この記事はPR TIMESからの提供を受けています。記事内容についてはPR TIMESへ、記事で紹介している商品・サービスに関する詳細は発売・配信元のメーカーへお問い合わせください。
海と日本プロジェクト広報事務局
全国灯台文化価値創造フォーラムは、全国の灯台の奥深い魅力をオリジナルストーリーとして磨き上げ、88の灯台をキャラクター化(擬人化)するオリジナル・エンターテインメント『燈の守り人』プロジェクトと連携して、灯台の新たな歴史・文化価値を創出する活動を推進しています。


その一つとして2020年11月から始まった灯台擬人化プロジェクトのボイスドラマ「幻想夜話」がこの度リニューアルし、2021年11月15日から音声コンテンツメディア・プラットフォーム各社(YouTube、南海放送ラジオ)にて装いも新たに配信を開始しました。

そして7月8日より、
第25弾の入道埼灯台(秋田県)/声優:大和田仁美
の配信を開始します。語り部は長岡叶夜/声優:服部想之介でお贈りいたします。

また、本年度は日本全国にある19自治体20基の灯台をキャラクター化します。各キャラクターは、それぞれの灯台が実際に有する歴史や文化、エピソードをベースに新たな創作を施し、青二プロダクションを中心とした豪華声優陣によって魂を宿されます。灯台の魅力を何倍にも増幅した存在として、これまでの灯台ファンは勿論のこと、さらに幅広い方々へお届けします。公式サイトでも各キャラクターやコンテンツが随時更新されますので、ぜひご覧ください。
【公式サイト】燈の守り人 https://www.akarinomoribito.com/

航路標識として、「従来の船舶交通の安全を担う」という重要な役割から広がりつつある灯台の存在意義を考え、灯台を中心に海の記憶を掘り起こし、地域と地域、異分野と異業種、日本と世界をつなぎ、新たな海洋体験を創造していくために「燈の守り人」は発足しました。この活動は、次世代へ海を引き継ぐために、海を介して人と人とがつながる“日本財団「海と日本プロジェクト」”の一環です。

●キャラクター紹介
第25弾 入道埼灯台(秋田県)/声優:大和田仁美



入道埼灯台/秋田県 男鹿市
日本海を望む男鹿半島に建つ白黒のシマ模様をした灯台。全国に16基ある参観灯台の1つ。初点灯100周年を記念して設置された灯台資料展示室では、当時使用していたレンズほか灯台の関係資料を閲覧することができます。


灯台データ
初点灯: 1898年
灯台の高さ: 28m
灯りの高さ: 57m
レンズ: 第三等大型フレネル


<団体概要>
団体名称 :全国灯台文化価値創造フォーラム
URL :https://toudai.uminohi.jp

「燈の守り人」プロジェクト
『燈の守り人』は、日本全国の海岸線に建設されている灯台を擬人化したオリジナル・エンターテインメントです。灯台に自らの魂を捧げ、海の災厄「水禍」から日本を守ってきた灯台の化身「燈の守り人」たちの物語で、灯台からみた日本の近代史など、灯台の多様な魅力を伝えていく大河ファンタジーです。
『燈の守り人』プロジェクトでは、各地の灯台の魅力をオリジナルストーリーでエンタメ化することにより、これまでの灯台ファンは勿論のこと、さらに広い層にその魅力を届け、灯台に足を運ぶ人を増やし、地域の海洋資源として、灯台に光を当てることを目指します。
https://www.akarinomoribito.com/

<2022年度(2022年4月~2023年3月)の活動>
1.キャラクター制作…20灯台のキャラクター制作
2.ボイスドラマ…有名声優が朗読するオリジナル脚本によるボイスドラマ(2021年11月より配信中)
3.音声ガイド…有名声優が各灯台の概要をナビゲーションする音声ガイド(2021年11月より配信中)
4.webtoon(縦読み漫画)連載…漫画アプリ各社にて連載(2022年冬(予定)より連載開始予定)
5.声劇(朗読劇)イベント…有名声優による声劇(朗読劇)イベント(不定期開催)
6.19自治体にキャラクター贈呈の表敬訪問…自治体とのタイアップ展開(2021年10月より実施中)

日本財団「海と日本プロジェクト」
さまざまなかたちで日本人の暮らしを支え、時に心の安らぎやワクワク、ひらめきを与えてくれる海。そんな海で進行している環境の悪化などの現状を、子どもたちをはじめ全国の人が「自分ごと」としてとらえ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくため、オールジャパンで推進するプロジェクトです。
https://uminohi.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ