作秘話や告知なども公開予定です。

新しいプロジェクトの発表やプロジェクト進捗は公式コミュニティサイトのほか、Xアカウントでもお知らせします。

シバタリアン公式コミュニティ「musubi」Xアカウント
https://x.com/musubi_alu

お問い合わせ先について


取材依頼につきましては下記ページ内の「アル社への取材について」から、協業のご提案やヒアリングについては同じく「アルのサービスについて」からお問い合わせください。

https://alu.co.jp/inquiry

アル株式会社について


アル株式会社は、新興テクノロジーを活用することで「クリエイティブ活動が加速する世界を実現する」ことを目指す企業です。

大手出版社と提携した漫画メディア・コミュニティサービス「アル」から事業をスタートし、クリエイター支援のためのサービス開発・運営、大手出版社やレコード会社をはじめとしたさまざまな企業とアライアンス事業を実施してきました。

また、昨年9月にはWeb3 / NFT領域へ参入。初心者向けの成長するNFT「marimo」で1万点の完売を達成したほか、今年3月に一般販売を開始したきせかえできるNFT「sloth」では1万点以上を売り上げています。

今年5月には、集英社少年ジャンプ+編集部と共同開発した漫画制作サポートAIサービス「コミコパ」をリリースし、公開から10日間でユーザー数2万5000人を突破しました。

詳細については、アル株式会社のWebサイトをご覧ください。
https://alu.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ