この記事はPR TIMESからの提供を受けています。記事内容についてはPR TIMESへ、記事で紹介している商品・サービスに関する詳細は発売・配信元のメーカーへお問い合わせください。
北米教育eスポーツ連盟
次世代が成長するために、eスポーツを活用した教育、そして人材育成を支援する、北米教育eスポーツ連盟 日本本部(通称:NASEF JAPAN/ナセフ ジャパン、会長:松原昭博)は、2022年夏・特定非営利活動法人 北米教育eスポーツ連盟 日本本部の 設立に向けて動いております。


“子どもたちがいる(興味・関心がある)ところに大人が出向く”という理念のもと、2020年11月、任意団体として「北米教育eスポーツ連盟日本本部」が発足してから約2年。

eスポーツを活用した教育と人材育成を支援に力を入れてきたNASEF JAPANでは、さらなる活動の翼を拡げ社会貢献を進め、「eスポーツ部向けガイドライン」といった独自コンテンツ事業、NASEFが実施するFarmcraft™を中心とした教育コンテンツの普及と啓発、筑波大学を始めとした大学・研究機関と連携した「eスポーツの教育的効果」に関する研究に力を入れてまいります。

◆NASEF JAPANの軌跡
<主な活動>



2020年11月:任意団体「北米教育eスポーツ連盟日本本部」発足
2021年3月:第1回「eスポーツ国際教育サミット」開催
2021年9月:高校生向けeスポーツ大会第1回「NASEF JAPAN Major Tournament」開催
2021年11月:第2回「eスポーツ国際教育サミット」開催
2022年 4月:高校生向けeスポーツ大会第2回「NASEF JAPAN Major Tournament」開催  (初めて教育コンテンツとeスポーツ大会を融合した企画を実施)

これらに加え


NASEF JAPAN EXTRA Tournament
教員向けウェビナー
フェロー教員向け情報交換会


◆特定非営利活動法人設立に関するコメント~北米教育eスポーツ連盟 日本本部 会長 松原 昭博~




NASEF JAPANはこれまで2年間任意団体として活動の基盤づくりに努めてまいりました。この間に多くの教育界や生徒の皆さんに我々の理念に共感いただきその活動にも参加いただきました。この度、特定非営利活動法人を設立し、さらに多くの個人、団体、企業の皆さんの賛同を得て、我々の活動を日本の将来を担う人材を育成する大きなウェーブとして社会貢献したいと考えています。
|PROFILE  松原 昭博 /北米教育eスポーツ連盟 日本本部 会長  
大阪生まれ。大学卒業後ソニー株式会社に入社。15年間に渡る海外赴任生活を通じて グローバルで活躍できる人材の必要性を痛感。2020年11月より任意団体NASEF JAPAN代表。

◆特定非営利活動法人 北米教育eスポーツ連盟 日本本部について(2022年夏設立予定)
○団体名称|特定非営利活動法人 北米教育eスポーツ連盟 日本本部
【英語表記】North America Scholastic Esports Federation JAPAN
○設立予定日|2022年8月を予定

<基本理念>
多くの高校生がオンラインゲームに興味を持ち、利用する環境にあり、その状況を有効な教育機会として十分に活用し、これからの社会を生きる上で重要なテクノロジーリテラシー・英語・コミュニケーション能力の向上とキャリア教育に繋げる。
<目指すもの>
日本におけるeスポーツ活動を普及し、その活動を通じて若年層の優れた人格の形成とITスキルの向上を図り、
また、教育格差を是正することで優れたDX人材の育成に寄与する。


<2022年の注力活動>
特定非営利活動法人 北米教育eスポーツ連盟を設立後、下記の取り組みを中心に活動してまいります。
1. NASEF独自のコンテンツ開発

eスポーツ部向けガイドライン(設立準備編・運営編)の作成/提供
eスポーツ部・パソコン部向けSTEAM教育コンテンツの作成/提供
既に日米の学校現場で実践されている教育コンテンツの編集/提供

2.普及と啓発


NASEF Farmcraft™を中心とした教育コンテンツの普及/啓発
教員向けセミナー/情報交換の実施
教員相互のコミュニティづくり

2.調査研究


筑波大学をはじめとした大学・研究機関と連携した「eスポーツの教育的効果」に関する研究

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ