この記事はPR TIMESからの提供を受けています。記事内容についてはPR TIMESへ、記事で紹介している商品・サービスに関する詳細は発売・配信元のメーカーへお問い合わせください。
株式会社エクシング
株式会社エクシング(本社:名古屋市瑞穂区、代表取締役社長:水谷 靖)は、業界最多34万曲(※1)以上の配信曲数を誇る業務用通信カラオケ「JOYSOUND」シリーズ、および「UGA」シリーズにて歌唱された楽曲の回数に基づき集計した「2022年JOYSOUNDカラオケ年間ランキング」(※2)を、本日12月5日(月)に発表します。さらに、特設ページでは、楽曲ランキング(総合)、アーティストランキング(総合)でそれぞれ首位を獲得した優里さんとAdoさんからのコメント動画も公開しております。 <ランキング発表カテゴリ> ・楽曲(総合)TOP30、アーティスト(総合)TOP20 ・ジャンル別ランキング(アニメ/特撮/ゲーム、ネット発アーティスト楽曲、VOCALOID(TM)、演歌/歌謡曲)TOP20 ・2022年発売曲ランキング(総合、アニメ/特撮/ゲーム、K-POP/韓国曲)TOP10




▽2022年JOYSOUNDカラオケ年間ランキング 特集ページ:
https://www.joysound.com/web/s/karaoke/contents/annual_ranking/2022
※ランキングのほか、優里さん、Adoさんからのコメント動画も公開中



トピックス

■楽曲ランキング(総合)
優里「ドライフラワー」が2年連続で首位獲得!Saucy Dog「シンデレラボーイ」は、昨年圏外から2位に大躍進!

(参考)通信カラオケ誕生30周年を迎えた2022年。過去30年の年間ランキングで、2年連続で首位を獲得したのは、Mr.Children「innocent world」(1994・1995)、GReeeeN「キセキ」(2008・2009)、AKB48「ヘビーローテーション」(2011・2012)、米津玄師「Lemon」(2018・2019)の全4曲。いずれも、今も歌い継がれる名曲ばかりです。

■アーティストランキング(総合)
「うっせぇわ」をはじめ、映画『ONE PIECE FILM RED』の関連曲など、ヒット連発のAdoが初の首位を獲得!

■2022年発売曲ランキング(総合)
首位の『鬼滅の刃』遊郭編のOP曲 Aimer「残響散歌」をはじめ、『SPY×FAMILY』や『ONE PIECE FILM RED』の関連曲など、TOP10中6曲をアニメソングが占める結果に!



楽曲ランキング(総合)

カラオケ年間ランキングの頂点を掴んだのは、優里「ドライフラワー」。2年前に出演し、ブレイクのきっかけとなったYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」の再生回数は驚異の1億回を突破。カラオケにおいても、その勢いはとどまることなく、2年連続で首位を堅持しました。
2位には、昨年末からMVや歌詞がSNSで話題を呼び、若年層からの支持を獲得したSaucy Dog「シンデレラボーイ」が、昨年圏外からランクアップ!ここ数年は、TikTokやYouTubeをはじめ、SNSからヒットが誕生する傾向が続いています。また、8位のAimer「残響散歌」、16位のマカロニえんぴつ「なんでもないよ、」、30位のAdo「新時代 (ウタ from ONE PIECE FILM RED)」など、昨年から今年にかけてリリースされた楽曲がTOP30に9曲もランクインするなど、新たなカラオケヒット曲も誕生しています。




アーティストランキング(総合)

首位に輝いたのは、楽曲ランキング(総合)でTOP30に4曲ものランクインを果たしたAdo。映画『ONE PIECE FILM RED』に登場する歌姫・ウタの歌唱パートを担当し、圧倒的な存在感を発揮。本作の主題歌や劇中歌も若年層を中心に支持を受け、堂々の1位に輝きました。いま、若い世代から注目を集めるバンド、Saucy Dogは昨年圏外から6位にランクアップ。このほか、マカロニえんぴつが9位、Aimerが11位、Vaundyは16位、King Gnuが18位と、複数のアーティストが昨年から大きく順位を上げ、TOP20入りを果たしました。





2022年発売曲ランキング(総合

TVアニメ『鬼滅の刃』遊郭編のOP曲として注目を集めたAimer「残響散歌」が、上半期の勢いをそのままに首位を獲得。TVアニメ『SPY×FAMILY』OP主題歌のOfficial髭男dism「ミックスナッツ」が2位、Adoが歌う映画『ONE PIECE FILM RED』の関連曲がTOP10に4曲ランクインと、アニメソングのヒットが目立った1年に。4位の優里「レオ」、5位のSEKAI NO OWARI「Habit」、7位のぬゆり feat.flower「ロウワー」、8位のきゃない「バニラ」など、TikTokの歌ってみた動画などで注目を集めた楽曲も上位に。





《ジャンル別ランキング》

◆アニメ/特撮/ゲームランキング
カラオケの定番曲の高橋洋子「残酷な天使のテーゼ」が堂々の1位!本楽曲は、通信カラオケ誕生から30年間で、最も歌われた楽曲としても首位に輝きました。『SPY×FAMILY』OP主題歌のOfficial髭男dism「ミックスナッツ」は、リリースからわずか約7ヶ月で5位を獲得。『鬼滅の刃』をはじめ、国内外で大ヒットを記録した映画『ONE PIECE FILM RED』の関連曲が複数曲ランクインを果たしています。


◆2022年発売曲ランキング(アニメ/特撮/ゲーム)
『鬼滅の刃』遊郭編OP曲のAimer「残響散歌」が1位、『SPY×FAMILY』OP主題歌のOfficial髭男dism「ミックスナッツ」が2位と、大ヒットアニメの主題歌が上位を席巻!なかでも存在感を示したのが、圧倒的な歌唱力を誇り、絶大な支持を集めているAdo。映画『ONE PIECE FILM RED』の主題歌・劇中歌をはじめ、TOP10に6曲がランクインを果たし、上位を占める結果に。SNS発のバズりマンガとして話題になり、TVアニメ化された『王様ランキング』第2クール OP曲のVaundy「裸の勇者」も8位を獲得。


◆ネット発アーティスト楽曲ランキング
首位の「夜に駆ける」をはじめ、「怪物」「群青」がTOP10入りを果たし、変わらぬ人気を示したYOASOBI。若年層の支持が厚いAdoも、TOP20に9曲もの楽曲がランクイン!元カップルYouTuberの夜のひと笑い「ミライチズ」、MAISONdes「ヨワネハキ feat. 和ぬか,asmi」は、TikTokの踊ってみた動画などで人気を博し、大幅にランクアップ。


◆VOCALOID™ランキング
2018年から3年連続の首位を獲得するも、昨年はKanaria「KING」に1位を譲ったバルーン「シャルル」がトップに返り咲き!2016年の楽曲公開以来、若年層から圧倒的な支持を獲得し、カラオケ定番曲としての地位を確立しています。Ado、まふまふ×天月-あまつき-、莉犬をはじめとしたアーティストがカバーしたことで注目を集め、圏外から2位に急上昇を遂げたのは、ピノキオピー「神っぽいな」。初登場9位を獲得したぬゆり feat.flower「ロウワー」をはじめ、TikTokで人気の楽曲も上位にランクインを果たしています。


◆演歌/歌謡曲ランキング
今年も、石川さゆり「津軽海峡・冬景色」「天城越え」がワンツーフィニッシュ!続く3位は、テレサ・テン「時の流れに身をまかせ」、4位は吉幾三「酒よ」と、順位の入れ替わりはあるものの、往年の名曲が変わらぬ人気を示しました。なお、今年リリースされた楽曲の首位は坂本冬美「酔中花」。


◆2022年発売曲ランキング(K-POP/韓国曲)
Kep1er「WA DA DA」が上半期に続き、首位獲得!このほか、NMIXX、LE SSERAFIM (ルセラフィム)と今年デビューしたばかりのグループのランクインが目立ちました。




アーティストコメント

●楽曲ランキング(総合)1位 優里さんからのコメント(一部抜粋)


2022年JOYSOUNDカラオケ年間ランキングで「ドライフラワー」が総合1位になったとのことで、たくさん歌っていただきありがとうございます!

2021年に続き、2年連続、「ドライフラワー」が総合1位をとれたことが、本当に嬉しいです。
皆さんがたくさん歌ってくれたおかげです。ありがとうございます。

2022年も自分らしく歌を歌うことができたので、2023年も自分らしく楽しく歌を歌っていきたいと思います。これからも僕の楽曲をカラオケでたくさん歌っていただけるととても嬉しいです。


▽動画コメントはこちら:最近カラオケでよく歌う曲や歌ってみたい曲など
https://youtu.be/AHgsljN1Fso


●アーティストランキング(総合)1位 Adoさんからのコメント(一部抜粋)


2022年JOYSOUND カラオケ年間ランキングのアーティストランキングでAdoが1位になったとのことで、こんなにすごいことはありません。皆さん、たくさん歌っていただきありがとうございます!
私もカラオケが好きなので、そんな好きなカラオケでアーティストランキング1位になれたというのは嬉しいなと思います。

これからもっと活動にも力を入れていくつもりなので、皆さん良かったら応援してくれると嬉しいです。そして、これからもAdoの楽曲を歌っていただけると嬉しいです。


▽動画コメントはこちら:カラオケの歌い方のコツ、最近カラオケでよく歌う曲など
https://youtu.be/tKQImYJf78k


●2022年発売曲ランキング(K-POP/韓国曲ランキング)1位 Kep1erさんからのコメント


私たちのデビュー曲「WA DA DA」を本当にたくさんの方に歌っていただいているんだなという事を実感して、とても嬉しく光栄に思います。

2022年は 9月に日本デビューをして、たくさんの日本のKep1ianの皆さんと会うことができました。
一つ一つの活動が心に残っていて、本当に幸せな時間でした。

2023年も良い音楽とパフォーマンスをお届けできるように頑張りますので、これからもたくさんの応援をよろしくお願いします。


────────────────────────────────────────────
特設ページでは、K-POP/韓国曲をはじめ、多彩なジャンルのランキングを掲載中!

▽2022年JOYSOUNDカラオケ年間ランキング 特集ページ:
https://www.joysound.com/web/s/karaoke/contents/annual_ranking/2022


▽カラオケルームで公式ミュージックビデオが観放題!「RecTV Powered by レコチョク」 ランキング
https://www.joysound.com/web/s/karaoke/contents/annual_ranking/2022#jp-page-rank-rectv
※公式ミュージックビデオ観放題サービス「 RecTV Powered by レコチョク」及び「RecTV for JOYSOUND 」は、株式会社レコチョクが提供するサービスです 。※サービス正式名称は「 RecTV for JOYSOUND 」です 。※「レコチョク」及び「 RecTV 」は株式会社レコチョクの登録商標です。


※1:2022年12月時点
※2:集計期間:2022年1月1日~11月20日。
※選曲番号別ではなく、楽曲別として、“本人映像”や“アニメカラオケ”等のオリジナルコンテンツも合算したランキングです。
※昨年51位以下の楽曲を「圏外」と表記

※「YouTube」は、Google LLCの商標または登録商標です。
※「VOCALOID(ボーカロイド)」はヤマハ株式会社の登録商標です。
※「flower」はガイノイドの登録商標です。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ