この記事はPR TIMESからの提供を受けています。記事内容についてはPR TIMESへ、記事で紹介している商品・サービスに関する詳細は発売・配信元のメーカーへお問い合わせください。
アリスグリント
株式会社アリスグリントは、アニメ『処刑少女の生きる道(バージンロード)』より、「メノウ」を1/7スケールフィギュア化し、2022年5月16日(月)より予約受付を開始いたしました。


アニメ『処刑少女の生きる道(バージンロード)』より、処刑人の少女「メノウ」が1/7スケールフィギュアで登場です! ニリツ先生が描くティザービジュアルを元に、ふわっと舞い上がった髪の毛や衣装の躍動感、クールで美しい表情など完全再現いたしました。ぜひお手元でご覧ください♪









商品情報




■1/7スケールフィギュア
処刑少女の生きる道(バージンロード)「メノウ」

□商品仕様:PVC&ABS 塗装済み完成品
1/7スケール・専用台座付属
□サイズ :全高 約335mm(台座含む)
□原型制作:CKB
□彩色 :松田モデル
□撮影 :VaistarStudio
□販売元 :大網株式会社
□発売元 :株式会社アリスグリント

価格 : 29,370円(税込)
発売日: 2023年1月発売予定



「笑顔」フェイスパーツ付き限定版




■1/7スケールフィギュア
 処刑少女の生きる道(バージンロード)「メノウ」
 「笑顔」フェイスパーツ付き限定版

価格 : 29,920円(税込)
発売日: 2023年1月発売予定

日本国内では「あみあみ」限定販売となります。ご予約の際は、下記オンラインショップ・店舗にてご確認下さい。

■あみあみオンラインショップ
https://www.amiami.jp/

■あみあみ店舗ご案内
https://www.amiami.jp/top/page/t/store.html



『処刑少女の生きる道(バージンロード)』とは

7年ぶりのGA文庫大賞《大賞》受賞作。
佐藤真登氏による同名のライトノベルが原作で、世界の脅威となる”迷い人”の少女と、迷い人の暴走を食い止めるため彼らの処刑を生業とする”処刑人”の少女が織り成すストーリー。
2021年にアニメ化が発表され、現在、TOKYO MX、BS11、AT-Xにて絶賛放送中。
さらにABEMAをはじめ各種配信サイトでも配信中。



【ストーリー/STORY】
日本から訪れ世界に大災害をもたらした《迷い人》。彼らは過去に世界を滅ぼすほどの厄災をもたらしたことから
「禁忌指定」となり、人知れず処刑する必要があった。《迷い人》の処刑を生業とする《処刑人》のメノウは、
ある日、日本人の少女・アカリと出会う。いつものように任務を遂行しようとしたメノウだが、
アカリの“とある能力”により失敗に終わってしまう。アカリを確実に処刑するため、彼女を連れて、
いかなる異世界人をも討滅可能な儀式場があるというガルムの大聖堂を目指すメノウ。
殺されるために旅をしているとは知らず純粋に楽しむアカリの姿に、メノウのなかで何かが変わり始めていたー。



フィギュアCM動画のご紹介





【アリスグリント モーションロゴについて】
 ◇キャラクター「秘書アリス」
  イラスト / キャラクターデザイン:こもわた遙華 様
  CV:白城なお 様
 ◇アニメーション
  作画:平山円 様
  制作:フロンティアワン 様
 ◇音楽「Wonderland」
  制作:Angel Note 様
 ◇CM制作協力:株式会社イクリエ 様

(C)AliceGlint


詳しくは以下WEBページまで

■1/7スケールフィギュア 処刑少女の生きる道(バージンロード)「メノウ」
https://www.aliceglint.com/product/fig_menou/


(C)佐藤真登・SBクリエイティブ/処刑少女製作委員会



アリスグリントの「秘書アリス」とは





フィギュアブランド『アリスグリント』の公式「秘書」。
主に商品情報の発信などを担当しています。
Twitterアカウントは(@AliceGlint_SE)
この「秘書」とそっくりな顔の「広報」もどこかにいるらしい。

(C)AliceGlint Illust.こもわた遙華
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ