この記事はPR TIMESからの提供を受けています。記事内容についてはPR TIMESへ、記事で紹介している商品・サービスに関する詳細は発売・配信元のメーカーへお問い合わせください。
株式会社 幻冬舎

『女帝』によってネオン漫画という新ジャンルを開拓した漫画原作者の倉科遼氏が、元ナンバーワンホストで現在は新宿・歌舞伎町でホストクラブ、美容室など二十数店舗を展開する「Smappa!Group」の会長、手塚マキ氏をモデルにした「夜を生きる 歌舞伎町ホスト・手塚マキ物語」(画:柳葉あきら)の漫画連載をスタートします。

原作は、手塚氏の著書『新宿・歌舞伎町 人はなぜ〈夜の街〉を求めるのか』(幻冬舎新書/2020年発売)。第一話は、株式会社幻冬舎発行の月刊文芸誌『小説幻冬』6月号(5月27日発売)に掲載され、以後、同誌で継続します。

「『夜王』を終えて10年。もう一度ホストを書きたいと私に思わせたのが手塚マキです」
そう話す倉科氏が、手塚氏を知ったきっかけは、書店でたまたまに手に取った新書『新宿・歌舞伎町』でした。すぐに読み、「こんなホストだったら会いたい」と感動し、手塚氏に連絡したといいます。

倉科氏が、「漫画原作者としての最後の仕事」であり、「ネオン漫画の集大成」だと位置づける本作は、今秋には同氏プロデュースで舞台化も決定しています。

◆倉科遼(くらしな・りょう)
1950年栃木県生まれ。1971年、漫画家・司敬としてバンカラ物を中心としたヒット作品を数多く輩出し、特に『野望の群れ』は全28巻のロングヒットを記録。後に原作者に転身し、倉科遼名義で『夜王』『嬢王』『女帝』など青年誌を中心に数多くの漫画原作を手がけ、ドラマ化もされる。漫画界に "ネオン街モノ"という新ジャンルを開拓した先駆者。

◆手塚マキ(てづか・まき)
歌舞伎町でホストクラブ、BAR、飲食店、美容室など20数軒を構える「Smappa! Group」の会長。1977年、埼玉県生まれ。歌舞伎町商店街振興組合常任理事。JSA認定ソムリエ。96年から歌舞伎町で働き始め、ナンバーワンホストを経て、独立。ホストのボランティア団体「夜鳥の界」を仲間と立ち上げ、深夜の街頭清掃活動をおこなう一方、NPO法人グリーンバードでも理事を務める。2017年には歌舞伎町初の書店「歌舞伎町ブックセンター」をオープンし、話題に。2018年12月には接客業で培った“おもてなし”精神を軸に介護事業もスタート。近著に、『新宿 歌舞伎町 人はなぜ〈夜の街〉を求めるのか 』(幻冬舎新書)がある。

◆柳葉あきら(やなぎは・あきら)
出版社勤務などを経て1998年『upsetぼ~いず』(毎日コミュニケーションズ〈現・マイナビ〉)でデビュー。おもな作品は「銀の鼓動」(講談社)、「外道棋記」(原作・団鬼六 集英社)、「骨董屋とうへんボク」(原作・赤石勝市 集出版)「笑え、ゼッフィーロ」(マイナビ)、「アップセットボーイズ」(筑摩書房)、 「Don‘t Cry,Zeffiro」『(ねこまど舎 英語版)、「Découvrir Tokyo en manga」(Petit à Petit フランス)など。近年は漫画教育にも打ち込み、日本、フランスの漫画専門学校、大学などで教鞭を執っている。

◆『新宿・歌舞伎町』(手塚マキ著/幻冬舎新書)
2020年11月発売。コロナ禍では感染の震源地として攻撃の対象となった夜の街〈新宿・歌舞伎町〉の倫理と醍醐味をカリスマホスト、経営者として歌舞伎町で生きてきた手塚氏が明かす。

◆『小説幻冬』
株式会社幻冬舎発行の月刊文芸誌。毎月27日発売。
https://www.gentosha.co.jp/s/gento/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ