この記事はPR TIMESからの提供を受けています。記事内容についてはPR TIMESへ、記事で紹介している商品・サービスに関する詳細は発売・配信元のメーカーへお問い合わせください。
カルチュア・エンタテインメント株式会社
皆さんご存じ、進撃の巨人。進撃の巨人ファンならば、一度は想像するのではないでしょうか。あの世界。 巨人があらわれたら?はたまた、自分が巨人になったら? そんな憧れの世界で巨人気分が体験できるアイテムをご紹介します。巨人になったつもりで、ぜひご覧ください。 駆逐されないように、要注意です!



1:全長36センチのリヴァイ「ぐるぐるみ」

いろいろな角度から襲撃してこようとする「ぐるぐるみ」リヴァイ。こちら全長36センチ、腕と足が可動できるので、ポーズをとらせることもできます。チラッと覗くリヴァイがいつ襲撃してくるか、ドキドキしちゃいます。





2:挟む場所があればぶら下がる「ちょこんぐるみ ペンケース」

顔部分にクリップが内蔵されており、PCやバッグなど、様々なところを挟むことが出来るペンケース。ぱっと必要な文具を収納出来るなど機能性も抜群!優しい巨人になって、トートバッグに挟んで一緒にお出かけしてみるのもおすすめです!





3:手首に巻き付く「ちょこんぐるみ シュシュ」

ペットボトルや掃除機、あらゆるところに巻き付けられるシュシュ型のリヴァイ。ギュっとあなたの頭からちょこんと現れる姿はとってもキュート!


詳しくはこちら:https://tfansite.jp/feature/shingeki_news01


進撃の巨人とは?
コミックは全世界累計発行部数1億部を突破、全世界18言語・180ヵ国以上で出版されるなど、日本のみならず世界中に衝撃を与えつづける作品(全34巻、講談社刊)。
その魅力は、作者・諫山創の描き出す物語世界。人類を捕食する謎多き「巨人」、巨人の侵入を阻む高い「壁」に囲まれた人類の居住地、巨人に対抗するために開発された「立体機動装置」など、その世界観は一読した読者の心を離さない。アニメやゲームはもちろん、映画やCM、多数の企業とのコラボレーション企画など、影響はあらゆるメディアに広がりを見せており、今や、日本で最も読まれている漫画の一つと言っても過言ではない。


(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」The Final Season製作委員会
※商品等画像使用の際はコピーライトを明記してください。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ