この記事はPR TIMESからの提供を受けています。記事内容についてはPR TIMESへ、記事で紹介している商品・サービスに関する詳細は発売・配信元のメーカーへお問い合わせください。
一般社団法人愛知eスポーツ連合

一般社団法人 愛知eスポーツ連合(所在地:愛知県名古屋市、代表理事:片桐正大)は、第22回愛知・名古屋eスポーツ研究会を2022年10月19日(水)に開催いたします。
「eスポーツでなにかやってみたいけど……」という方へと題し、国内の先進事例についてご講演頂きます。本イベントは、賛助会員企業様はじめ、eスポーツに興味関心がある企業様、団体様も数多くご参加いただいております。第22回もたくさんのご参加お待ちしております。

■本イベント開催の背景
愛知eスポーツ連合は「夢をつくる、産業をつくる、社会に応える」を理念に掲げ、eスポーツを通じた雇用創出・地域創生、選手たちの活躍の舞台の創造、そして障がい者を含む多様な人材育成を目指して活動しています。

これまでeスポーツビジネスの先進事例を通して、課題やその可能性を研究するビジネスイベントを21回に渡り開催してきました。第22回は「eスポーツでなにかやってみたいけど……」という方へと題し、国内の先進事例についてご講演頂きます。

その中で、株式会社グルーブシンク代表取締役 松井悠様にご登壇いただき、みなさまからのご質問にお答えいただきます。クローズドな場ならではのお話が聴ける機会になります。
以下のURLからご質問をお送りください。
https://forms.gle/SwEum3m5vohk4ddC6


■イベント情報
開催日:10月19日(水)
受付時間:16:30-17:00
会場:新東通信名古屋本社8階(名古屋市中区丸の内3丁目16番29号)
定員:100名
参加費:無料
申込方法:こちらのGoogleフォームからお申し込みください。
https://forms.gle/dpjkA1kc9Nbpr1sz8
申込期限:10/18(火)
主催 : 一般社団法人愛知eスポーツ連合

■登壇者プロフィール
松井 悠(まついゆう)
株式会社グルーブシンク代表取締役。ゲームプレイヤーとして数々の大会で上位入賞を果たした後、フリーのライターとして1995年より活動を開始。「World Cyber Games」や「Red Bull 5G」などの大規模イベントをはじめ、ゲームコミュニティの構築や数々のゲームプロモーションに携わる。IGDA国際ゲーム開発者協会日本理事。国内外でのeスポーツに関する講演多数。著書に『デジタルゲームの教科書』、『デジタルゲームの技術』、『ゲームクリエイターが知るべき97のこと 2』。
登壇テーマ:「eスポーツでなにかやってみたいけど……」という方へ ~eスポーツビジネスなんでもQ&A~


松山剛士(まつやまつよし)
1985年生まれ、37歳。2016年、株式会社新東通信入社、広告代理店営業として企業の広告宣伝活動の支援を中心に従事。2018年に海外のeスポーツ市場や文化を知り、プロジェクトチームを発足させ、eスポーツイベントの企画運営を中心に推進した。
コロナ禍で集客型イベントの実施ができなくなったことと、国内でのeスポーツの市場性を考え、社会課題解決のためのeスポーツ活用にアプローチを傾け、自治体・行政とのeスポーツ事業を推進。チームメンバーにより実績拡大。
企業・行政、両方のアプローチから現時点での地方におけるeスポーツ課題として資金調達の課題やメリット創出の課題を感じ、「企業版ふるさと納税」という制度に出会う。
eスポーツを含め、地方創生のひとつの手法として制度推進の活動を行っている。
株式会社新東通信 営業本部マネージャー兼eスポーツ事業リーダー、
リバー中部支社 企業版ふるさと納税認定講師。
登壇テーマ:企業版ふるさと納税を活用してeスポーツによる地方創生を目指す



松島裕介(まつしまゆうすけ)
1988年生まれ、34歳。2011年、専門学校HAL名古屋を卒業し、NTPグループ エヌティーシステム(現NTPシステム株式会社)入社。プログラマー、システムエンジニアとしてNTPグループ各社の社内基幹システムの開発に携わる。
2017年、グループ会社の株式会社NTセブンスへ出向。NTPグループのドローン事業の立ち上げに携わる。以降、ドローンインストラクターとしてドローンスクールの講師に従事。2019年春より、中期経営計画で策定されたeスポーツ事業の立ち上げ主担当として、ドローンインストラクターと兼務。
2022年、NTP Esports PLAZA店長に就任。9月24日にNTP Esports PLAZAグランドオープン。
登壇テーマ:NTPグループにおけるEsports事業の取り組み紹介


■株式会社 新東通信
2022年9月より創立51年目を迎える名古屋で創業した広告代理店です。
現在、独立系広告代理店としては、全国NO1の規模で企業様の広告宣伝活動支援を中心に行なっております。
近年は広告宣伝以外の新たな事業領域への活動を増やしており、業界や市場の変化に対応すべく広告代理店としての固定概念に捉われない着手を増やしている。
「何かおもろいことないか」の精神で常にチャレンジャーとしての気質を持ち、正真正銘、地方の現場から「地方創生」の旗手として、新しい仕掛けを起こしていく面白集団です。

■ 一般社団法人 愛知eスポーツ連合
愛知eスポーツ連合は「愛知・名古屋を中心とする地域においてeスポーツを統括し、その普及振興を通して 経済社会の発展に寄与する」ことを目指し、2018年2月に 前身の愛知県eスポーツ協会から名称変更し、一般社団法人 日本eスポーツ連合(JeSU)の地方支部認定をうけました。さらに2019年10月10日に一般社団法人化し、「第20回アジア競技大会2026/愛知・名古屋」の開催をひかえるこの地域において、その種目としての採用が有力な「eスポーツ」とそれをとりまく経済の可能性をお伝えすることで、地域経済発展への寄与を目指してまいります。

[愛知eスポーツ連合 組織体制](2022年9月末時点)
名誉顧問:
大村 秀章   愛知県知事
河村 たかし  名古屋市長
顧問:
すずき 英敬  衆議院議員
寺西 むつみ  愛知県議会議員
代表理事:
片桐 正大

[愛知eスポーツ連合 賛助会員企業](2022年9月末時点)


※希望によりロゴを掲出しない企業様がございます。

■愛知eスポーツ連合 賛助会員
一般社団法人 愛知eスポーツ連合は、愛知を中心とする地域においてeスポーツを統括し、その普及振興を通して、経済社会の発展に寄与することを目的としております。「夢をつくる」「産業をつくる」「社会に応える」の理念に共感し、共に歩んでいける企業様と共に活動しております。2022年9月末時点で24社※1になりました。
※1 ロゴの掲出を希望しない企業様含む。

■新規会員の募集
愛知eスポーツ連合は、eスポーツを通してともに愛知・名古屋を牽引してくださる企業を募集しております。また、愛知県の自治体様からのご相談も多数受けております。eスポーツに取り組みたいとお考えの企業様、自治体様は下記お問い合わせまでご連絡いただけますと幸いです。

■本件に関するお問い合わせ
media@nagoyaoja.com (事務局長 荘司)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ