この記事はPR TIMESからの提供を受けています。記事内容についてはPR TIMESへ、記事で紹介している商品・サービスに関する詳細は発売・配信元のメーカーへお問い合わせください。
株式会社KADOKAWA
受賞作は書籍化、漫画化、映像化! 2023年12月1日より応募受付開始

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、取締役 代表執行役社長 CEO:夏野剛、以下KADOKAWA)は、株式会社はてな(本社所在地:京都市中京区 代表取締役社長:栗栖義臣)と共同で開発したWeb小説サイト「カクヨム」において、2023年12月1日から2024年2月1日まで、優れたエンタテインメント小説を幅広く募集する「第9回カクヨムWeb小説コンテスト」を開催します。 ■「第9回カクヨムWeb小説コンテスト」特設ページ https://kakuyomu.jp/special/entry/kakuyomu_web_novel_009


「カクヨムWeb小説コンテスト」は、月間PV数6.5億PV以上、月間利用者数570万人以上(会員登録110万人以上)のWeb小説サイト「カクヨム」において、KADOKAWAが主催する日本最大級の小説コンテストです。第8回は応募総数20,447作品と過去最大の規模となりました。
第9回もファンタジーから本格文芸まで、オールジャンルの作品を全8部門で募集。受賞者は書籍化・コミカライズ・映像化への道が拓かれます。

前回は史上最多の116作品が受賞!KADOKAWAの総数40の編集部が選考参加


応募された作品のうち、読者選考を突破した作品を、KADOKAWAの総数40の小説・コミック編集部及びレーベルが合同で審査し、優秀作を決定します。
前回は史上最多となる116作品が受賞となりました。現在、受賞作の書籍化・コミカライズが着々と進行しています。(前回の結果はこちら https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000012737.000007006.html
第9回でも前回同様、大賞受賞作は賞金100万円の授与に加え、選考参加レーベルのいずれかより書籍化され、「ComicWalker漫画賞」受賞作は小説の書籍化有無にかかわらず、コミカライズへの道が開かれます。

400字から気軽に応募できる「カクヨムWeb小説短編賞2023」も同時開催!


「カクヨムWeb小説短編賞」では、400字~1万字の短編小説、エッセイを募集します。原稿用紙1枚分から応募できるので、初心者の方も挑戦しやすい賞です。短編小説部門の短編賞受賞作品は、『月刊コミックフラッパー』にコミカライズ作品が掲載される予定です。
また、今回は、短編賞においても文芸ジャンルの作品の創作に挑戦していただきたいという願いを込めて、特別賞「円城塔賞」を設けます。賞名の通り、選考委員はカクヨムで実際に活動をされている円城塔先生(https://kakuyomu.jp/users/enjoetoh)がつとめます。円城塔賞受賞作品は、『小説 野性時代』(2024年8月号)に掲載される予定です。

読者にも受賞のチャンス!4賞を新設


第9回では読者にもより積極的にカクヨムコンを楽しんでもらうべく、4賞を新設します。

1.カクヨムコン史上初!読者が受賞できる、スコッパー賞
読者選考期間中に、複数以上の受賞作品に対して文字ありレビューを投稿したユーザー1名に賞金10万円を授与します。受賞者は、受賞を的中させた作品数とレビューの内容を複合的に評価して選出します。

2.読者の熱量を評価!最熱狂賞&最熱狂レビュー賞
最熱狂賞(各部門1名)は、文字ありレビューの投稿数が最も多い作品を表彰します。PV等ではなく、レビューにあらわれる読者の熱量を評価しますので、読者の熱いレビュー投稿が受賞の鍵となります。
さらに、最熱狂賞を受賞した作品に投稿されたレビューのうち、作品への熱量が最も感じられたものを最熱狂レビュー賞(各部門1名)として表彰し、賞品としてAmazonギフトカード5000円分を授与します。

3.Web小説の目利きが選ぶ!特別審査員賞
特別審査員賞(異世界ファンタジー部門・現代ファンタジー部門・恋愛部門・ラブコメ部門・ライト文芸部門・ホラー部門・エンタメ総合部門より各部門3作品)は、各部門の特別審査員が推したい作品を選出します。受賞作品は最終選考にノミネートされ、特別審査員による推薦コメントとともに最終審査で選考委員に審査されます。
特別審査員はカクヨムに精通しているカクヨム公式レビュワーやカクヨムユーザーが務めます。読者に近い視点を持つ、Web小説の目利きがどの作品を選ぶのか、注目です。

第9回カクヨムWeb小説コンテスト概要


●募集部門
異世界ファンタジー部門、現代ファンタジー部門、恋愛(ラブロマンス)部門、ラブコメ(ライトノベル)部門、ライト文芸部門、ホラー部門、エンタメ総合部門、カクヨムプロ作家部門

●主な賞
・大賞(各対象部門より1名)
正賞:記念品、副賞:賞金100万円。受賞作はKADOKAWAより出版予定です。
・特別賞(各部門若干名)
正賞:記念品。受賞作は推薦した編集者が担当し、KADOKAWAより出版を目指します。
・ComicWalker漫画賞(各部門若干名)
正賞:記念品。受賞作は推薦したコミック編集部が担当し、KADOKAWAの選定作家により漫画作品としてコミカライズしたうえで、KADOKAWAの媒体にて発表を目指します。
・映画・映像化賞(若干名)
正賞:記念品。受賞作は推薦した映像企画制作部門が担当となり、映像作品として発表を目指します。

●選考委員
・小説編集部
MFブックス編集部、MF文庫J編集部、角川スニーカー文庫編集部、角川ビーンズ文庫編集部、カドカワBOOKS編集部、電撃の新文芸編集部、電撃文庫編集部、角川文庫編集部、角川文庫キャラクター文芸編集部、角川ホラー文庫編集部、角川ルビー文庫編集部、ジュエルブックス編集部、ドラゴンノベルス編集部、ビーズログ文庫編集部、ファミ通文庫編集部、ファンタジア文庫編集部、富士見L文庫編集部、文芸単行本編集部、ホビー書籍編集部、メディアワークス文庫編集部
・コミック編集部
アライブ編集部、アパンダ編集部、COMICit編集部、コミックニュータイプ編集部、コミックフラッパー編集部、コミックブリッジ編集部、コンプエース編集部、コンプティーク編集部、少年エース編集部、シルフ編集部、ジーン編集部、タテスクコミック編集部、電撃コミック レグルス編集部、電撃大王編集部、電撃だいおうじ編集部、電撃マオウ編集部、ドラゴンエイジ編集部、ヒュー編集部、FLOS COMIC編集部、ヤングエース編集部
・映像企画制作部門

●開催スケジュール
応募受付期間:2023年12月1日(金) 12:00 ~ 2024年2月1日(木) 11:59
読者選考期間:2023年12月1日(金) 12:00 ~ 2024年2月8日(木) 11:59
中間選考結果発表:2024年3月頃/発表
最終選考結果発表:2024年5月頃/本サイト上にて発表

●応募方法
1.カクヨムに会員登録し作品を公開する
2.参加したいコンテスト・部門を選ぶ(2023年12月1日12時からエントリー可)
3.応募締切(2024年2月1日11時59分)までに本文が10万文字に到達(短編賞は400字以上1万字以内で完結)

詳細はコンテスト特設ページ、応募要項をご確認ください。
■「第9回カクヨムWeb小説コンテスト」特設ページ
https://kakuyomu.jp/special/entry/kakuyomu_web_novel_009
■「第9回カクヨムWeb小説コンテスト」応募要項
https://kakuyomu.jp/contests/kakuyomu_web_novel_009/detail
■「カクヨムWeb小説短編賞2023」応募要項
https://kakuyomu.jp/contests/kakuyomu_web_short_2023/detail

カクヨムWeb小説コンテスト概要


カクヨムWeb小説コンテストは、Web小説の世界に新たな潮流を巻き起こすべく設立された、オールジャンルの小説コンテストです。応募された作品のうち、読者による投票で高い支持を得た作品は最終審査にノミネートされます。最終選考はKADOKAWA内の小説・コミック編集部が合同で審査を行い、優秀作品を決定します。

「カクヨム」とは


「カクヨム」は物語を愛する全ての人たちへ、誰でも自由なスタイルで物語を書ける、読める、お気に入りの物語を他の人に伝えられる、Web小説サイトです。大賞受賞者が書籍化の権利を手にできる「カクヨムWeb小説コンテスト」をはじめとした数々のコンテストの実施や、KADOKAWA内外の人気作品について二次創作の投稿を認めるなど、様々な形での創作活動を支援している。https://kakuyomu.jp/

関連情報


■「第9回カクヨムWeb小説コンテスト」特設ページ
https://kakuyomu.jp/special/entry/kakuyomu_web_novel_009
■Web小説サイト「カクヨム」
https://kakuyomu.jp/
■「カクヨム」公式X(Twitter)
https://twitter.com/kaku_yomu
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ