この記事はPR TIMESからの提供を受けています。記事内容についてはPR TIMESへ、記事で紹介している商品・サービスに関する詳細は発売・配信元のメーカーへお問い合わせください。
オタライゼーション株式会社
オタライゼーション株式会社は日中の作品のWebtoon制作配信事業とインディーズ作家の育成事業を行うWebtoon制作スタジオ「altcomics studio(アルトコミックススタジオ)」を立上げました。


オタライゼーション株式会社(代表取締役 高村 昌寛)は2022年7月4日に日中の漫画家を支援する支援するWebtoon(ウェブトゥーン)事業をスタートすると同時に、Webtoon制作スタジオ「altcomics studio(アルトコミックススタジオ)」を立上げました。


韓国を発祥とし、欧米市場でも注目をされている縦にスクロールしながら読むことが出来るスマートフォンに適したマンガ表現であるWebtoonにおいて、国内の漫画作品のみならず、マンガ市場で注目されている中国作品を取り扱っていきます。

また同時に立ち上げたWebtoon制作スタジオ「altcomics studio(アルトコミックススタジオ)」は、インディーズ作家を含む漫画家の育成とサポートを目的としています。

日本のマンガ作品はSNSの発達によるグローバル化や様々なツールの発展により、インディーズ作家でも自身の作品を発信することが出来るようになりました。

しかしスマートフォンに適したWebtoonに対応できる漫画家はまだ数が少なく、Webtoonへの対応が遅れている状態です。

altcomics studioではWebtoonに適した作品が制作できるように漫画家を育成し、新たな作品を生み出すサポートをしていくことで、1人でも多くの漫画家が多様かつ斬新な想像力を活かし、今までにない革新的な作品を生み出す場を提供していきます。

将来的には日本、中国の漫画家のみならず韓国、台湾などを含むアジア圏、中東などの漫画家の作品をWebtoonにて取り扱うことを視野に入れています。

国内外の作品を多く取り扱い、世界中に発信していくことで、マンガが好きなお客様だけでなく、まだマンガ作品に興味を持っていただけていないお客様にも楽しんでいただけるような作品を提供していくことを目標としています。

私たちは「マンガは無限に拡大していく可能性を秘めているツールである」と信じています。

そしてマンガという一つのツールが世界中の人々のコミュニケーションツールの一つになることを目指してサービスを提供していきます。


◆オタライゼーションとは
オタライゼーション株式会社は、『世界をオタク化する』というビジョンを実現するために、様々なテクノロジーを駆使してオタクコンテンツを提供しているエンターテイメント企業です。

オタライゼーションではコンテンツのグッズ制作や翻訳をおこなうことで世界にオタクコンテンツを発信しているだけでなく、VRやAR技術を活用した販売イベントの実施や、NFT(非代替性トークン)を活用したコンテンツ販売・管理サービスを提供することにより、今まで出会うことが出来なかった世界中の人々とコンテンツとの新たな出会いの場を創造していきます。

日本のCoolなOtaku文化を世界各国の言葉にLocalizeする。そして世界中で楽しんでいただけるようにGlobalizeしていくことで、誰もが自分自身が好きであるものに誇りに持ち、オタクであることを満喫できような世界を目指して挑戦しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ