この記事はPR TIMESからの提供を受けています。記事内容についてはPR TIMESへ、記事で紹介している商品・サービスに関する詳細は発売・配信元のメーカーへお問い合わせください。
株式会社キョードーメディアス

12月3日(土)、「中野×杉並×豊島アニメ・マンガフェス2022」のイベントとして、YouTube公式チャンネル「東映アニメーションミュージアムチャンネル」にて「マジンガーZ」の誕生50周年を記念した特別番組『マジンガーZ 50周年記念特番Z』が配信された。


(C)ダイナミック企画・東映アニメーション

「マジンガーZ」の50周年記念ということで、テレビ放送が始まった50年前と同時刻12月3日(土)19時に水木一郎の「マジンガーZ」の歌唱で番組がスタートした。メカニックデザイナーの宮武一貴などによるVTRコメントや兜甲児役・石丸博也からのコメント、先日行われた、特別企画「ファンが選ぶ『マジンガーZ』 ベストエピソード大投票」の結果発表など50周年ならではの内容に交えて、司会の五十嵐浩司、本多真梨子、そしてゲストの稲田徹、寺田貴信、岡崎聖、早川優などによる「マジンガーZ」についての熱いトークで大いに盛り上がった。
最後には原作者永井豪からのコメントと水木一郎の「マジンガーZ」のエンディングテーマ『ぼくらのマジンガーZ』の歌で締めくくられた。

また番組内にて「MAZINGER THE MOVIE 1973-1976 4Kリマスター版」の発売が発表された。
1973年から1976年に【東映まんがまつり】にて公開された、「マジンガーZ」「グレートマジンガー」「ゲッターロボ」「UFOロボ グレンダイザー」の劇場版が4KリマスターBOXで発売する。5Kスキャン&4KHDRリマスターにより、オリジナルの35ミリネガフィルムの情報を鮮やかに再現。鮮明な映像による、新しい劇場版マジンガーシリーズが誕生した。キャラクターの色合いだけでなく、フィルムが本来持っていた美術・背景の細部や、暗くて視認できなかったシーンなどがより豊かな表現で蘇る。

(C)ダイナミック企画・東映アニメーション (C)東映
     
番組の枠を超えデビルマンとの夢の競演を果たした「マジンガーZ対デビルマン」や、テレビ放送に先駆けグレートマジンガーを登場させた衝撃の「マジンガーZ対暗黒大将軍」、そしてスーパーロボットが大集合して戦う「決戦!大海獣」、さらにはグレンダイザーのプロトタイプともいえるガッタイガーが登場する「宇宙円盤大戦争」など至高の劇場用オリジナル7作品。オリジナル音声に加え、擬似5.1ch音声も収録(一部作品を除く)、シネマスコープサイズで製作された本作品を、これまでになく存分に楽しめる仕様となっている。

本番組は2023年3月31日(金)23時59分までアーカイブ配信の視聴が可能。また、番組内で「マジンガーZ」第1話が配信となったが、第2話より、東映アニメーションチャンネルにて毎週土曜日19時から『マジンガーZ』が1話ずつ継続して配信される。2023年7月18日には「マジンガーZ対デビルマン」、2024年の7月25日には「マジンガーZ対暗黒大将軍」を配信予定。
50周年を迎えて大盛り上がりの「マジンガーZ」からまだまだ目が離せない。




【番組概要】
番組名:中野×杉並×豊島アニメ・マンガフェス2022 『マジンガーZ50周年記念特番Z』
日時:2022年12月3日(土)19:00開始
配信チャンネル:東映アニメーションミュージアムチャンネル
https://www.youtube.com/c/ToeiAnimation60th
番組URL:https://youtu.be/TLZFUEWdK38


<アーカイブ配信期間> 配信終了後から2023年3月31日(金)23:59まで

司会:五十嵐浩司、本多真梨子
ゲスト:
■スタジオ出演
水木一郎・稲田徹(声優)・寺田貴信(ゲームクリエイター)・
岡崎聖(BANDAI SPIRITS)・早川優(ライター)

中野大好きナカノさん

■VTR出演
永井豪(漫画家)・宮武一貴(メカニックデザイナー)・福田己津央(アニメーション監督)
大河内一楼(脚本家)・越智一裕(アニメーター)・野中剛(デザイナー)・岩坂照之(前田建設)・
関智一(声優)・むらた雅彦(アニメーション監督)・博史池畠(アニメーション監督)・
兵頭一歩(脚本家)・長谷川裕一(漫画家)

主催:中野・杉並・豊島アニメ等地域ブランディング事業実行委員会
協力:東映アニメーション、東映ビデオ、BANDAI SPIRITS

【商品概要】
MAZINGER THE MOVIE 1973-1976 4Kリマスター版

マジンガーZ生誕50周年!至高の劇場用オリジナル7作品が4KリマスターBOX で登場!
5Kスキャン&4KHDRリマスターの鮮明な映像による、新しい劇場版マジンガーシリーズが誕生!!
(C)ダイナミック企画・東映アニメーション (C)東映
(C)ダイナミック企画・東映アニメーション (C)東映

【商品1】
MAZINGER THE MOVIE 1973-1976 4Kリマスター版 (4K ULTRA HD Blu-ray & Blu-ray Disc 4枚組)
<収録作品>
・「マジンガーZ対デビルマン」(1973年7月公開/43分)
・「マジンガーZ対暗黒大将軍」(1974年7月公開/43分)
・「グレートマジンガー対ゲッターロボ」(1975年3月公開/30分)
・「グレートマジンガー対ゲッターロボG 空中大激突」(1975年7月公開/24分)
・「宇宙円盤大戦争」(1975年7月公開/30分)
・「UFOロボ グレンダイザー対グレートマジンガー」(1976年3月公開/25分)
・「グレンダイザー・ゲッターロボG・グレートマジンガー 決戦!大海獣」(1976年7月公開/31分)

<初回特典>
◆ブックレット(4p予定)
◆ボーナスディスク(Blu-ray)※2012年発売のBlu-rayBOX付属のディスクと同じものです
・「これがUFOだ!空飛ぶ円盤」(1975年3月公開/16分)
・「マジンガーZ」(1973年3月公開/25分)【#5「ゴーストマジンガー出現」ブローアップ版】
・「マジンガーZ対ドクターヘル」(1974年3月公開/25分)【#57「Dr.ヘル日本占領」ブローアップ版】
・「ゲッターロボ」(1974年7月公開/25分)【#6「恐竜!東京ジャック作戦」ブローアップ版】
・「UFOロボ グレンダイザー」(1975年12月公開/25分)【#7「たとえ我が命つきるとも」ブローアップ版】
・「UFOロボ グレンダイザー 赤い夕陽の対決!」(1976年12月公開/25分)【#49「赤い夕陽に兄を見た!」ブローアップ版】

USTD20724/20,000円+税/COLOR/本編226分/<ULTRA HD Blu-ray>2層2枚 <Blu-ray>2層2枚/<ULTRA HD Blu-ray>1.リニアPCM(5.1ch) 2.リニアPCM(オリジナル音声:モノラル) <Blu-ray>1.リニアPCM(5.1ch) 2.リニアPCM(オリジナル音声:モノラル)/<ULTRA HD Blu-ray>16:9(シネスコ)【2160p Ultra Hi-Def】 <Blu-ray>16:9(シネスコ)【1080p Hi-Def】

【商品2】
【東映円盤堂限定予約版】
MAZINGER THE MOVIE 1973-1976 4Kリマスター版BOX(4K ULTRA HD Blu-ray & Blu-ray Disc5枚組)
商品1に加え、下記特典をセットにした豪華版
<特典>
◆スペシャルブックレット(60ページ予定)
◆「マジンガーZ対デビルマン」復刻台本(96ページ)
◆「マジンガーZ対暗黒大将軍」復刻台本(84ページ)
◆「マジンガーZ対デビルマン」復刻絵コンテ(300ページ)
◆「マジンガーZ対暗黒大将軍」復刻絵コンテ(316ページ)
※復刻台本・絵コンテは、現存する素材をもとに、リサイズ復刻したものです。
◆ブックレット(4ページ予定)

USTD40407/32,000円+税

【販売元】東映株式会社 【発売元】東映ビデオ株式会社
【コピーライト】(C)ダイナミック企画・東映アニメーション (C)東映
公式サイト:https://www.toei-video.co.jp/special/mazinger-z/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ