この記事はPR TIMESからの提供を受けています。記事内容についてはPR TIMESへ、記事で紹介している商品・サービスに関する詳細は発売・配信元のメーカーへお問い合わせください。
株式会社バンダイナムコエンターテインメント
バンダイナムコグループの横断プロジェクト「ガンダムプロジェクト」は、本日、バンダイナムコグループのガンダム事業統括者であるチーフガンダムオフィサー(CGO) 藤原孝史(ふじわら こうじ)が登壇し「ガンダムカンファレンス AUTUMN 2022」を開催いたしました。 今回のカンファレンスでは、ガンダムシリーズ45周年とガンプラ45周年に向けたプロジェクト「GUNDAM NEXT FUTURE -ROAD TO 2025-」を始動させ、映像展開、ガンダムメタバースプロジェクト、リアルイベントの三本柱で施策を展開していくことを発表いたしました。


映像展開については、ガンダムシリーズのTVアニメーション最新作『機動戦士ガンダム 水星の魔女』の放送開始を皮切りに、地上波放送・衛星放送・YouTubeにて戦略的に展開してまいります。また、前回のガンダムカンファレンスで発表したガンダムメタバースプロジェクトについては、メインストリートのイメージビジュアルの公開やそれぞれのコロニーについての進捗を発表いたしました。そしてリアルイベントでは、今秋開催予定の東京国立博物館「150年後の国宝展―ワタシの宝物、ミライの宝物」などに関する情報を紹介いたしました。

今後も、IP(キャラクターなどの知的財産)からSP(社会的アイコン)への成長を図りながら、ファンやあらゆるパートナーとともにガンダムを通じてより良い未来の実現を目指してまいります。引き続き、ガンダムの展開にご期待ください。

― 本日の発表内容 ―
新プロジェクト「GUNDAM NEXT FUTURE -ROAD TO 2025-」始動

【 映像展開 】
■ガンダムシリーズのTVアニメーション最新作『機動戦士ガンダム 水星の魔女』の放送開始を皮切りに映像展開を強化
- GUNDAM NEXT FUTURE×日5(MBS・TBS系全国28局ネット日曜17時00分~17時30分)
- GUNDAM NEXT FUTURE×BS11ガンダムアワー(BS11金曜19時00分~20時00分、
 土曜19時00分~20時00分)※12月23日(金)までは金曜19時30分~20時00分・土曜19時00分~20時00分
- GUNDAM NEXT FUTURE×ガンチャン(ガンダム公式YouTubeチャンネル)

【 ガンダムメタバースプロジェクト 】
■ガンダムメタバースの全体像について
- ガンダムメタバースのメインストリート
■ガンプラコロニーについて
- ガンプラスキャン
■esportsコロニーについて
- 『GUNDAM EVOLUTION』
■関連情報について
- ファンコミュニケーション(自動翻訳・AIキャラクター「メロウ」)

【 リアルイベント 】
■東京国立博物館「150年後の国宝展―ワタシの宝物、ミライの宝物」



映像展開に関する発表内容

■ガンダムシリーズのTVアニメーション最新作『機動戦士ガンダム 水星の魔女』の放送開始を皮切りに映像展開を強化
2022年10月2日(日) 17時00分より始まるガンダムシリーズのTVアニメーション最新作『機動戦士ガンダム 水星の魔女』の放送開始を皮切りに、ガンダムシリーズ45周年とガンプラ45周年に向けた映像展開を強化いたします。
ファンの皆さまに、より多くのプラットフォームで、より多くのガンダム作品をご覧いただけるように配信環境を整えてまいります。さらに、地上波放送・衛星放送・YouTubeにて戦略的に映像を展開いたします。


・GUNDAM NEXT FUTURE×日5(MBS・TBS系全国28局ネット日曜17時00分~17時30分)

『機動戦士ガンダム 水星の魔女』

2022年10月2日(日)から、地上波放送展開「GUNDAM NEXT FUTURE×日5」としてMBS・TBSの日5枠で、ガンダムシリーズのTVアニメーション最新作『機動戦士ガンダム 水星の魔女』を放送いたします。2023年1月~3月には、『機動戦士ガンダム 水星の魔女』で初めてガンダムに触れた方々に、ガンダムシリーズの原点となる宇宙世紀を知っていただくべく、地上波初放送となる劇場作品『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』、OVA『機動戦士ガンダム サンダーボルト』、劇場作品『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』をそれぞれ全4話のTVエディションとして放送し、ガンダムシリーズの奥深さを体験していただきます。
そして、さまざまなガンダムシリーズの作品をお楽しみいただいた後、満を持して2023年4月から『機動戦士ガンダム 水星の魔女』の第2クールをスタートいたします。

GUNDAM NEXT FUTURE×日5 作品


・GUNDAM NEXT FUTURE×BS11ガンダムアワー(BS11金曜19時00分~20時00分、土曜19時00分~20時00分)
※12月23日(金)までは金曜19時30分~20時00分・土曜19時00分~20時00分
ガンダムシリーズの幅広い魅力を感じていただくべく、ガンダムシリーズ過去作品を継続して放送してまいります。放送を見逃した方に向けた『機動戦士ガンダム 水星の魔女』の再放送も予定しております。また、『劇場版 機動戦士ガンダムSEED(仮称)』をより一層お楽しみいただくため、『機動戦士ガンダムSEED』『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の全話放送も予定しております。
GUNDAM NEXT FUTURE×BS11ガンダムアワー 作品

・GUNDAM NEXT FUTURE×ガンチャン(ガンダム公式YouTubeチャンネル ガンダムチャンネル)
通常の配信枠に加え、2022年10月2日(日)から、毎週日5枠直前の16時30分より、ガンダムシリーズの過去作品の特選エピソードをプレミア公開いたします。
また、登録者125万人を突破したガンダムチャンネルが、より一層拡大することを目指し、従来の映像配信のみにとどまらず、ガンダムファンの皆さまが制作・公開した動画(ファンメイドコンテンツ)と連携していく仕組みを構築してまいります。
まずは、ガンダムファンの皆さまが自由に映像を制作・配信できるよう、映像素材をご用意いたします。映像素材のご使用方法については、ガイドラインを作成し、安心してご使用いただけるような環境を整えます。また、動画を投稿してくださった方に喜んでいただけるような施策をご用意し、ガンダムファンの皆さまと一緒にガンダムの世界を盛り上げていく仕組みづくりに取り組んでまいります。
ファンメイドコンテンツが新たなファンに届くことで、ガンダムファンの輪を広げていきたいと考えております。
今後、さらに強力なメディアになることを目指して、バンダイナムコグループでは強固な IP 戦略を推進するために、Google Play、Google Cloud、Google Maps、Google Ads、そしてYouTube などさまざまなGoogleの製品を活用してまいります。

TVならではの展開や、ガンダムチャンネルならでは展開を強化し、その先にあるレジェンダリー・ピクチャーズと制作中のハリウッド版実写ガンダムへとつなげてまいりますので、続報をお待ちください。
GUNDAM NEXT FUTURE 映像展開一覧表
・ガンダム公式YouTubeチャンネル ガンダムチャンネル:https://www.youtube.com/c/GUNDAM
・『機動戦士ガンダム 水星の魔女』公式サイト:https://g-witch.net/


ガンダムメタバースプロジェクトに関する発表内容

■ガンダムメタバースの全体像について
前回のガンダムカンファレンスにて発表いたしました、IPでファンとつながるための新しい仕組みであるガンダムメタバースプロジェクトの開発進捗をお知らせいたします。

【ガンダムメタバースとは】
バンダイナムコグループのパーパスのもと、中期ビジョン「Connect with Fans」を掲げ、IP軸戦略を重点戦略の一つとして、IPでファンとつながるための新しい仕組みであるIPごとのメタバースを構築してまいります。
その第一弾としてガンダムメタバースの開発に着手し、世界中のガンダムファンが集い、語り合い、さまざまなカテゴリーのコンテンツに出会い、ふれあう場を創出いたします。
今後の展望としては、すぐにメタバース空間の完成形を目指すのではなく、段階を踏んで基盤を構築してまいります。まずは、カテゴリーごとにヴァーチャルコミュニティーを創出し、それらをバンダイナムコID(※)により連結いたします。

※バンダイナムコIDとは、バンダイナムコグループの共通アカウントです。一つのアカウントで、グループ各社で展開するさまざまなサービスやコンテンツをお楽しみいただくことができます。

・ガンダムメタバースのメインストリート
ガンダムメタバースのビジョンである世界中のガンダムファンが集い、語り合い、さまざまなカテゴリーのコンテンツに出会うふれあいの場を創出してまいります。多くのファンがアクセスし、ガンダムならではのコンテンツを楽しみ、コミュニケーションを取り合っていただくことを目指します。
ガンダムメタバース メインストリート

ガンプラコロニーにつきましては、2022年度内のクローズドテストに向けて鋭意開発中ですが、現在こちらの開発に向け知見を集めるため、さまざまなテストを行っております。

■ガンプラコロニーについて
・ガンプラスキャン

現在実施している「THE GUNDAM BASE VIRTUAL WORLD」ではガンプラの画像を投稿する形式ですが、将来的には「ガンプラスキャン」を活用しデジタルデータとなったガンプラの展示が行えることを目指しており、自分が組みたてたガンプラをメタバース空間に展示することで、ファン同士の交流の機会を創出いたします。


・「THE GUNDAM BASE VIRTUAL WORLD」公式サイト:https://bandai-hobby.net/site/gundam-basevw/

THE GUNDAM BASE VIRTUAL WORLD 1
THE GUNDAM BASE VIRTUAL WORLD 2

また、「ガンプラスキャンバトル」についても2022年の夏にファンテストを実施し、ご好評いただきました。「GUNDAM NEXT FUTURE -TOKYO BASE-」でも、スマートフォンで360度スキャンして映像に取り込む第2回テストを実施いたします。『ガンダムビルドファイターズ』の世界を実現できる日が近づいておりますので、ぜひご期待ください。
ROAD TO GUMPLA BATTLE
ROAD TO GUMPLA BATTLE イメージ

■esportsコロニーについて
ガンプラコロニーに続いて、esportsコロニーについても計画中です。先日、esportsコロニーの皮切りとなるタイトルとして、『GUNDAM EVOLUTION』のPC版を2022年9月22日(木)にリリースいたしました。家庭用ゲーム機版のリリースは2022年12月1日(土)を予定しております。
GUNDAM EVOLUTION キービジュアル
GUNDAM EVOLUTION イメージ
■『GUNDAM EVOLUTION』公式サイト:https://gundamevolution.jp/

■関連情報について
・ファンコミュニケーション
ファン同士のコミュニケーションを活性化させるため、さまざまな言語を自動翻訳できる技術を活用したシステムの開発を進めております。また、ガンダムメタバースに毎日足を運びたいと思っていただける空間を形成するため、独自のソリューションとして、AIキャラクター「メロウ」の研究開発を開始しております。

【AIキャラクター「メロウ」に関して】
将来のガンダムメタバースにおけるAIキャラクターのルーツとなる「試作1号AI」として、動画ライブ配信でガンダムファンと「対話」することに特化したAIキャラクター「メロウ」を開発中です。近い将来、AIキャラクターはいつでもファンの皆さまをメタバース空間でお出迎えし、話し相手になったり、見ず知らずのファン同士が一緒に盛り上がれる話題を提供したりなど、まるで遊園地のキャストのような役割を担います。今後、AIキャラクターによる動画ライブ配信を実施予定です。詳細は後日お知らせいたします。
AIキャラクター「メロウ」イメージ画像1
AIキャラクター「メロウ」イメージ画像2
※「配信AIキャラクター」の関連情報のニュースリリースを、本日12時00分頃に株式会社バンダイナムコエンターテインメント・株式会社バンダイナムコ研究所から配信しております。


リアルイベントに関する発表内容

■東京国立博物館「150年後の国宝展―ワタシの宝物、ミライの宝物」について
2022年11月から東京国立博物館で開催される「150年後の国宝展」にガンダムをテーマとして出展いたします。バンダイナムコグループだけではなしえなかった、ファンと共に歩んできた象徴である、「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」の動くガンダム「RX-78F00」の1/10スケールの試作モデルを展示いたします。今後もファンと歩み続けることで150年後にはさらなる進化を遂げ、国宝と言われてもおかしくない存在を共に創っていこうというメッセージを込めた展示を行います。
「150年後の国宝展―ワタシの宝物、ミライの宝物」
「150年後の国宝展―ワタシの宝物、ミライの宝物」イメージ

その動くガンダムがある「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」も2023年3月末のグランドフィナーレに向けて、さまざまな企画を計画中です。今後の展開に関しては改めて発表いたしますので、ご期待ください。

イベント展開として、今後も「GUNDAM NEXT FUTURE」シリーズを展開し、2025年の大阪・関西万博へとつなげてまいります。大阪・関西万博では、「もうひとつの宇宙世紀」を舞台に、未来社会の課題解決に向けた壮大な実証実験を行う「ガンダムパビリオン(仮称)」を出展いたします。出展内容の詳細は後日発表いたします。

バンダイナムコグループは、「GUNDAM NEXT FUTURE」を通じて、ファンとともに次なるガンダムの未来を創ってまいります。そして、ガンダムを少しでもこの世界の未来のために役立て、多くのファンの皆さまとの新しいつながりを創り、ガンダムを次なるステージ、IPからSPへと成長させます。今後のバンダイナムコグループ、そして、ガンダムにご期待ください。


【製品概要】
・『GUNDAM EVOLUTION』
タイトル:GUNDAM EVOLUTION
対応機種:PlayStation(R)5、PlayStation(R) 4、Xbox Series X|S、Xbox One、PC
ジャンル:ガンダムチームシューター
サービス開始日:PC版 正式サービス中/家庭用ゲーム機版 2022年12月1日(木)予定
希望小売価格:基本プレイ無料(一部アイテム課金)
プレイ人数:1人~12人
CERO:A
公式サイト:https://gundamevolution.jp/
Twitterアカウント:@GUNDAMEVO_JP(https://twitter.com/GUNDAMEVO_JP
著作権表記:(C)︎創通・サンライズ
サービスエリア:北米・欧州・アジア地域[※アジア地域はPCのみ]
開発:株式会社バンダイナムコオンライン
運営:株式会社バンダイナムコエンターテインメント & 株式会社バンダイナムコオンライン

※一部有料のコンテンツがございます。
※本サービスをプレイされるには、各プラットフォームのアカウント、インターネット接続環境が必須となります。
※オンライン接続に関わる通信費は、お客様のご負担となります。
※“PlayStation”、“PS5”および“PS4”は株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標または商標です。
※Microsoft. Microsoft、Xbox、Xbox Live、Xbox One および Xbox 関連ロゴは、米国Microsoft Corporationおよび/またはその関連会社の商標です。

【著作権表記】
■ 『機動戦士ガンダム 水星の魔女』のイメージ画像を使用される場合
<日本語表示> (C)創通・サンライズ・MBS
<英語表示> (C)SOTSU・SUNRISE・MBS

■ 「ガンダムメタバースプロジェクト」のイメージ画像を使用される場合
<日本語表示> (C)創通・サンライズ (C)創通・サンライズ・MBS
<英語表示> (C)SOTSU・SUNRISE (C)SOTSU・SUNRISE・MBS

■AIキャラクター「メロウ」のイメージ画像を使用される場合
(C)創通・サンライズ
(C)Bandai Namco Entertainment Inc.
Animation Powered by Live2D

■上記以外
<日本語表示> (C)創通・サンライズ
<英語表示> (C)SOTSU・SUNRISE

*画像素材を掲載・使用される際は、必ず上記の著作権表記を記載いただきますよう、お願いいたします。
*本ニュースリリースの情報は2022年9月29日(木)時点のものであり、各施策の名称や日程、内容等は、予告なく変更する場合がございます。
*画像はイメージを含みます。
*Google Play、Google Cloud、Google Maps、Google Ads、YouTubeは、Google LLCの商標です。
*「Live2D」は株式会社Live2Dの登録商標です。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ