この記事はPR TIMESからの提供を受けています。記事内容についてはPR TIMESへ、記事で紹介している商品・サービスに関する詳細は発売・配信元のメーカーへお問い合わせください。
JTBコミュニケーションデザイン
 JTBグループで様々なコミュニケーションサービスを提供する株式会社JTBコミュニケーションデザイン(東京都港区、代表取締役 社長執行役員:古野 浩樹、以下、JCD)は、プログラミング教育にご活用いただける “JCDプログラミング教材” を無償で提供するサービスを開始します。小学校の先生方に寄り添い児童にわかりやすく指導ができる教材です。



“JCDプログラミング教材”概要


 このたび、公立小学校向けプログラミング教育推進事業者として多くの実績を持つ、株式会社ヴィリング社と協同で、小学校のプログラミング学習授業に合わせた教材を開発しました。

 “JCDプログラミング教材”は、新小学校学習指導要領に合わせ、ビジュアルプログラミング言語「Scratch(スクラッチ)」や「Viscuit(ビスケット)」の使用を前提とし、小学1~6年生まで学年ごとに難易度、指導の要点をまとめた内容となっており、【授業案】【教員向け指導動画】【指導補助の副教材】【児童用動画】の4項目で構成されているため、授業の準備時間の削減や授業での指導ポイントが整理できるのが大きな特徴です。

 JCDはこのプログラミング教材を通じて、小学校でのプログラミング教育をサポートし、将来求められる能力である、物事を「論理的に考える力」や「考え抜く姿勢」の育成を応援します。

【JCDプログラミング教材内容】
1年生:「ビスケット」でコンピュータ語を書こう(教科外)
2年生:まとまりに分けて、お話しを書こう(国語)
3年生:ローマ字で自己紹介をしよう(国語)
4年生:いろいろな意味を持つ言葉でクイズプログラミング(国語+教科外)
5年生:正多角形と円(算数)
6年生:拡大図と縮図(算数)

※“JCDプログラミング教材”のダウンロード方法は、こちらの公式HPをご確認ください。
公式HP:https://jcdpgtool.jp/

【会社概要】
社名 :株式会社JTBコミュニケーションデザイン
所在地:東京都港区芝3-23-1 セレスティン芝三井ビルディング12階
代表者:代表取締役 社長執行役員 古野 浩樹
設 立:1988年4月8日
URL : https://www.jtbcom.co.jp
※本企画の主催・推進を担当。

社名:株式会社ヴィリング
所在地:東京都上荻1丁目23番19号 東神荻窪ビル
代表者:代表取締役 中村一彰
設立:2010年10月10日
URL :https://www.viling.co.jp/
※プログラミング教材の共同開発を担当
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ