この記事はPR TIMESからの提供を受けています。記事内容についてはPR TIMESへ、記事で紹介している商品・サービスに関する詳細は発売・配信元のメーカーへお問い合わせください。
名古屋OJA
この度、名古屋OJA BODY STARは、「ストリートファイターリーグ: Pro-JP 2022 ドラフト会議」(以下「ドラフト会議」)の候補選手登録権獲得を目指すプレイヤーによる『ストリートファイターV チャンピオンエディション』を用いたオンライン予選大会、オフライン決勝大会の個人戦トーナメントによるトライアウト大会を開催いたします。 名古屋OJA BODY STAR主催トライアウト大会は全二回行います。



「トライアウト大会」各大会では、当日の参加人数に応じて、下記の成績を収めた参加者に、株式カプコン(以下、カプコン)より一般社団法人日本eスポーツ連合(以下、JeSU)へ「ジャパン・e スポーツ・プロライセンス」(以下、プロライセンス)発行の推薦を行います。
プロ選手となり飛躍するチャンス! ぜひエントリーください!

<大会当日の参加者が96名以上の場合>
・優勝選手及び準優勝選手の2名に、カプコンよりJeSUへ「プロライセンス」発行の推薦を行い、推薦がJeSUにて承認された選手を「ドラフト会議」候補選手として登録。

<大会当日の参加者が32名~95名の場合>
・優勝選手1名に、カプコンよりJeSUへ「プロライセンス」発行の推薦を行い、推薦がJeSUにて承認された選手を「ドラフト会議」候補選手として登録。

<大会当日の参加者が31名以下の場合>
・カプコンよりJeSUへ「プロライセンス」発行の推薦、及び、「ドラフト会議」への候補選手登録は行いません。


■第一回 名古屋OJA BODY STAR主催 ストリートファイターリーグ: Pro-JP 2022 トライアウト大会

日程:2022年5月29日(日)18:00~オンライン予選大会
   2022年6月3日(金)19:00~オフライン決勝大会

オフライン決勝大会会場:コミュファ eSports Stadium NAGOYA(〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄3丁目29−1 名古屋パルコ東館 7F)

出演者:実況アール、解説オニキ(名古屋OJA BODY STAR所属)


▼第一回 名古屋OJA BODY STAR主催 ストリートファイターリーグ: Pro-JP 2022 トライアウト大会」

エントリーはコチラ▼
※5月28日(土)23:59まで
https://tonamel.com/competition/d3Oyu

複数大会へのエントリーについて
他に開催される「トライアウト大会」にも重複エントリーが可能です。
※「プロライセンス」取得資格及び「ドラフト会議」候補選手登録権を獲得した時点で、以降の「トライアウト大会」へは出場が出来なくなります。

■第二回名古屋OJA BODY STAR主催 ストリートファイターリーグ: Pro-JP 2022 トライアウト大会

日程:2022年6月18日(土) オンライン予選大会
   2022年6月21日(火) オフライン決勝大会

詳細は後日告知


トライアウト大会参加資格について

・「ストリートファイターV 」の「プロライセンス」を保有していない方。
・「プロライセンス」発行の推薦資格を得た場合、「プロライセンス」を取得する意思がある方。
・「ドラフト会議」候補選手として登録される意思がある方。また、「ストリートファイターリーグ: Pro-JP 2022」出場について、トライアウト主催企業との出場交渉を行う意思のある方。
・「ドラフト会議」にてチームオーナーより指名を受けた場合、2022年開催予定の「ストリートファイターリーグ: Pro-JP 2022」にチームメンバーとして参加できる方。
・2022年4月1日時点で満15歳以上、且つ義務教育を修了している方。
※参加選手が18歳未満である場合は、親権者などの法定代理人の承諾を得て下さい。
※オフライン決勝大会へ出場する選手および、「ドラフト会議」候補選手へ登録された選手におかれましては、オフライン決勝大会および、「ドラフト会議」の配信番組内において、映像および静止画で自身の肖像が、使用されることをあらかじめご了承願います。
・日本国籍の場合、日本国内在住の方。
・日本国籍以外の場合、日本国内在住かつ就労可能要件の在留資格を持つ方。
※当日大会参加は国内エリアからに限らせていただきます。海外からの参加が判明した場合は失格となります。

ストリートファイターVについて

「ストリートファイター」シリーズは、1987年に業務用ゲーム機として第1作目を発売後、1991年発売の『ストリートファイターII』において大ヒットを記録しました。革新的な対戦システムが話題を呼び、家庭用ゲームソフトでは全世界でシリーズ累計4,700万本(2022年3月末時点)の出荷を誇るなど、対戦格闘ゲームというジャンルを確立。登場から30年以上経た今なお世界中で人気を博しており、eSportsにおける格闘ゲーム分野を牽引するタイトルとなっています。
「ストリートファイター」シリーズ史上初の「PlayStation(R)4」ユーザーと PC ユーザーが対戦できる「クロスプラットフォーム」プレイの導入を実現しております。
待望の追加キャラクターに加え、多数の新コスチュームや新ステージを含む「シーズン5」が配信中。
https://www.capcom.co.jp/sfv/

また、今から始める方や、今までの追加コンテンツがほしい方は『SFV:チャンピオンエディション + シーズン 5 プレミアムパス バンドル』がおすすめです。
https://www.capcom.co.jp/sfv/product.html#bundle


ストリートファイターリーグ: Pro-JPについて

『ストリートファイターV チャンピオンエディション』における日本最高峰のカプコン公式チームリーグ戦です。
2018年より始まり、2021年シーズンには開催規模を大きく拡大し、企業8社がチームオーナーとなり、「JeSU公認プロライセンス」保有選手4人1組のチームを編成してリーグへ参画する「チームオーナー制」を導入しました。

5シーズン目となる2022年シーズンでは、8チームが全14節56試合にてポイントを競い合い、上位チームが「プレイオフ」へ進出、勝ち上がった3チームが決勝大会「グランドファイナル」へ駒を進め、日本最強の座をかけて闘います。
「CAPCOM Fighters JP」の公式YouTube、Twitchチャンネルにて全節オンラインライブ中継配信します。
https://sf.esports.capcom.com/


株式会社カプコンについて

1983年の創業以来、ゲームエンタ-テインメント分野において数多くのヒット商品を創出するリーディングカンパニー。代表作として「バイオハザード」、「モンスターハンター」、「ストリートファイター」、「ロックマン」、「デビルメイ クライ」などのシリーズタイトルを保有しています。本社は大阪にあり、米国、イギリス、ドイツ、フランス、香港、台湾およびシンガポールに海外子会社があります。
https://www.capcom.co.jp/


名古屋OJAについて

2016年eスポーツチームから開始し、2018年からカードゲーム部門である「名古屋OJA ベビースター」が、RAGE Shadowverse Pro Leagueに参戦。2022年にRAGE Shadowverse Pro Tourへと進化して、「AXIZ」、「auデトネーション」、「よしもとゲーミング」、「G×G」、「福岡ソフトバンクホークス ゲーミング」、「横浜F・マリノス」、「レバンガ☆SAPPORO」と戦っています。
2021年には格闘部門 「名古屋OJA BODY STAR」を設立し、企業8社がチームオーナーとなり4人1組のオリジナルチームを編成するチームオーナー制を導入し開催規模を拡大したストリートファイターリーグ:Pro-JP2021に参画しております。

また、一般社団法人日本eスポーツ連合(JeSU)の地方支部である一般社団法人愛知eスポーツ連合の中心メンバーとして、地域におけるeスポーツの普及振興に努めています。
社名:名古屋王者株式会社
URL:https://nagoyaoja.com
所在地:愛知県名古屋市西区那古野2丁目14番1号
設立:2016年
代表取締役社長:片桐 正大
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ