この記事はPR TIMESからの提供を受けています。記事内容についてはPR TIMESへ、記事で紹介している商品・サービスに関する詳細は発売・配信元のメーカーへお問い合わせください。
川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム
『藤子・F・不二雄のSF短編原画展― Sukoshi・Fushigiワールドへの招待 ―』


2022年10月22日(土)より2F展示室IIにて開催します!

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム(神奈川県川崎市多摩区長尾2丁目8番1号、館長:宮野哲也 http://fujiko-museum.com/ )は、2022年10月22日(土)より、
【藤子・F・不二雄のSF短編原画展 ― Sukoshi・Fushigiワールドへの招待 ―】を開催いたします。

夢あふれる児童まんがをライフワークとしていた藤子・F・不二雄(本名:藤本弘)は、『ドラえもん』の連載が始まる前年の1969年、児童まんがのタッチはほとんど変えず、大人向けに『ミノタウロスの皿』を発表しました。この作品は多くの読者に衝撃を与え、その後、藤子・F・不二雄のSF読み切りまんがが様々な雑誌で発表されるようになりました。
藤子・F・不二雄が『ドラえもん』や『キテレツ大百科』などを連載する傍ら描いた、これらの作品群は、「SF短編シリーズ」として多くの大人のファンを魅了しました。

本原画展では、その「SF短編シリーズ」のまんが原画を、かつてない規模で特集いたします。
「SF」という呼び名について、藤子・F・不二雄はこう語っています。

“僕にとっての「SF」は、サイエンス・フィクションではなくて、
「少し不思議な物語」のSとFなのです。” 
(1989年 藤子不二雄ランド『少年SF短篇』2巻(中央公論社))


「S=すこし F=ふしぎ」

「SF短編シリーズ」の作品はどれも、児童まんがで培った親しみやすい絵柄と読みやすいコマ運びで描かれる物語で、読み切りの短編作品でありながら、読者に深い印象を残します。執筆当時のシリアスな社会問題をテーマにした作品もありますが、今の時代にも通じる普遍性も兼ね備えています。そして、作品によって時折変化する絵のタッチも見どころのひとつとなっています。

【藤子・F・不二雄のSF短編原画展―Sukoshi・Fushigiワールドへの招待―】は、いまを生きるすべての方にお楽しみいただける原画展となっています。直筆の「SF短編シリーズ」のまんが原画を通して、藤子・F・不二雄の意外な一面を発見してみませんか。
 
ぜひこの機会に、当ミュージアムで、“Sukoshi・Fushigiワールド”をお楽しみください。

■ 開催概要
・会期
2022年10月22日(土)~2023年10月中旬(予定)
※会期を3回に分けて、約4か月ごとに、展示原画を入替予定。
※画像はすべてイメージです

・開催場所 展示室II(当ミュージアム2F)


                    エントランスイメージ



                   展示室IIの室内イメージ

■ 第1期展示予定の原画イメージ




                     『ミノタウロスの皿』
                    1969年「ビッグコミック」



                    『アン子 大いに怒る』
                   1974年「週刊少女コミック」


                       『流血鬼』
                   1978年「週刊少年サンデー」



                   『ベソとこたつと宇宙船』
                  1979年「こどもの光」別冊付録


                     「行け!ノビタマン」
                      (『ドラえもん』)
          『ドラえもん』のお話の中から、
          「SF短編シリーズ」の題材に共通点が見られるお話を展示いたします。


本原画展の開催を記念し、
第1期の展示作品を中心に新商品や新メニューが登場予定!

※価格はすべて税込みです。
※画像はすべてイメージです。


■ ミュージアムショップ(1F)


                  『ミノタウロスの皿』の皿 1,430円
           藍色が印象的な美濃焼きのお皿です。クリアスタンドつき、直径約13cm

 

                 アクリルペンスタンド(SF短編) 1,980円



             「SF短編シリーズ」からヒロイン4作品を各面にデザイン。
             底面には、本原画展のタイトル入り。組み立て式、高さ約11cm


■ ミュージアム公式オンラインストア




         スケートボードデッキ (カンビュセスの籤/ヒョンヒョロ) 各15,950円

 各作品の扉絵を大胆にデザイン。鑑賞用として飾るも良し、カジュアルなライドとしてもご使用いただけます。
 オンラインストア限定の受注商品です。店頭での販売はございません。
 ※デッキ(板)のみの販売です。
 ※10/22(土)受注開始、2023年1月中旬より順次発送予定。


■ ミュージアムカフェ(3F)


           『ミノタウロスの皿』~うんと食べなきゃいやよケーキ~ 1,400円


                『流血鬼』~紅いカシスフロート~ 680円


■ 施設概要




川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム
〒214-0023 神奈川県川崎市多摩区長尾2-8-1
開館時間:10:00~18:00
休館日:火曜日 ※臨時休館、火曜特別開館あり
料金:大人・大学生 1,000円 中学・高校生 700円 子ども(4歳以上) 500円 ※3歳以下無料

藤子・F・不二雄は、読んだ人の心まで笑顔にする、そんな「まんが」を、自身の居住地でもあった川崎市多摩区にて長きに渡り描き続けました。そして、藤子・F・不二雄が思い描いた「夢、希望、友情、勇気、大いなる好奇心、人を愛する優しい気持ち」を、今に、そして未来へ伝え続けるべく、当ミュージアムは2011年9月3日、この地に誕生しました。そこにはいつもあたたかみある笑いが溢れ、ありふれた子どもたちの日常と、こだわり続けた「SF-すこしふしぎ-」が常に存在していました。

1F展示室Iでは、特別展示『藤子・F・不二雄とドラえもん』を開催しています。
『ドラえもん』連載50年の歩みを、原画などを通じて振り返ることができます。

くわしくは、藤子・F・不二雄ミュージアム公式サイト( http://fujiko-museum.com/ )をご確認ください。

※入館は日時指定による事前予約制です。
※入館チケットは全国のローソンでお買い求めください。

ミュージアムに関するお問合せ:0570-055-245(9:30~18:00)

以上
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ