この記事はPR TIMESからの提供を受けています。記事内容についてはPR TIMESへ、記事で紹介している商品・サービスに関する詳細は発売・配信元のメーカーへお問い合わせください。
株式会社集英社

少年ジャンプ+編集部が運営するデジタルサービスの最新情報やこれからの展望について語るオンライントークイベント「ジャンプのミライ2022」を6月から3か月間、月に一度実施予定です。本イベントは、募集中の「ジャンプアプリ開発コンテスト2022」の関連イベントとしてWEBサービス開発者などを対象に全3回で実施しているオンライントークイベントです。


6月29日18時30分~20時30分にその第1回を開催。「ジャンプの現在位置」をテーマに編集部員らが登壇し、「少年ジャンプ+」プロジェクトの狙いや成果、少年ジャンプ+編集部が運営するデジタルサービスの最新状況や情報を発表しました。
イベント内では少年ジャンプ+編集部の新たな取り組みとして、「2023年以降に始まる「少年ジャンプ+」オリジナル作品の新連載は、すべて英訳、日本では「少年ジャンプ+」で日本語版を、「MANGA Plus by SHUEISHA」で英語版を同時連載する方針」を発表しました。

これにより、「少年ジャンプ+」の連載が最新話の更新のたびに、日本だけでなく世界中で同時・共通の話題となり、世界規模でのヒットマンガを生みだしていく基盤としていきたいと考えています。
 ※諸般の事情により一部作品は日本限定の連載となる場合もあります。 
 ※インディーズ連載作品も対象外です。
 ※「MANGA Plus by SHUEISHA」は日本、韓国、中国では公開しておりません。


第1回「ジャンプのミライ2022」では、加えて、海外のクリエイターによる自由なマンガ投稿のプラットフォームを「MANGA Plus by SHUEISHA」内に開設予定であることも併せて発表。こちらも詳細は年内に改めて発表する予定です。

また、第2回と第3回の開催日時、登壇者や詳細テーマも発表しました。
第2回には『SPY×FAMILY』『チェンソーマン』など話題の連載を立て続けに手掛ける少年ジャンプ+副編集長・林士平、第3回には株式会社ミラティブ代表取締役・赤川隼一氏やZ Venture Capital株式会社代表・堀新一郎氏ら、注目必至の登壇者が。 ぜひご注目いただき、多くの方に視聴いただければと思います。
【「ジャンプアプリ開発コンテスト2022」WEBサイト】 https://jumpplusappcompe.com/
【トークイベント「ジャンプのミライ2022」WEBサイト】 https://jumpplusappcompe.com/jumpnomirai/

 【ジャンプのミライ2022 第2回・第3回の詳細情報(予定)】


第2回 「ジャンプの挑戦 ~少年ジャンプ+編集部による新しい企画の紹介~ 」

作品創出の新たな仕組みである「少年ジャンプ+」プロジェクト。取り組んできた各WEBサービスについて、開発者と担当編集者がお話しします。 「才能を発掘し、サポートをする」ことでマンガを創出してきたマンガ編集者が、今度は開発者とタッグを組んでWEBサービスを創出する。その生の声をお届けします。



●開催日時:7月27日(水)18:30-
●開催方法:オンライン(Zoomウェビナー)
●プログラム:
1:「World Maker β」(誰でもスマホでマンガネームを作ることができるサービス)の製作過程紹介と最新状況
2:「Langaku」(“マンガで楽しく英語多読” を実現、学習アプリ)の製作過程紹介と最新状況
3:「ドドドJUMP」(ボタンひとつでマンガ風動画がつくれる無料AIアプリ)の製作過程紹介と最新状況
4:座談会
●登壇者:敬称略
けんすう(モデレーター)
少年ジャンプ+編集長 細野 修平 (「Langaku」担当)
少年ジャンプ+副編集長 籾山 悠太 (「ドドドJUMP」担当)
少年ジャンプ+副編集長 林 士平 (「World Maker β」担当)
面白法人カヤッククリエイティブディレクター 佐久間 亮介 (「World Maker β」担当)
Mantra株式会社代表取締役 石渡 祥之佑 (「Langaku」担当)
ブラックリボン軍代表者 江國 翔太 (「ドドドJUMP」担当)
ちょまど(司会)


第3回 「ジャンプのミライ ~少年ジャンプの10年後の姿を語り合う~ 」

この10年で少年ジャンプをめぐる状況・環境は大きく進化しました。デジタル配信、全世界・多言語での公開、投稿公開プラットフォームなどが始まり、様々なデジタル・サービスが読者とマンガ家にとってなくてはならない役割を果たしています。 では、次の10年で少年ジャンプは一体どう進化していくのか?WEBTOON、NFTの次にスポットライトを浴びるのは? 少年ジャンプ+編集長と識者とで“ミライ”の姿を語り合います。


●開催日時:8月24日(水)18:30-
●開催方法:オンライン(Zoomウェビナー)
●プログラム:

ゲームの流れからみる、マンガのライブサービスの可能性
世界のマネーの流れと、WEBTOONをはじめとするエンタメ領域の次の注目分野
Web3やNFT、メタバースなどの新しい技術の流れによるマンガへの影響とは?
10年後の少年ジャンプはどうなっているか?


●登壇者:敬称略
けんすう(モデレーター)
少年ジャンプ+編集長 細野 修平
株式会社ミラティブ代表取締役 赤川 隼一
Z Venture Capital株式会社代表取締役社長 堀 新一郎
ちょまど(司会)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ