この記事はPR TIMESからの提供を受けています。記事内容についてはPR TIMESへ、記事で紹介している商品・サービスに関する詳細は発売・配信元のメーカーへお問い合わせください。
株式会社LOCKER ROOM
”縦読みフルカラーマンガ”として知られるデジタルコミック「Webtoon」(ウェブトゥーン)の企画・制作・編集を専門で行う株式会社LOCKER ROOM(本社:東京都品川区 / 代表取締役:朝岡優太 / 以下「LOCKER ROOM」)は、ピクシブ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:國枝信吾)と「Webtoon」の共同制作プロジェクト「THE NEXT WEBTOON PROJECT Vol. 1」を2022年7月5日(火)より開催します。







「THE NEXT WEBTOON PROJECT Vol. 1」とは

pixivコミックでしか読めないWEBTOON9作品の1話のみを同時公開します。その中から「続きが気になる」作品へ投票をしていただきます。


多くの票が集まった作品は、pixivコミックでフルカラー連載が開始され、続きのストーリーをお読みいただける予定です。

対象の9作品は、ピクシブ株式会社と株式会社LOCKER ROOMがストーリーの発案から制作まで0から構想し、共同製作した完全オリジナル作品です。

異世界転生や、復讐系などさまざまなジャンルのWEBTOONをお楽しみいただけます。

pixivコミック限定の完全オリジナルのWEBTOON作品をお楽しみいただき、続きが気になる作品にぜひ投票ください。
企画詳細は、以下の特設サイトよりご覧ください。

特設サイト:https://comic.pixiv.net/campaign/the_next_webtoon_project_vol1



投票期間


2022年7月5日(火)12:00~7月19日(火)12:00まで

※結果発表は7月下旬以降を予定しています。



pixivコミック公式Twitterにてプレゼントキャンペーンを実施中!





pixivコミック公式Twitterアカウント(@pixivcomic)をフォローし、対象のツイートをリツイートすることで、抽選で102名様にAmazonギフト券やモバイルバッテリーがもらえるキャンペーンを実施中!
詳細は以下のキャンペーンツイートよりご確認ください。
https://twitter.com/pixivcomic/status/1544162517429420033



日本のWEBTOONをもっと盛んに


近年、日本のマンガサービスでは多くのWEBTOON作品が連載されており、たくさんの方が閲覧しています。しかし、日本から生まれたWEBTOON作品はコンテンツ数もヒット数も海外と比べてまだまだ少ない状況です。

今回、日本の豊かなマンガ・イラスト文化を活かしながら、ピクシブが持つプラットフォームの発信力やLOCKER ROOMのWEBTOON制作力を掛け合わせることで、日本を代表するWEBTOON作品の創出を目指します。

さらに、WEBTOON作品のノウハウや知見を広めていくことで、クリエイターのマンガ制作の選択肢を広げ、日本のWEBTOON文化を作っていきたいと考えています。



投票対象作品


■悪の組織で正義執行

世は大英雄社会。英雄たちは自分の正義を貫く一方で、時に人を傷つけてもお咎めなしだった。そんな世界に疑問を覚える主人公の戸賀山(とがやま)は、ひょんなことから悪の組織に入ることに。そこで自分なりの正義を貫いていく……!

作品ページURL:https://comic.pixiv.net/works/8446


■欺きの王
被害総額3000億円とも言われる天才詐欺師・芥川。異世界に転生した彼は、詐欺のテクニックを使って悪徳商人から品物をせしめ、貧しい子どもたちに分け与える。これは彼が「欺きの王」と呼ばれるようになるまでの物語――。



作品ページURL:https://comic.pixiv.net/works/8445





■異形喰(いぎょうしゅ)
20XX年、突如出現したダンジョンから正体不明のモンスターが出現。それと同時に人類は覚醒し、モンスターと戦う術を手に入れた。生まれてからレベルが0のままの主人公・景谷圭(かげやけい)はある日、上級ハンターに利用され、絶体絶命の危機に陥る。生きながらえるため、1匹のゴキブリを食べたのだが……。

作品ページURL:https://comic.pixiv.net/works/8448


■今夜も私はシンデレラ
見た目が地味で、男と無縁な世界で生きてきた美咲は、同僚にもバカにされる毎日。ところが、同僚に連れられ訪れたホストクラブで華やかな夜の世界を知り、まだ見ぬ自分と世界を求めて変わることを決意! キャバ嬢として成り上がっていく。

作品ページURL:https://comic.pixiv.net/works/8440


■小卒勇者の帰還
13歳で異世界に転生し、魔王を倒して現世に帰還したエイジ。しかし小卒のエイジに就ける仕事はなく、アルバイトで生計を立てる日々だった。そんなある日、現世ではありえないはずの魔物と魔術師の戦闘に遭遇したエイジは――。

作品ページURL:https://comic.pixiv.net/works/8444


■世界で1番頭が良くなりました
頑張っているつもりなのに、何ひとつうまくできない中学生ヒカル。そんな彼が転生したのは、彼でも活躍できる世界だった!? 俺以外全員レベルダウンした世界で成り上がる、異色の転生コメディ!!!

作品ページURL:https://comic.pixiv.net/works/8447


■闘争神虎(とうそうじんこ)
荒神(あらがみ)と虎石(とらいし)の兄弟の父親は権力者に殺され、その事実はもみ消される。犯人への復讐と、腐った社会の変革を誓った2人は、表の世界と裏の世界の両面から成り上がっていく。

作品ページURL:https://comic.pixiv.net/works/8441



■復讐コンサルタント
頷木笑顔(うなづきえがお)の父親は、財閥の不当な追い込みにより自殺した。
頷木は父親を死に追いやった財閥に入社し、仇を取ることを決意する。復讐のコンサル劇が今、始まる!

作品ページURL:https://comic.pixiv.net/works/8443



■リモートワーク勇者
新アプリの開発に携わっていたが、陰謀に巻き込まれ、命を落とした松下。目が覚めると、松下は勇者に転生して世界を救うよう求められる。人と話すのが苦手な松下に勇者がつとまるはずもなく……、リモートワークで世界を救うことに!?

作品ページURL:https://comic.pixiv.net/works/8442





WEBTOONに関心のあるクリエイターを募集しています


日本発のWEBTOONヒット作品を生み出すべく、WEBTOON制作に携わっていただけるクリエイターを募集しています。線画担当や着彩担当など部門に分かれていますので、マンガやWEBTOON制作未経験の方でも応募いただけます。また、線画、着彩、仕上げに関わる方に、制作費に加えて、印税を含めたインセンティブの付与を行う予定です。

募集部門や各部門の詳細は、制作を担当するLOCKER ROOMのリクルートページよりご確認ください。

応募の詳細はこちら:https://lockerroom.co.jp/recruit




■ “縦読みマンガ” WEBTOONとは
縦スクロールやオールカラーを特徴とした、主にスマートフォンでの閲覧を想定して作られたデジタルコミック。スマートフォンやパソコンでマンガを読む習慣が広がっている今、アジアをはじめ北米など、国際的に人気が高まっている。

■pixivコミックとは https://comic.pixiv.net/
pixiv発のマンガをはじめ、今話題のマンガ5,000作品以上が無料で読めるサービスです。pixivに投稿されているオススメ作品の紹介や、アニメ化された作品、最新の話題作など、人気のマンガを無料でお楽しみいただけます。各出版社のマンガはもちろん、pixivと出版社が協同で提供する、ここでしか読めないオリジナル作品も多数掲載中です。2022年6月6日に10周年を迎えました。

■株式会社LOCKER ROOM(ロッカールーム) https://lockerroom.co.jp/
縦読みマンガとして知られるデジタルコミック「WEBTOON」(ウェブトゥーン)専門の企画・制作・編集スタジオ。「LOCKER ROOM」という社名には、"部室や全国大会の控室" という想いを込めています。これからの世代が、夜も眠れないくらい熱狂できるような作品を生み出すために、まずは私たちが熱狂し、泥まみれになりながら、ものづくりをしています。

所在地 : 東京都品川区上大崎2-24-11 目黒西口M2号館5F
代表取締役:朝岡優太
事業内容:WEBTOON(縦スクロールの漫画)の企画及び制作事業
設立日:2021年6月

■ピクシブ株式会社 https://www.pixiv.co.jp
所在地 : 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-23-5 JPR千駄ヶ谷ビル6F
代表取締役:國枝信吾
事業内容:インターネットサービス事業
設立日:2005年7月25日
お問い合わせ:村松・高橋
メールアドレス:info@pixiv.co.jp

■ 本件に関するお問い合わせ先
株式会社LOCKER ROOM 朝岡・堀田
E-mail:info@lockerroom.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ