この記事はPR TIMESからの提供を受けています。記事内容についてはPR TIMESへ、記事で紹介している商品・サービスに関する詳細は発売・配信元のメーカーへお問い合わせください。
株式会社主婦の友インフォス
主婦の友インフォスが発行するライトノベルレーベル「ヒーロー文庫」は9月30日で10周年を迎えます。 記念すべき10周年イヤーを最初に飾る、本日発売の最新刊を紹介します。



麻婆豆腐、雑炊、肉じゃが。今回も飯テロ警報が発令中。『傭兵団の料理番』第15巻



【傭兵団の料理番 第15巻あらすじ】
グランエンドでかつての同僚で友人である篠目と再会したシュリ。だが、シュリは再び遠くへと赴くこととなる。そこはグランエンドの支配者、ギィブの末姫であるアユタが長を務める前線基地であり、シュリをアユタの料理人にするためだった。しかしアユタは好き嫌いが激しく、激辛料理以外を食べると躊躇なく暴力を振るう手に負えない姫様だった。実際に被害に遭っている前任の料理人から話を聞いたシュリはアユタに激辛以外の料理を振る舞い、この状況を打開しようと決心する。アユタの激辛好きを改善し、シュリがここから去った後の料理人たちが危害を加えられないようにするために行動を開始するのだが……。


新たなイベントにワクワク!TS少女のVRMMO生活『ディメンションウェーブ』第6巻



【ディメンションウェーブ 第6巻あらすじ】
死の商人が行方不明になってからも絆達のプレイスタイルは変わることはなく、次のディメンションウェーブイベントへの準備を行う日々を送っていた。姉の奏の指導のもと、戦闘での連携スキルを闇影と行うなど、イベントに貢献していく絆達。更に手段を選ばず防御特化で挑む奏により、パーティーの強さはより盤石となっていった。その一方で、ディメンションウェーブのイベントは想像していたより過酷で、やがてプレイヤー達は窮地に陥るようになってしまう。そんな時、前回のイベントで負け越していた、しぇりるが立ち上がるのだった。彼女の考えた秘策とは一体……!?


おじさんたちの「のんびり無人島ライフ」最新刊ではついに格闘ゲームへ『はたらけ!おじさんの森』第3巻



【はたらけ!おじさんの森 第3巻あらすじ】
温泉のあまりの気持ち良さに、とうとうパンダがおじさん島の住民となった。パンダの仕事を決める為、あにまる達は学級会を開くことになるのだが、パンダのワガママ発言が飛び出す。また、フラワー島との同盟も締結し、島民全員で遊びにいくことに。綺麗な花が咲き誇る島にネコミ達も感激して、二つの島は親交を深める。そんな平和な島生活がいつまでも続くかに思われたが……おじさん島に、石ノ森翔という格闘ゲームの主人公の様な風貌のおじさんと、獅子族のあにまる、ライオネスが訪ねてきた。ぶどう島という『はたらけ! おじさんの森』計画第二位の島の脅威が迫っていたのだった。疾風怒濤の第三巻、開幕!!


敵は学園のヒーロー?仲間と剣を合わせる理由とは…『黒白の勇者』第4巻



【黒白の勇者 第4巻あらすじ】
ベルファ王国での戦いで宿敵ザインを倒すことに成功したユキト。仲間たちと共にフィスデイル王国へと帰還し、カイと今後のことを話し合う。一方、フィスデイル王国では、重臣であったグレン大臣が邪竜と通じる裏切り者であったと発覚したが、グレンは行方をくらましてしまう。彼の残した言葉により判明したのは、ユキトの祖父もまた、この世界を訪れていたという事実。その事実からユキトは足跡を知りたいと願い、カイは祖父の仲間であった竜族の男性と引き合わせると告げる。そしてカイは、グレンや残る信奉者を捜索しつつ、仲間のレベルアップを図ると表明するのだった。


巨大トカゲが大暴れ!皆のピンチを救うのは、日本からきた女子高生!『ポーション、わが身を助ける』第8巻



【ポーション、わが身を助ける 第8巻あらすじ】
ドラゴンが突如出現して騒然とする王都。討伐のため、ドラゴンハンターの一員としてカエデに与えられた仕事は倉庫でのハイポーションの生成だった。しかし、カエデは安全な王都ではなく、カルデノと共に魔物が徘徊する王都の外の補給所へ向かうことになった。防御は万全と思えた補給所であったが、巨大なトカゲが侵入して、立ち向かったカルデノは片腕をトカゲに噛みちぐられてしまう。カエデは、彼女を助けるために『妖精の水』と『天龍草』を手に入れ、マキシマムポーションを作って失った腕を再生させることに成功する。それを見たアスルは同じように手足を失うアイスのために立ち上がる。


そのほか最新情報などは随時ヒーロー文庫のHPや公式Twitterで随時発信

■ヒーロー文庫公式HP
https://herobunko.com/
■ヒーロー文庫公式Twitter
https://twitter.com/herobunko
■ヒーロー文庫公式YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCqu82bCZGR2IUuqicxxOZcA
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ