この記事はPR TIMESからの提供を受けています。記事内容についてはPR TIMESへ、記事で紹介している商品・サービスに関する詳細は発売・配信元のメーカーへお問い合わせください。
海と日本プロジェクト広報事務局
神奈川 守ろう!私達の綺麗な海 実行委員会は、4月28日~5月8日「逗子海岸映画祭2022」(主催:逗子海岸映画祭実行委員会)において、4月30日を「CHANGE FOR THE BLUE DAY」として野外劇場にて環境トークと映画「海獣の子供」の上映会を実施しました。また、開催期間中、毎朝6時から逗子海岸のビーチクリーンを開催しました。 このイベントは、日本財団が推進する海洋ごみ対策プロジェクト「海と日本プロジェクト・CHANGE FOR THE BLUE」の一環で開催したものです。




イベント概要

・開催概要 逗子海岸映画祭2022 「CHANGE FOR THE BLUE DAY」!
・開催日時 2022年4月28日(木)~5月8日(日)11時~22時
※4月30日「CHANGE FOR THE BLUE DAY」
・開催場所 逗子海岸中央
・参加人数 11,000名
・協力団体 逗子海岸映画祭実行委員会


期間中は毎朝6時から逗子海岸でビーチクリーンを開催!

逗子海岸に野外シアターがゴールデンウイーク中期間限定で登場し、期間中の上映作品には環境を意識した作品の上映や、逗子海岸での毎朝のビーチクリーンを実施しました。ビーチクリーンの参加者には自然に帰る石鹸や再利用可能なシリコンストローをプレゼントしました。





夜は環境トークと映画「海獣の子供」上映!

期間中の4月30日は「CHANGE FOR THE BLUE DAY」。
この日は一日環境を意識した会場でした。飲料は再生可能なガラス瓶、コップは返却したら100円が戻ってくるリサイクルサービスを展開しました。もちろんごみは分別ごみ箱を設置いたしました。子供や若者が多いイベントでしたが、きちんと会場ルールを守ってイベントを楽しんでいる姿が印象的でした。
夜は海の美しさや海洋ごみについての環境トークイベントの後、海をテーマにしたアニメ「海獣の子供」を上映しました。
参加者の皆様には、夢のような空間で海について考える時間を過ごし、「CHANGE FOR THE BLUE」の精神を持ち帰っていただけたことと思います。



<団体概要>
団体名称:神奈川 守ろう!私達の綺麗な海 実行委員会
URL:https://kanagawa-mamorou.uminohi.jp/
活動内容:海を守ろう! ~神奈川県民の意識を改革せよ~プロジェクト

CHANGE FOR THE BLUE
国民一人ひとりが海洋ごみの問題を自分ごと化し、”これ以上、海にごみを出さない”という社会全体の意識を向上させていくことを目標に、日本財団「海と日本プロジェクト」の一環として2018年11月から推進しているプロジェクトです。
産官学民からなるステークホルダーと連携して海洋ごみの削減モデルを作り、国内外に発信していきます。
https://uminohi.jp/umigomi/

日本財団「海と日本プロジェクト」
さまざまなかたちで日本人の暮らしを支え、時に心の安らぎやワクワク、ひらめきを与えてくれる海。そんな海で進行している環境の悪化などの現状を、子どもたちをはじめ全国の人が「自分ごと」としてとらえ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくため、オールジャパンで推進するプロジェクトです。
https://uminohi.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ