この記事はPR TIMESからの提供を受けています。記事内容についてはPR TIMESへ、記事で紹介している商品・サービスに関する詳細は発売・配信元のメーカーへお問い合わせください。
株式会社 秋田書店
株式会社秋田書店(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:樋口茂)は、2022年10月1日にご逝去されたアントニオ猪木さんを偲び、オマージュを捧げたキャラクター「猪狩完至」の活躍を描いた「グラップラー刃牙外伝」を本日2022年10月6日よりマンガクロス( https://mangacross.jp/ )上にて、無料配信を致します。


1999年に秋田書店より刊行された「グラップラー刃牙 外伝」はプロレス界の二大巨頭、マウント斗羽とアントニオ猪狩(猪狩寛至)が長年の決着をつけるため、東京ドームで激闘を繰り広げるという内容。本作発表当時、ジャイアント馬場、アントニオ猪木が片や逝去、片や引退という形でリングから姿を消し、現実世界での直接対決が実現しえない夢の対決となっていた。この作品はそのファンの夢をマンガで追いかけたもの。10月1日に逝去されたアントニオ猪木さんのご冥福を心からお祈りするとともに、マンガクロスにて「グラップラー刃牙 外伝」を緊急掲載します。



アントニオ猪木さんのご功労に敬意を表し、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

【板垣恵介先生のコメント】

予兆があったとはいえ、やはり急すぎる訃報だった。
20年以上も以前(まえ)の作品だけど、新たな追悼作品完成までの今暫く、
宜しければお楽しみください。



【週刊少年チャンピオン編集部のコメント】

日本の格闘技マンガはアントニオ猪木さんからとてつもなく大きな贈り物をいただいてまいりました。
作品に描かれた戦う者の豊かな物語は、そのほとんどを猪木さんに源流を持っております。
アントニオ猪木さん、本当にありがとうございました。
感謝の心をこめて、板垣恵介先生がプロレスの夢を渾身の力で描かれた「グラップラー刃牙外伝 猪狩vs斗羽」を今あらためて読者に届けたいと思います。
ご冥福をお祈りします。

週刊少年チャンピオン編集部



【無料公開範囲】

『グラップラー刃牙外伝』 全200P分


【本編画像】










【公開サイト】

「マンガクロス」
https://mangacross.jp/comics/bakigaiden/1

【会社概要】

商号  : 株式会社秋田書店
代表者 : 代表取締役社長 樋口茂
所在地 : 〒102-8101 東京都千代田区飯田橋2-10-8
創立  : 1948年8月10日
事業内容: 雑誌・書籍・コミックス・文庫・児童図書・メディアミックスなど
社員数 : 約130名

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ