この記事はPR TIMESからの提供を受けています。記事内容についてはPR TIMESへ、記事で紹介している商品・サービスに関する詳細は発売・配信元のメーカーへお問い合わせください。
スターツ出版株式会社
小説投稿サイト「野いちご」「Berry’s Cafe」「ノベマ!」を運営するスターツ出版株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:菊地修一)は「スターツ出版文庫」の新刊を、9月28日(水)より全国書店にて発売開始いたします。 ■スターツ出版文庫新刊情報>> https://novema.jp/bookstore/starts/202209 ■『ノベマ!』 https://novema.jp/ ■『野いちご』 https://www.no-ichigo.jp/■『Berry’s Cafe』 https://www.berrys-cafe.jp/


『余命 最後の日に君と』
冬野夜空(ふゆのよぞら)、森田碧(もりたあお)、此見えこ(このみえこ)、加賀美真也(かがみしんや)、 蒼山皆水(あおやまみなみ)/著、イラスト:岡虎次郎
定価704円(本体640円+税10%) ISBN: 978-4-8137-1325-8
【あらすじ】余命を隠したまま恋人に別れを告げた主人公の嘘に涙する(『優しい嘘』冬野夜空)、命の期限が迫る中、ウエディングドレスを選びにいくふたりを描く(『世界でいちばんかわいいきみへ』此見えこ)、大好きだった彼の残した手紙がラスト予想外の感動を呼ぶ(『君のさいごの願い事』蒼山皆水)、恋をすると寿命が失われる病を抱えた主人公の命がけの恋(『愛に敗れる病』加賀美真也)、余命に絶望する主人公が同じ病と闘う少女に出会い、希望を取り戻す(『画面越しの恋』森田碧)――今を全力で生きるふたりの切ない別れを5人の作家が描く、感動作。


『鬼の生贄花嫁と甘い契りを 三 ~鬼門に秘められた真実~』
湊 祥(みなとしょう)/著、イラスト:わいあっと
税込671円(本体610円+税10%)、ISBN: 978-4-8137-1326-5
【あらすじ】鬼の若殿・伊吹から毎日のように唇を重ねられ、彼からの溺愛に幸せな気持ちいっぱいの凛。ある日、人間界で行方不明者が続出する事件が起き、被害者のひとりは、なんと凛の妹・蘭だった。彼女はかつて両親とともに凛を虐げていた存在。それでも命が危うい妹を助けたいと凛は伊吹に申し出、凛のためなら一緒に立ち向かうと約束してくれる。狛犬の阿傍や薬師・甘緒の登場でだんだんと真実に迫っていくが、伊吹と凛のふたりの愛を引き裂こうとする存在も現れて…!? 超人気和風あやかしシンデレラストーリー第3弾!


『だから私は、今日も猫をかぶる』
水月つゆ /著、イラスト:wacca
税込660円(本体600円+税10%)、ISBN: 978-4-8137-1327-2
【あらすじ】母が亡くなり、父が再婚したことがきっかけで”いい子”を演じるようになった高2の花枝七海。七海は家でも学校でも友達といるときも猫をかぶり、無理して笑って過ごしていた。そんなある日、七海は耐え切れず日々の悩みをSNSに吐き出す。すると突然“あお先輩”というアカウントからコメントが…。『俺の前ではいい子を演じようと無理しないで。ありのままでいて』そんな彼の言葉に救われ、七海は少しずつ前へと進みだす――。自分と向き合う姿に涙する青春恋愛物語。


『後宮薬膳妃 ~薬膳料理が紡ぐふたりの愛~』
朝比奈希夜(あさひなきよ)/著、イラスト:べっこ
税込682円(本体620円+税10%)、ISBN: 978-4-8137-1328-9
【あらすじ】薬膳料理で人々を癒す平凡な村娘・麗華。ある日突然、皇帝から呼び寄せられ後宮入りすると、そこに皇帝として現れたのは、かつて村で麗華の料理で元気になった青年・劉伶だった。そして麗華は劉伶の専属の料理係に任命されて…!? 戸惑う麗華だったが、得意の料理で後宮を癒していく。しかし、ただの料理係だったはずが、「麗華を皇后として迎え入れたい」と劉伶のさらなる寵愛を受けて――。薬膳料理×後宮シンデレラストーリー。

■小説投稿サイト「ノベマ!」 https://novema.jp/
スターツ出版初の全年齢男女向け小説投稿サイト。ライト文芸、キャラ文芸、一般文芸、ライトノベルなど、あらゆる小説ジャンルを包括して展開。サイトに投稿された作品は、「スターツ出版文庫」や単行本として積極的に書籍化を行っていくほか、今後はさらなる刊行書籍のジャンル拡張も予定。

◆お問い合せ先:スターツ出版株式会社 広報担当 佐々木
TEL:03-6202-0311 Mail: contact-stp@starts-pub.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ