この記事はPR TIMESからの提供を受けています。記事内容についてはPR TIMESへ、記事で紹介している商品・サービスに関する詳細は発売・配信元のメーカーへお問い合わせください。
株式会社クールジャパントラベル
エンタテインメントと移動・観光を組み合わせたサービスを展開する株式会社クールジャパントラベル(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:宿谷勝士、以下「クールジャパントラベル」)は、移動ソリューションを提供するWILLER株式会社およびクールジャパンコンテンツを展開する株式会社KADOKAWAと連携し、人気アニメ「であいもん」の世界観を体感できる1泊2日の散策ツアー「であいもんと巡る京都和菓子ツアー」を、8月6日(土)および27日(土)出発限定で実施し、本日6月22日(水)より特設ページ(https://travel.willer.co.jp/entertainment/deaimon/)にて販売開始します。


今回のコラボレーション企画は、「であいもん」の舞台である京都で実施します。
1泊2日の1日目は、創業1755年の京都の和菓子を提供する老舗の「俵屋吉富」で、職人が目の前でその技術を披露する和菓子作りの実演を見学し、お茶室で和菓子を抹茶とともに堪能いただけます。2日目は、創業1875年の和菓子店「鳴海餅」の本店の一角で、「であいもん」の原作者・浅野りん先生の本ツアー参加者限定サイン会を開催します。
参加者にはこの旅を目一杯楽しむための“であいもんパスポート”を配布し、パスポートを提示することで限定サイン会に参加できたり、和菓子作りの実演スクールに参加できたり、「であいもん」オススメの和菓子をお得にお楽しみいただけます。自分達のペースで楽しめる自由度の高い散策ツアーとなっていますので、「であいもん」を通じて和菓子の世界を存分にお楽しみください。

 今後も、クールジャパントラベルは、エンタテインメントと移動・観光を組み合わせ、今までにない感動体験を提供します。

≪“であいもんと巡る京都和菓子ツアー” 企画概要≫
■ポイント
1.ツアー参加者限定!「であいもん」原作者・浅野りん先生のサイン会に参加できる!
2.その道のプロである職人が間近で技を披露する和菓子作りの実演を見学&お茶室で抹茶と和菓子を堪能できる。
3.割引を受けられる“であいもんパスポート”を持って、「であいもん」オススメの和菓子をお得にゲット!
4.3つのお持ち帰りグッズをプレゼント!
・であいもんパスポート…パスポート参加店舗で提示すると、500円以上(税抜)のご購入の際に100円引きになるお得
なパスポート。また、パスポート所有者のみ、本ツアー参加者限定のサイン会、和菓子作り実演スクールに参加できる。
・特製和菓子巡りセット…和菓子巡りにピッタリのオリジナルデザインの懐紙と黒文字(菓子楊枝)のセット。
・「であいもん」和菓子キーホルダー…和菓子のイラストがプリントされた「であいもん」特製キーホルダー。

■ツアー行程
・実施日:2022年8月6日(土)~7日(日) または27日(土)~28日(日)の1泊2日
・旅行代金:おひとり様19,800円
 ※ツイン利用時。シングル21,000円。自由行動(和菓子巡り)時の移動費、和菓子購入代、飲食代などは含まれていません。
・最少催行人数:各回60名
・宿泊施設:ホテルエルシエント京都(京都駅八条東口より徒歩2分)
・行程:
<1日目>
鳴海餅本店集合(9:00~12:00)→京都市内の和菓子店巡りなど(自由行動)→京菓子司 俵屋吉富 烏丸店(京菓子資料館)で和菓子作り実演、お茶・和菓子を賞味、資料館見学→ホテルエルシエント京都に宿泊
<2日目>
ホテル出発→京都市内の和菓子店巡りなど(自由行動)→鳴海餅本店で浅野りん先生のサイン会→自由解散
・新型コロナウイルス感染対策:下記の予約サイトにてご確認ください。
・予約サイト:https://travel.willer.co.jp/entertainment/deaimon/

■「であいもん」について
著者:浅野りん
2016年より月刊「ヤングエース」(KADOKAWA刊)にて連載がスタート。現在も連載中で、京都を舞台に人と人を和菓子が繋ぐ、心温まる絆の物語を描いている。2022年4~6月にはテレビアニメが放送。島崎信長、結木梢らが声優を務めた。

■株式会社クールジャパントラベルについて

アニメやコミック・グルメ情報などを中心にクールジャパンコンテンツを生み出してきたKADOKAWAと、テクノロジーを活用して移動サービスに新たな価値を創造するWILLERの合弁会社(2017年に設立)。エンタテインメントと移動・観光を組み合わせたサービスや、コンテンツ企画など今までにないエンタテインメント性の高い特別な体験を提供している。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ