この記事はPR TIMESからの提供を受けています。記事内容についてはPR TIMESへ、記事で紹介している商品・サービスに関する詳細は発売・配信元のメーカーへお問い合わせください。
株式会社KADOKAWA
株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:夏野剛 以下KADOKAWA)が開催するフィギュア原型師創出コンテスト「電撃文庫×KDcolle造形大賞」のエントリー締切が迫るなか、デジタル造形ではお馴染みの「ZBrush」を運営するMAXONが協賛に加わる事が決定いたしました。


 「電撃文庫×KDcolle造形大賞」は、2023年に30周年を迎える電撃文庫編集部の協力のもと、通常では使用許可が下りないイラストを参考にした立体化が可能なフィギュア原型師創出コンテストです。10月30日(日)のエントリー締切が迫るなか、本コンテストに、デジタル造形ではお馴染みの「ZBrush」を運営するMAXONが協賛企業として加わる事、また、「大賞」「電撃賞」「佳作」の3賞に、賞金プラス副賞として「MAXON ONE」1年ぶん(178,200円)を贈呈することが決定いたしました。


 副賞として贈呈する「MAXON ONE」は、「Cinema 4D」(デザイン、モーショングラフィックス、VFX、AR/MR/VR、ゲーム開発、ビジュアライゼーションのためのプロフェッショナル総合3Dソフトウェア)、「Forger」(デスクトップクラスのワークフローを実現するモバイルスカルプト)、「Red Giant」(編集、VFX、モーションデザインツール)、「Redshift」(世界初の完全にGPUアクセラレーションを使用したハイエンドプロダクション向け特化したバイアスレンダラー)、「Universe」(本物のレトロと現代のルックで映像をスタイライズするために使用されるビデオトランジションとエフェクトプラグイン)、「ZBrush」(大手映画スタジオ、ゲーム開発者、アーティストやビジュアライザーが使用する業界標準のデジタル3D彫刻)-これらすべてを一つにしたバンドル製品です。





エントリーの受付は10月30日(日)23時59分まで、原型データ提出の受付期間は12月4日(日)23時59分までとなっているので、参加検討中の方はエントリーだけでもお急ぎください。特設ページの応募要項を確認の上、皆様のご参加お待ちしております!

詳細は「KDcolle(KADOKAWAコレクション)公式サイト内特設ページ」(https://kdcolle.kadokawa.co.jp/special/event/zoukei2022s.html)をご覧ください。




■関連リンク
・KDcolle(KADOKAWAコレクション)公式サイト内特設ページ
 https://kdcolle.kadokawa.co.jp/special/event/zoukei2022s.html
・Maxon公式ページ
 https://www.maxon.net/
・Maxon ZBrush 公式ページ
 https://www.maxon.net/zbrush

■権利表記
(C)川原 礫 2022 イラスト/abec (C)三雲岳斗 2022 イラスト/マニャ子 (C)伏見つかさ 2022 イラスト/かんざきひろ (C)佐島 勤 2022 イラスト/石田可奈 (C)川原 礫 2022 イラスト/HIMA (C)宇野朴人 2022   イラスト/ミユキルリア (C)和ヶ原聡司 2022 イラスト/029 (C)安里アサト 2022 イラスト/しらび (C)時雨沢恵一 2022 イラスト/黒星紅白


■KDcolle(KADOKAWAコレクション)とは
~コンテンツホルダーならではの魅力あふれるフィギュアを皆様に~
KADOKAWAの新しいフィギュアブランドKDcolle(KADOKAWAコレクション)。数々の作品を生んできたKADOKAWAにしかできない魅力あふれる企画とクオリティーで、“わくわくドキドキ”させるフィギュアを世界の人にお届けいたします。KDcolleが贈る新しい物語にご期待ください!!
https://kdcolle.kadokawa.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ