この記事はPR TIMESからの提供を受けています。記事内容についてはPR TIMESへ、記事で紹介している商品・サービスに関する詳細は発売・配信元のメーカーへお問い合わせください。
株式会社カプコン
「ストリートファイターリーグ: Pro-JP 2022」公式Webサイト https://sf.esports.capcom.com/



先週、9月22日(木)に行われた「ストリートファイターリーグ: Pro-JP 2022」第3節Day1の試合速報をお知らせいたします。

▼「ストリートファイターリーグ: Pro-JP 2022」第3節Day1ご視聴はこちら

YouTube
https://youtu.be/CdfIuCiv5LQ



MATCH 1:ホーム【忍ism Gaming】vs【魚群】アウェイ






先鋒戦は、もけ選手のファルケ vs 藤村選手のルークの対決。もけ選手のルーク対策の仕上がりがバッチリだった。今シーズン嬉しい初勝利を挙げた。

続く中堅戦は、アウェイ側で待ち受けるマゴ選手のルークに対し、ホーム側はヤマグチ選手のルークを当てるオーダーで視聴者を驚かせた。お互いに自信があるというミラーマッチに注目が集まったが、最後はヤマグチ選手の勝利。ヤマグチ選手の快進撃はまだ続きそうだ。

ポイント10対10となった大将戦、「魚群」の水派選手のコーディーに対して、「忍ism Gaming」リーダーももち選手もコーディーで出場。中堅戦に続き、こちらもミラーマッチとなった。
水派選手がチャンスを作る場面もあったが、ももち選手が終始ペースを握りストレートで勝利。

試合後のインタビューで語られたが、「忍ism Gaming」が「魚群」に対し、昨シーズンのプレイオフの雪辱を晴らした形となった。



MATCH 2:ホーム【名古屋OJA BODY STAR Mildom】vs【v6プラス FAV gaming】アウェイ






先鋒戦は、アウェイ側sako選手のメナトに対し、ふ~ど選手のレインボー・ミカが出場。sako選手らしい上手さも随所に見られたが、絶好調ふ~ど選手の勢いは止まらない。ふ~ど選手今シーズン負けなしの3連勝。

中堅戦では、ときど選手のルーク vs ナリ君選手のあきらの対決。試合前インタビューで新時代を見せると豪語したナリ君選手であったが、やはりときど選手の壁は高かった。ときど選手がストレートで勝利。ナリ君選手はあと一歩足りない、という展開が多かった。

そして大将戦、「v6プラス FAV gaming」鶏めし選手のダルシムに対し、「名古屋OJA BODY STAR Mildom」はあきら選手のキャミィが出場。双方の持ち味が発揮された壮絶な接戦となったが、勝負の決め手となったのは、ヨガサンサーラ。鶏めし選手が亜空間サンサーラの二つ名通りのプレイで大将戦に勝利。ストリートファイターリーグ初勝利を手にした。

アウェイ側の「v6プラス FAV gaming」が、首位の「名古屋OJA BODY STAR Mildom」を倒し暫定4位に浮上した。



現在までの順位表


▼順位表はこちら





次回「ストリートファイターリーグ: Pro-JP 2022」第3節Day2は、9月27日(火)20時から!






「ストリートファイターリーグ: Pro-JP 2022」第3節Day2は、9月27日(火)20時から「CAPCOM Fighters JP」の公式YouTube、Twitchチャンネルにて配信します。

また、試合開始前である19時40分頃からは、その日に行われる試合の見どころを紹介する「ストリートファイターリーグ: ウォームアップ!」を配信予定です。ぜひご覧下さい。


▼対戦カードはこちら

MATCH 1:ホーム【Saishunkan Sol 熊本】vs【広島 TEAM iXA】アウェイ

MATCH 2:ホーム【Good 8 Squad】vs【コミュファDetonatioN】アウェイ


▼「ストリートファイターリーグ: Pro-JP 2022」第3節Day2ご視聴はこちら

YouTube
https://youtu.be/cLAfelU4LSA

Twitch
https://www.twitch.tv/capcomfighters_jp



「ストリートファイターリーグ: Pro-JP 2022」について


『ストリートファイターV チャンピオンエディション』における日本最高峰のカプコン公式チームリーグ戦です。
2018年より始まり、2021年シーズンには、企業8社がチームオーナーとなり、「JeSU公認プロライセンス」保有選手4人1組のチームを編成してリーグへ参画する「チームオーナー制」を導入し、開催規模を大きく拡大しました。
5シーズン目となる2022年シーズンでは、8チームが全14節56試合にてポイントを競い合い、上位チームが「プレイオフ」へ進出し、さらに勝ち上がった3チームが決勝大会「グランドファイナル」へ駒を進め、日本最強の座をかけて闘います!

「ストリートファイターリーグ: Pro-JP 2022」は、「CAPCOM Fighters JP」の公式YouTube、Twitchチャンネルにて、全節オンラインライブ中継を配信いたします!

■CAPCOM eSports公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/c/CapcomFightersJP

■CAPCOM eSports公式Twitchチャンネル
https://www.twitch.tv/capcomfighters_jp

■CAPCOM eSports 公式Twitter
https://twitter.com/CAPCOM_eSports



『ストリートファイターV』について


「ストリートファイター」シリーズは、1987年に業務用ゲーム機として第1作目を発売後、1991年発売の『ストリートファイターII』において大ヒットを記録しました。革新的な対戦システムが話題を呼び、家庭用ゲームソフトでは全世界でシリーズ累計4,800万本(2022年6月末時点)の出荷を誇るなど、対戦格闘ゲームというジャンルを確立。登場から30年経た今なお世界中で人気を博しており、eSportsにおける格闘ゲーム分野を牽引するタイトルとなっています。「ストリートファイター」シリーズ史上初の「PlayStation(R)4」ユーザーと PC ユーザーが対戦できる「クロスプラットフォーム」プレイの導入を実現しております。待望の追加キャラクターに加え、多数の新コスチュームや新ステージを含む「シーズン5」が配信中です。
https://www.capcom.co.jp/sfv/

また、今から始める方や、今までの追加コンテンツがほしい方は『SFV:チャンピオンエディション + シーズン 5 プレミアムパス バンドル』がおすすめです。
https://www.capcom.co.jp/sfv/product.html#bundle



株式会社カプコンについて


1983年の創業以来、ゲームエンタ-テインメント分野において数多くのヒット商品を創出するリーディングカンパニー。代表作として「バイオハザード」、「モンスターハンター」、「ストリートファイター」、「ロックマン」、「デビル メイ クライ」などのシリーズタイトルを保有しています。本社は大阪にあり、米国、イギリス、ドイツ、フランス、香港、台湾およびシンガポールに海外子会社があります。
http://www.capcom.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ