この記事はPR TIMESからの提供を受けています。記事内容についてはPR TIMESへ、記事で紹介している商品・サービスに関する詳細は発売・配信元のメーカーへお問い合わせください。
株式会社マイクロマガジン社
・シリーズ累計14万部突破!戦略級異世界ファンタジーの決定版!! ・次に来るライトノベル大賞2021 WEB発単行本部門9位!


マイクロマガジン社(東京都中央区)は、GCノベルズ『異世界黙示録マイノグーラ~破滅の文明で始める世界征服~5』を6月30日に発売いたします。


異世界黙示録マイノグーラ~破滅の文明で始める世界征服~5
https://micromagazine.co.jp/book/?book_no=1372
著:鹿角フェフ/イラスト:じゅん
ISBN:9784867163115
定価:1,430円(本体1,300円+税10%)
発売日:2022年6月30日

聖女と魔女による斬首作戦によって英雄である《汚泥の魔女アトゥ》を奪われた上、
心臓を貫かれ、燃え盛る業火に飲み込まれた拓斗。
一敗地に塗れたかのように思われたマイノグーラであったが……しかし拓斗は滅んではいなかった。
復活した拓斗は単身、レネア神光国――聖女と魔女によって統治される新興国家へと向かう。
アトゥを取り戻すために、そして――?

〈古き聖女の神託書〉に記されし世界の脅威“破滅の王”イラ=タクトの力が今、試される。




異世界黙示録マイノグーラ~破滅の文明で始める世界征服~ 著:鹿角フェフ/イラスト:じゅん



【あらすじ】
若くして病死した伊良拓斗は、
生前熱中していた戦略級ファンタジーSLG「Eternal Nations」に似た異世界に転生してしまった。
それも邪悪属性文明「マイノグーラ」を率いる邪神として――。

「拓斗様……また、二人で始めませんか」

目の前に現れた可憐な少女――マイノグーラの英雄ユニット“汚泥の魔女"アトゥの言葉に拓斗は頷き、
二人だけの新国家マイノグーラが産声を上げる。
しかし、彼らマイノグーラは「内政特化で戦争が苦手」という邪悪らしからぬ特徴を持ち、
ユーザーから「もっとも使いにくい」と評されるほどの超上級者向け勢力なのであった……!

【既刊情報】
異世界黙示録マイノグーラ~破滅の文明で始める世界征服~1

https://micromagazine.co.jp/book/?book_no=597
ISBN:9784896379440  定価:1,100円(本体1,000円+税10%)
異世界黙示録マイノグーラ~破滅の文明で始める世界征服~2
https://micromagazine.co.jp/book/?book_no=662
ISBN:9784867160237 定価:1,320円(本体1,200円+税10%)
異世界黙示録マイノグーラ~破滅の文明で始める世界征服~3
https://micromagazine.co.jp/book/?book_no=1144
ISBN:9784867161074 定価:1,320円(本体1,200円+税10%)
異世界黙示録マイノグーラ~破滅の文明で始める世界征服~4
https://micromagazine.co.jp/book/?book_no=1246
ISBN:9784867162040/定価:1,320円 (本体1,200円+税10%)


夢をつかむ、次世代型ノベルレーベル【GCノベルズ】 https://gcnovels.jp/



「GCノベルズ」は『転生したらスライムだった件』や『賢者の弟子を名乗る賢者』など、
話題のWEB小説を続々と刊行する、終わりなき挑戦を続ける次世代型ノベルレーベル。新刊は毎月30日頃発売。

【お問い合わせ先】release_mg@microgroup.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ