この記事はPR TIMESからの提供を受けています。記事内容についてはPR TIMESへ、記事で紹介している商品・サービスに関する詳細は発売・配信元のメーカーへお問い合わせください。
京都精華大学
京都精華大学デザイン学部ビジュアルデザイン学科3年生が「ゲームアプリプロジェクト」授業で制作したオリジナルのVRゲームを、2022年9月29日(木)、30日(金)の2日間、京都国際マンガミュージアムで体験していただけます。


デザイン学部デジタルクリエイションコースでは、2年次から3年次にかけて3Dのデジタル技術を習得し、ゲームの企画・制作に取り組む授業を設けています。アナログゲームの企画と商品化を通じてゲーム作りの基本を学び、それと並行して、3DCGやプログラミング、映像編集を学ぶ授業が準備されています。

3年次にはそれらの知識やスキルを活かし、チームでゲーム制作を行うプロジェクト型の授業があります。企画、コンセプトアート、キャラクターデザイン、CG、プログラミングなど、個々の得意分野を活かし担当。VRやARゲームを企画制作から完成まで実践する、将来ゲーム制作に携わりたいと希望する学生も多いデジタルクリエイションコースの人気授業の1つです。今回は3年生が制作したVRゲームを一般の方にも体験いただけるよう、イベント「VR GAME FESTIVAL」を開催します。

体験していただいた方には、プレゼントもご用意しています。ぜひお気軽にお越しください。



イベント名「2022 VR GAME FESTIVAL」
日程:2022年 9月29日(木)、9月30日(金)
時間:11:30~17:30 ※最終受付 17:00
会場:京都国際マンガミュージアム(1階 多目的映像ホール) 〒604-0846 京都市中京区烏丸通御池上ル (元龍池小学校)
出演・出展者:デザイン学部デジタルクリエイションコース3年生
料金:無料(別途京都国際マンガミュージアムの入場料が必要です)
参加方法:当日、会場にて予約受付
公式SNSアカウント:https://twitter.com/kyotoseika_VR



当日会場で体験できる3種類のゲーム

1:「Range Notes」



全方位譜面の新感覚 VRリズムゲーム。腕を動かすだけのカンタン操作で、ダンス気分を味わえます。ポップ&カラフル&クールな世界の中で、ハイスコアをめざしましょう。

2:「Snail」


美しく静かな森でタニシを導くVR箱庭ゲーム。1匹のタニシを導き、光るコケを食べさせていく冒険ゲームです。作りこまれた世界観をぜひ体験ください。

3:「マッスルポーズDE321」


新人ボディービルダーとして、リズムに合わせてポージングを決めるVRポージングゲームです。ユニークなコーチのキャラクターの掛け声に合わせて、マッスルポーズをしてみましょう。

デザイン学部デジタルクリエイションコース


デジタルクリエイションコースの授業では、人が共感する物語、アクションを起こしたくなる仕掛け、人を巻き込む企画などについて徹底的に研究。そのうえで、「ゲーム」「ムービー」「デジタルアート」などの表現を使ってアイデアを社会に発信する方法や、イベントとして具現化する方法を学びます。このほか、マーケティングやマネジメントなど、ビジネスに関する知識も修得。説得力のある表現で、着実にメッセージを伝える力を身につけます。

指導教員 大溝 範子(デザイン学部デジタルクリエイションコース教員)


京都精華大学美術学部デザイン学科卒業。アーケードゲーム「ガンブレードNY」「トップスケーター」、家庭用ゲーム「ブリンクス」「ブルードラゴン」「ラストストーリー」などの制作に携わる。ゲームキャラクターのディレクション及びゲーム開発全般、プロジェクトマネージング、人事採用まで幅広く担当。現在、スマートフォンのゲームアプリのアートディレクション等で活動中。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ