この記事はPR TIMESからの提供を受けています。記事内容についてはPR TIMESへ、記事で紹介している商品・サービスに関する詳細は発売・配信元のメーカーへお問い合わせください。
パナソニックグループ

2022年5月27日より順次発売するパナソニック 4Kテレビ「ビエラ」2022年モデルの対象機種がファイナルファンタジーXIV推奨テレビに認定されました。
本認定を取得したビエラは、株式会社スクウェア・エニックスの開発者自らが映像の品位の確認を行い、ファイナルファンタジーXIVを快適にプレイできることが確認されています。

4Kテレビ「ビエラ」2022年モデルはゲームを快適に楽しめる様々な機能を搭載しており、ファイナルファンタジーXIVをはじめとする様々なゲームをプレイする際にも臨場感あふれる画質と音質で楽しむことができます。

【ファイナルファンタジーXIV推奨テレビ 認定機種】
2022年発売モデル:LZ2000シリーズ、LZ1800シリーズ、LX950シリーズ、LX900シリーズ

対応機種などの詳細はパナソニックWebページにてご確認ください。
https://panasonic.jp/viera/

<4Kテレビ「ビエラ」2022年モデル ゲームを快適にプレイできる様々な機能>
・ゲームモードエクストリーム
最新のHDMI2.1規格で規格化された4K120p入力に対応。さらに信号の処理時間を短縮することで通常モードより映像表示までの遅延を低減し、すばやい操作を要求されるゲームも快適に楽しめます。さらに、入力機器からの情報に連動して、自動的に低遅延のモードに切り替える「ALLM」にも対応しています。加えて「VRR(Variable RefreshRate)」(※1)「AMD FreeSync(TM) Premium」(※1)にも対応しました。次世代ゲーム機を低遅延で楽しむことができます。

※1:LZ2000シリーズ、LZ1800シリーズ、75LX950、43LX900に対応。

・等速駆動モード(※2)
60 Hzのゲームコンテンツを60 Hzのままで表示する「等速駆動モード」を搭載。専用の有機ELパネル制御により、ゲームプレイ時の遅延量を抑えます。

※2:LZ2000シリーズ、LZ1800シリーズに対応。

・ゲームをもっと快適に楽しめる「ゲームコントロールボード」
ゲームプレイヤーがより快適にゲーミングモニターとしてビエラを利用できるように、新たにゲームに特化したユーザーインターフェイス「ゲームコントロールボード」を搭載。ゲームプレイ時に映像のフレームレートやHDRメタデータなどのソース情報を表示できる機能や、映像の暗部を調整して映像の陰の部分を見えやすくする「暗部視認性強調」など、ゲームプレイに特化した機能も搭載しています。

<ファイナルファンタジーXIV 開発・運営チーム コメント>
このたびは2022年モデル、4シリーズを推奨認定させていただきました。いずれの機種も『ファイナルファンタジーXIV』を快適にプレイでき、なかでもLZ2000シリーズ、LZ1800シリーズについては、発色の鮮やかさにスタッフから感嘆の声があがっていました。
『ファイナルファンタジーXIV』は広大なファンタジーの世界を舞台として、自由に冒険を楽しむことができるゲームです。大画面のテレビでプレイすれば、ストーリーやバトルはもちろん、開発スタッフが細部まで磨き上げたフィールドを臨場感たっぷりでお楽しみいただけると思います。深緑の森から、海辺の荘厳な街や星々が瞬く宇宙まで―――高画質・高音質なビエラで、鮮やかな冒険の世界へお出かけください。

※ファイナルファンタジーXIVについて
『ファイナルファンタジーXIV』はオンライン上の広大な世界を舞台に、世界中のプレイヤーと共に冒険ができるRPGです。キャラクターをカスタマイズし、物語の主人公として世界へ降り立てば、『ファイナルファンタジー』シリーズらしい重厚な世界観や魅力的なキャラクターたち、そして、まだ見ぬ冒険者たちとの出会いが待っています。
ひとりで冒険に出かけるもよし、仲間とともに強敵に挑むもよし。家を建ててフレンドと一緒にのんびりしたり、美しい景色のなかで釣りをしたり、ときには遊技場でオンライン麻雀に明け暮れることも……楽しみ方は無限大です!
・「ファイナルファンタジーXIV」プロモーションサイト:
https://sqex.to/oRZf0
・RPG 2本分の物語が無料で遊べる!「ファイナルファンタジーXIV フリートライアル」:
https://sqex.to/0excD

<関連情報>
・パナソニック テレビ ビエラ
https://panasonic.jp/viera/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ