この記事はPR TIMESからの提供を受けています。記事内容についてはPR TIMESへ、記事で紹介している商品・サービスに関する詳細は発売・配信元のメーカーへお問い合わせください。
トンコハウスジャパン株式会社
日本語版キャストは、白石涼子、新井里美、上田麗奈、沢城みゆき、井上和彦など豪華声優が大集結!

アニメーションスタジオ「トンコハウス」は、10月21日(金)に全世界で配信がスタートする『ONI ~ 神々山のおなり』の予告編を公開、さらに日本語版の豪華キャストも発表しました。


2015年、初監督した短編アニメーション『ダム・キーパー』がアカデミー賞にノミネートされてから7年。堤大介が監督として手がける初めての長編アニメーション『ONI ~ 神々山のおなり』が、10月21日(金)配信スタート。全世界190の国と地域へ届けられる。

『ONI ~ 神々山のおなり』の予告編がついに公開!日本語版キャストも同時発表 白石涼子、新井里美、上田麗奈、沢城みゆき、井上和彦など豪華声優が大集結

『ONI ~ 神々山のおなり』の予告編が豪華声優による日本語版でついに公開。感情を揺さぶる光の表現と最高峰のCGチームが手がける映像美。魅力的なキャラクターや壮大なサウンドトラックまで、こだわり抜いて制作された本作の魅力が徐々に明らかに。





英語版と同様に豪華なキャストでお贈りする日本語版。主人公おなりを演じるのは、『機動戦士ガンダム00』『ハヤテのごとく!』など数々の人気作に参加している声優・白石涼子。おなりの親友、かっぱ役は『Re:ゼロから始める異世界生活』などで活躍する声優・新井里美。さらに、おなりの母親役を務めた声優・沢城みゆきは日英どちらの声も務める。



声の出演(日本語版)
おなり(白石涼子)、かっぱ(新井里美)、なりどん(クレイグ・ロビンソン)、校長(沢田敏子)、アマテン(上田麗奈)、風太郎(間宮康弘)、カルビン(マリナ・アイコルツ)、たぬきんた(釘宮理恵)、なま&はげ(中務貴幸)、アン・ブレラ(戸松遥)、だるまちゃん(久野美咲)、おなりの母親(沢城みゆき)、天狗(井上和彦)、にんじん(植竹香菜)

"理想の自分"と"現実の自分"の間で揺れながら成長するひとりの少女
深い闇に覆われた心を、真実の光が照らす あたたかく愛おしく、時に切ない親子の絆のものがたり


日本の民話を思わせる神さまや妖怪たちの世界を舞台に、親子の絆や友情を描く本作。“理想の自分”と“現実の自分”の間で揺れながら成長する主人公の少女、おなり。見えないものに恐れを抱く心の闇と、そこに差し込む真実の光とは。人々の心の本質に迫るテーマでありながらも、感情がありありと伝わる巧みな色彩表現と、散りばめられたユーモアで、世代や国境を越えて誰もが楽しめるストーリーとなっている。

“光と色のアーティスト”として、ピクサー時代からハリウッドで数々の作品を手がけてきた堤大介が、日本のCGスタジオ「Megalis VFX」、「マーザ・アニメーションプラネット」、「アニマ」と共に、全編フルCGアニメーションで美しく鮮やかな世界を作り上げる。







■ あらすじ
日本の民話に登場する神さまや妖怪たちの世界で、自由奔放に生きるおてんば娘、おなり。伝説の英雄に憧れ、新たな英雄となるため稽古に励むが、父親のなりどんはヘンテコな神様で何も教えてくれない。古来から山の神々が恐れる「ONI」の脅威が迫り来る中、おなりはまだ知らない自身の真実と向き合わなければならない。


Netflixシリーズ『ONI ~ 神々山のおなり』
全4話(154分) Netflixにて10月21日(金)より全世界配信スタート
原作・監督:堤大介 脚本:岡田麿里
エグゼクティブ・プロデューサー:ロバート・コンドウ、ケーン・リー、堤大介
プロデュース:サラ・K・サンプソン
アニメーション制作:トンコハウス (C) 2022 Netflix


サンフランシスコで開催した『ONI ~ 神々山のおなり』ワールド・プレミア上映会 850名の大観衆が拍手喝采!



10月1日、世界公開に先駆け、トンコハウスの拠点であるアメリカ サンフランシスコで『ONI ~ 神々山のおなり』ワールド・プレミア上映会が行われた。会場はいまも国際映画祭が開かれる歴史的劇場である「カストロシアター」。
映画をこよなく愛する約850名もの大観衆が鑑賞。心を揺さぶるストーリーと迫力ある映像美に、上映後の会場はスタンディングオベーションに包まれた。

ピクサーのアートディレクター2人が共同設立した「トンコハウス」 アメリカと日本、2拠点から世界へ

2013年、堤大介はピクサーで共にアートディレクターを務めていたロバート・コンドウと第87回アカデミー賞ノミネートされた短編映画『ダム・キーパー』を共同監督する。その後2014年7月、ピクサーにほど近いサンフランシスコ州バークレーにて「トンコハウス」を共同設立。2019年には拠点を東京から石川県金沢市に移し、アメリカと日本の2拠点にスタジオを構え、作品を制作している。



『ダム・キーパー』は、2015年に第87回アカデミー賞短編作品賞にノミネートされるほか、世界各地で25の賞を受賞し、75の映画祭で上映された。2016年制作の短編映画『ムーム』は世界8ヵ国の映画祭で24の賞を受賞。2017年に公開したエリック・オー監督の『ピッグ - 丘の上のダム・キーパー』は、Huluで配信後、NHKでも放送され、日本中に届けられた。また、「トンコハウス展」や「トンコハウス映画祭」など定期的に参加型イベントを開催。多くのファンに支持されている。

堤大介(Daisuke “Dice” Tsutsumi)
東京都出身。スクール・オブ・ビジュアル・アーツ卒業。ルーカス・ラーニング、ブルー・スカイ・スタジオなどで『アイスエイジ』や『ロボッツ』などのコンセプトアートを担当。2007年ピクサーに招聘されアートディレクターとして『トイ・ストーリー3』や『モンスターズ・ユニバーシティ』などを手がける。2014年7月ピクサーを去り、トンコハウスを設立。初監督作品『ダム・キーパー』は2015年米アカデミー賞ノミネート。2021年には日本人として初めて米アニー賞のジューン・フォレイ賞を受賞。一冊のスケッチブックに71人の有名アーティストが一枚ずつ絵を描き、手渡しで世界中を巡ったプロジェクト『スケッチトラベル』の発案者でもある。

圧倒的なスケールの映像と、繊細な心理描写に心揺さぶられる脚本 “1秒で引き込まれ、5秒で好きになる”

脚本は、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』など数々の名作を手がけ、海外でも評価の高い脚本家・岡田麿里が担当。“本作を脚本化できるのは岡田麿里氏しかいない”という堤大介の熱烈なオファーにより実現した。登場人物の心理描写に大きく心を揺さぶられる岡田麿里の作品。本作でも、誰もが持つ光と闇や葛藤を見事に描いており、喜怒哀楽すべての感情で観るものを作品の世界に誘う。

本作は、人種や文化的背景を超えて見る人の心に届くよう、脚本の制作工程にもこだわっている。堤大介の日本語原案を岡田麿里が脚本化し、堤大介が英語に翻訳。その過程で、日英どちらでも違和感なく楽しめるよう、細部のニュアンスにそれぞれ変更を加えながら進めた。こうして完成した脚本は、英語でも日本語でも「吹き替え」ではなく、オリジナル版として楽しむことができる仕上がりになっている。

岡田麿里(Mari Okada)
脚本家。埼玉県出身。1998年『DTエイトロン』で脚本を手掛けて以降、主にアニメ脚本家として活動。2011年には原作・脚本を担当した『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』が大ヒット。その後、小説や実写作品、漫画原作、作詞など、活動の範囲を広げ続け、2018年『さよならの朝に約束の花をかざろう』でアニメ監督としてデビュー。現在、監督2作目となる映画『アリスとテレスのまぼろし工場』を制作中。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ