この記事はPR TIMESからの提供を受けています。記事内容についてはPR TIMESへ、記事で紹介している商品・サービスに関する詳細は発売・配信元のメーカーへお問い合わせください。
株式会社講談社

2022年10月1日(土)、東京・新宿歌舞伎町に、新たなランドマークが出現しました。

その名も「黒ブタ看板」。

「黒ブタ」は、講談社発行の週刊青年漫画誌「ヤングマガジン」のアイコンキャラクターとして、長年愛されてきた存在です。

2022年よりデザインを一新し、青年読者が求める”やんちゃ感”をパワーアップさせた「黒ブタ」が、縦13メートル×横8メートルの巨大看板に登場して、注目を集めています。

設置場所は、西武新宿線・西武新宿駅を出てすぐ、第二東亜会館。東宝ビル横ということで“トー横”の愛称で親しまれているシネシティ広場に行けば、その圧倒的な存在感に驚くことでしょう。

昼も夜も老若男女が集まり、「不夜城」とも言われる歌舞伎町で、「黒ブタ前」として新たな待ち合わせスポットになるかもしれません。

「ヤングマガジン」毎週月曜日発売
「月刊ヤングマガジン」毎月20日発売
「ヤンマガWeb」https://yanmaga.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ