この記事はPR TIMESからの提供を受けています。記事内容についてはPR TIMESへ、記事で紹介している商品・サービスに関する詳細は発売・配信元のメーカーへお問い合わせください。
KAB熊本朝日放送
お笑いコンビ・からし蓮根のゲームトークバラエティ「カラシコンボ」(KAB熊本朝日放送)5月17日(火)の放送にエルフがゲスト出演する。


(C)熊本朝日放送
今回プレイするのは“INSIDE”
主人公を操作しながら不気味なモノクロの世界を探検するアドベンチャーゲームだ。
次々と襲い掛かる恐怖の仕掛けに全員が絶叫しながら、エルフ・荒川はカラーコンタクトレンズを乾かしながら、ステージクリアを目指した。
(C)熊本朝日放送
ゲームのあまりの恐ろしさが全員をパニックに陥れ、伊織(からし蓮根)と荒川(エルフ)が言い争いを繰り広げる場面もあった。

(C)熊本朝日放送
この日は事件も起きた。はる(エルフ)が新幹線を乗り過ごして収録に大遅刻してきたのだ。
エンディングトーク中にギリギリで到着したはる。遅れを取り戻そうと、滑り込みで渾身のモノマネを披露して爪痕を残した。
(C)熊本朝日放送
エルフは5月31日(火)と6月14日(火)のカラシコンボにも出演。
放送終了後から1ヵ月間、GYAO!で無料見逃し配信される。


カラシコンボ最新回はGYAO!で無料見逃し配信中

https://gyao.yahoo.co.jp/title/%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%9C/60644af8-7c7b-4a24-b5e2-29306374b55c


コメント

杉本青空(からし蓮根)
「荒川が蝶野正洋さんみたいなブーツを履いてきたのが印象的でした。」

伊織(からし蓮根)
「荒川に触発されてギャル語でしゃべってしまいました。そこも注目してください。」

荒川(エルフ)
「怖い系のゲームってただただ怖いだけなのかと思ったんですけど、怖さと楽しさのシャネルって感じですごい楽しかったです!!」

はる(エルフ)
「まず、本当に申し訳ございませんでした。」


公式Twitter(収録合間のオフショットなどを公開中)

https://twitter.com/kabkarashicombo


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ