この記事はPR TIMESからの提供を受けています。記事内容についてはPR TIMESへ、記事で紹介している商品・サービスに関する詳細は発売・配信元のメーカーへお問い合わせください。
株式会社講談社
累計マッチング数1,600組、連載獲得実績80作品超の「漫画家マッチングサービス」が1冊の本になりました。

『ギャルと恐竜』も、すべては「DAYS NEO」のマッチングからはじまりました。この本を通じて、編集者が惚れた”剥き出しの才能”に触れてみませんか?


漫画家さんと編集者のマッチングサービス「DAYS NEO」から、
『DAYS NEO傑作選』vol.1が11月27日に発売されました!

・メディア化で話題! 『ギャルと恐竜』幻のプロトタイプ版
『推しが辞めた』オガワサラ氏の叙情的短編『pm7:20』
・SNSで話題席巻! 『俺は沢口靖子のことを何も知らない』

など、DAYS NEO上で大きな反響を呼んだ珠玉の読み切り9篇を収録。
各作品の巻末インタビューでは、作家さんがマッチングや連載に至った経緯や、
作品に込めた熱い想いを赤裸々に答えてくれています。

本文306Pの大ボリュームで、編集者が惚れた”剥き出しの才能”に触れてみませんか?

【DAYS NEO公式サイト】
https://daysneo.com/

【DAYS NEOについて】
DAYS NEOは「漫画家さんと編集者のマッチング」を目的として2018年にはじまったサービスです。
累計マッチング数は約1,600組、連載獲得実績は80作品以上。
現在も毎月500本を超える作品が新規に投稿をされています。
現在は一迅社、講談社、白泉社、スクウェア・エニックスなどの編集部が参加。
31誌、350名の編集者が、あなたの作品をお待ちしています。
(情報はすべて2022年11月現在)

【単行本情報】
『DAYS NEO傑作選』vol.1
編:DAYS NEO運営チーム
発売日:2022年11月27日
定価:715円(税込)
発行:講談社

※本単行本は電子版のみの配信となります。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ