この記事はPR TIMESからの提供を受けています。記事内容についてはPR TIMESへ、記事で紹介している商品・サービスに関する詳細は発売・配信元のメーカーへお問い合わせください。
株式会社ソラジマ
『鬼滅の刃』や『ドラゴンボール』といった超人気作品と並ぶ、驚異のランキング結果とは?

株式会社ソラジマ(SORAJIMA)の人気作品『逆行令嬢の復讐計画』が、3億人以上のユーザー数を誇る中国の漫画アプリ「快看」において連載を開始しました。人気ランキングでは『ドラゴンボール』(集英社)の次に位置し、日本のWebtoonにおいてはトップの成果を出しています。


■背景
株式会社ソラジマ(ブランド名:SORAJIMA)は、オリジナルのWebtoon(フルカラー縦読み漫画)を制作・配信しているエンタメベンチャーです。現在、Webtoonの本場韓国の「カカオページ」に進出するなど、世界10か国で作品を公開し、海外展開を加速させています。

そのソラジマが、2022年11月26日、中国最大のプラットフォーム「快看」において、人気作品「逆行令嬢の復讐計画」をリリースしました。


担当者は、中国において漫画のカルチャーが浸透していること、Webtoon人気が高まっていること等を中国進出の背景として挙げています。


■「快看」について



快看は2014年にオープンした中国最大の新世代コンテンツコミュニティとオリジナルIPプラットフォームで、8000部以上の作品を持ち、3億人を超えるユーザー数を誇ります。


■作品について



今回中国でリリースされた『逆行令嬢の復讐計画』は、婚約者と親友に裏切られ、一家で処刑された主人公ソフィアが、過去に戻り運命を変え、裏切り者に復讐すべく奮闘するストーリーです。

2022年3月4日に漫画アプリ「comico」にて連載を開始し、公開直後からランキング1位を獲得するなど注目の人気作品となっています。


担当編集者が中国の人気漫画ランキングを分析した結果、「逆行もの(過去をやり直すストーリー)」は中国で根強い人気があり、特に聡明で強気なヒロインが支持される傾向があることが分かりました。そういった観点からも、『逆行令嬢の復讐計画』は中国において人気作となる可能性が高いと関係者は考えています。


■中国での反応



快看においてリリース後、既に1万人以上が「お気に入り」登録をしています。また、快看が発表している「快看で最も人気のある日本漫画ランキング」においては、日本を代表する作品『鬼滅の刃』(集英社)や『ドラゴンボール』(集英社)に次いでランクインしており、日本のWebtoon作品の中ではトップに位置しています。


■今後の展望について



海外進出に関しては、初めから順調だったわけではありません。初期の頃は作品数も少なく、海外のプラットフォームに取り上げられることは難しかったと関係者は語ります。

しかし、「comico」や「LINEマンガ」などの漫画アプリにおいて、数多くのヒット作を生み出したことが評価され、SORAJIMAのWebtoonは海を超えて注目される存在となりました。

現在は世界10か国で作品を公開していますが、今後も更に海外展開を加速させていきたいと考えております。


【会社概要】

社名:株式会社ソラジマ
ブランド名:SORAJIMA
所在地:141-0031東京都品川区西五反田7丁目1番10号U's-1ビル 3階
経営陣:代表取締役Co-CEO 萩原鼓十郎・前田儒郎
設立年月:2019年2月
事業内容:コンテンツIPの制作・配信
URL: https://sorajima.jp/


本件に関するお問い合わせ・取材等のお申し込みは、以下のメールアドレスまでお願い致します。
maika.suno@sorajima.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ